CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
https://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
八幡浜市で「もろもろ合わせ技」(ちゃんぽん??)講座でした! [2016年01月10日(Sun)]
昨日は「中間支援講座 NPOの組織力向上セミナー」と題された
(特)八幡浜元気プロジェクト主催の研修にお招きいただきました。

こういう仕事を長くさせていただいている中で、ある意味「醍醐味」(??)とも
いえるのが、ご参加者の、当初想定と、実際のご参加とのギャップ。
今回、ご依頼の時点でいただいていたお題が「団体の組織課題の可視化を通じた
解決」だったため、団体としての実践を積み重ねてこられた方々を対象とした
作業を準備していたのですが、会場にお集まりくださったご参加者のうち、
3分の1近くが高校生だったり、地域コミュニティを担当されている行政職員の
方もそれなりの数いらっしゃったり、と、まぁ、多様でした。。。
そこで、急遽、テーマ設定の間口を広げて、地域で活動を続ける団体に求められる、
活動や事業を続ける上での視点や、外部への働きかけの在り方などについても
お話しすることにしました。。。

お忙しい中、ご参加くださった30名近くのみなさま、ありがとうございました
&お疲れ様でした!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1601_resource_raise_and_organizational_development.pptx

「過去から現在までの好みに基づいて、したいこと」ではなく、
「今後を見通した上で、未来に向けて求められること」を、
効果的に実現できてこそ、つまり、1歩先の視野を持って、
半歩先のプログラムをつくり続けることが、NPOの基本的な役割。
だからこそ、社会の中での地域の近未来を冷静に見通し、変化に
備える進化を、どのように進めていくかが問われています。

また、同日も(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を、
お願いしたところ、200円お寄せいただきました。
ありがとうございました!
コメント