• もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
https://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
東海若手起業塾 合宿でした [2008年09月28日(Sun)]
昨日(9月27日)から今日にかけて、
東海若手起業塾の中間報告合宿でした。
それぞれがすでに起業してから時間が経っていて、
次のステージに挑むという段階のため、
うまく進んで上級レベルの課題に挑む人もいれば、
もう一度、出発点まで戻って、スタートダッシュをやり直す人もいます。

今日は、飛行機の都合で、閉会前に会場から失礼せねばならず、
しっかりお話しできなかった部分もあるので、付記しますね。

野田孝寿くん・有美薫さん(ブリアンブラン
ゴールが「地産地消で食の安全を確認できるコミュニティをつくること」
を、絶対に忘れないようにするためには、
「何人の生産者と、何人の消費者を結び付けるか?」を
決めてしまうことです(たとえば5年後とか、10年後とか)。
すると、
(1)自分で行動できる消費者は、生産者の現場とつなぐ
(2)場を設ければ来てくださる消費者には、日曜日の午前の店舗で
という組み立てが必要ですよね。
冒頭に言ったことを繰り返しますが、上手い柔道家は、
相手の力を最大限に生かします。忘れないでね。

あっ、焼肉屋まで持ってきてくださったシュークリーム、おいしかったです!



北村周さん&十文字美世子さん(こうじびら山の家
施設と自分たちの稼働率と、今後の見通しが可視化できたのは
よかったよね。次は、「今・現在の季節」と「次の季節」と
「来年の同じ季節」の3つの季節に備える時間を、それぞれ、
どうするかを、しっかり決めてしまうこと。
僕は、曜日を決めたり、時間帯を決めたりしてました。

鈴木誠さん(三州フルーツ工房
さぁ、あと69トン!
どんな人に、どう届けるかを、(仮説として)決めてしまうことが、
どう動くかを決めるスピードを高めるきっかけになります。
レストラン、バー、全国のいちじく好きな女性、いずれも、
具体的な名前を入れていくと、イメージが深まっていきます。
数字にするのは、創造のためではなく、現実に近づけるためです。

佐藤真琴さん(ヘアサプライ・ピア
自分が代弁すべきニーズをコンパクトに説明する訓練は、
どうにか始まったようですが、次の課題は、モデルとしての
名古屋で、何を実験するか。すぐ決めてしまいましょう。
また、患者さん、患者のご家族、看護師と医療関係者、という
3つのコミュニティを、しっかり育てて、そのお力を借りましょう。

高野拓郎くん(エスパーダ
まずしっかり、自分が確認すべきこと、なすべきことを、してください。
地道に小さな成果を積み上げることを、厭わないように。
いくら大きな理想や野望があっても、それを小さな目標に細分化して、
実現し続ける執念がなければ、成功も社会変革もありません。
あなたは、どんな人の幸福を、どれだけ実現したいのか。
そこから、絶対逃げないこと。そのために、その目標を公言し続けること。

さて、そんなみなさんから、ワインとチーズをプレゼントしてもらいました!
ありがとう!!

早速、徳島のホテルで一人で飲んで食べてしまいました。。。

あ、もう1つ。
コーディネーターのみなさんに、繰り返しですが、お願いです。
半歩先の質問こそ、市民事業の支援の原点です。
どんどん質問してください。
その答えの制度を高めるよう、促し続けてください。
コメント
この週末、ありがとうございました。

「私たちは、誰と何を共有するのか?」

この問いに常に応えられるのが、事業をやっているということだ!
と事業の捉え直しができました。

そんなことも気づいていなかったのか・・・と、我ながら本当に
「やったつもり」になっていたことがお恥ずかしいです。

3つの仕事をきちんと振り分けて、着実に進めていくことが
この秋冬のすべきことです。
見守りながら、尻をたたきながら、(半歩先を)伴走してくださる
コーディネーターさんはじめ、この起業塾に関わるみなさんの
力を借りながら、後半戦、やっていきます。

ありがとうございました。
Posted by:もんじ@こうじびら山の家  at 2008年09月29日(Mon) 20:24
2日間貴重な時間をありがとうございました。
社会企業家とは何ぞや?の部分にニーズの代弁があります。
私はそこをきちんとしないと流れを変えられないと思っています。
川北さんの味の素についての話し方は感動しました。
勉強不足でしたので、がんばります。

3つのコミュニティづくりと
そこからのフィードバックを社会に向けてすること
この発想が今回一番の学びです。
聞きっぱなしではなく、フィードバックを外に戻すことで
当事者と周囲を支えられます。それが私の事業目的です。
名古屋実験内容と実施はスピーディにやります。
現場も楽しみつつ、システム作りをやっていきます。
これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。
Posted by:ピア佐藤真琴  at 2008年09月29日(Mon) 05:42