• もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2024年05月 | Main | 2024年07月 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2024年度留学奨学生帰国報告会(大阪)、開催終了[2024年06月27日(Thu)]
2024年度留学奨学生帰国報告会(大阪)を開催しました

去る6月23日(日)、昨年と同じく大阪城公園の近くにある大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)を会場に開催しました。日本国内の多くの地域で梅雨前線の雨雲の動きが気になる天候ではありましたが、会場とオンライン(Zoom)併せて60名が集まり、質問も多く寄せられ、有意義な報告会となりました。
Photo-2.jpg
見やすい階段式教室   司会は山本芙由美11期生 主催挨拶は太田琢磨副会長(1期生)


●帰国報告 田村誠志18期生●
「手話言語学:音韻論の世界」
田村3-1.jpg
「大学入学後に手話を習得し、米内山明宏氏の手話に魅了され、手話言語関連知識や研究に興味を持った。
人間の言語には9個の言語特徴があると定義されており、その内の一つ、生産性(さまざまな音素がどのように連動しているかの識別)にあたるのが音韻論。
手話言語のパラメータは、手の形、手の動き、手の位置、手の向き、顔の動き・表情の5つに分類され、ELANソフト(映像や音声ファイルに注釈するソフト)を使って分析される。いくつかの国では、自国のSignBankと呼ばれるデータベースに手話語彙を格納しており、共有データ化されている。これらを大学院で学び、いくつかの手話言語研究プロジェクトに参画してきた。
今後は、日本手話言語研究をテーマに、日本や海外の手話言語のコーパス(データベース)活動や手話構文についての研究を中心に行っていきたい。」


●金本19期生と森本20期生、留学座談会に初登場!●
2023年度から留学支援を開始した金本小夜19期生(英国留学中)と森本恵実20期生(韓国留学中)が留学先からライブで参加し、留学先での様子や目標などを話しました。
日本と海外での暮らしの大きな違いは?という質問には、自己主張の強さや、自らの積極的な行動が必要なことなど第一言語ではない言語圏での生活の大変さと回答。
また、大学内での情報保障は?には、速記(文字通訳)やノートテイクを利用していること等を回答しました。
Photo102-1.jpg

参加してくださったみなさま、ありがとうございました。
今後とも、ご支援のほど、よろしくお願いします。


*2024年度 第21期生 募集の準備中です*
今年度の募集開始時期の調整が続いております。準備が整い次第、当ブログ等でご案内いたしますので、もうしばらくお待ちください。

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 00:30 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
第18期 田村誠志奨学生、帰国[2024年06月21日(Fri)]
第18期 田村誠志奨学生、帰国

6月21日、第18期の田村誠志奨学生が留学を修了し、無事に日本に帰国しました。

Photo.jpg
<羽田空港にて>

2022年8月に留学をスタートさせてから早2年。米国の大学院では、手話言語学を中心に大学内のプロジェクトと、さまざまな学習、研究に取り組んできました。
ご支援くださったみなさま、ありがとうございました。

かわいい田村奨学生の帰国報告会かわいい
 6月23日(日)午後1時〜 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)にて開催
 *対面参加では、田村奨学生他とざっくばらんに話しの出来る交流の時間もあります!
 *参加申込画面(こちらをクリック)

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 16:26 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
6/23 留学奨学生帰国報告会(大阪)開催します!<続報>[2024年06月11日(Tue)]
6/23 留学奨学生帰国報告会(大阪)開催します!<続報>

今夏の帰国報告会の参加申込み、現在、受付中です。

後半の留学座談会に登場する奨学生を紹介します。
今回は、2023年4月からイギリス留学を支援している金本小夜19期生(下写真左)と、2024年1月から韓国留学を支援している森本恵実20期生(下写真右)のお2人が留学先からオンラインで参加してくれることになりました。
アメリカ以外の国に留学している2人に、気になることを質問できるチャンスです!
キャプチャ5-1.jpg
   金本小夜19期生 (金本19期生の手話動画はクリック)


Photo4-1.jpg
   森本恵実20期生 (森本20期生の手話動画はクリック)


また、
当日は奨学生OB/OGの3人が司会や進行役、交流など、報告会の運営をバックアップし、相談などにも対応します。
Photo1-1.jpg
太田琢磨1期生(左)、武田太一4期生(中央)、山本芙由美11期生(右)

奨学生たちに会いに、ぜひ、会場(ドーンセンター)へ、お気軽に足をお運びください。
お待ちしています。

<2024年度留学障害生 帰国報告会>
------------------------------------------------------------------------------------------
日時:2024年 6月23日(日)午後1時〜4時(オンラインは3時半)
会場:大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)
報告者: 田村誠志(米国ギャロデット大学大学院 言語学部修了)
テーマ:「手話言語学:音韻論の世界」 
Tamura Movie.JPG
(田村18期生の手話動画はクリック)
   
------------------------------------------------------------------------------------------
1.参加費:無料
2、定 員:会場・オンライン共各50名程度(先着順)
      *定員に余裕がある場合は、〆切後も受付いたします。(申込受付、継続中)
3.その他:日本手話、日本語音声通訳、パソコン通訳あり
オンライン視聴あり *回線トラブルの場合はご容赦ください。
*アーカイブ配信ありません。
*当日行う留学報告の発表資料の配布はありません。
------------------------------------------------------------------------------------------
参加申込は申込み画面(クリックすると申込画面に変わります)から−6月16日(日)〆切

Photo3.jpg
(クリックするとPDFが開きます)


協力:
日本財団聴覚障害者海外奨学金事業留学奨学生同窓会

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 14:41 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
2024年5月「学位取得のご報告」鈴木美彩(18期生) 生活記録[2024年06月08日(Sat)]
2024年5月 第18期生 鈴木美彩 生活記録
-学位取得のご報告-


2024年5月10日、青々とした緑が一面に広がる中、卒業式を迎えることができました。ギャロデット大学 大学院 言語学修士課程を無事に修了できたこと、本当に安堵しております。先月報告した学生で立ち上げたプロジェクトの後、期末試験期間があり、卒業式を迎えるその日まで慌ただしい日々が続いていました。その日々の中、私はどこか不安げでした。言語学修士課程を持つに相応しいかどうか自信がなかったのと、独り立ちする勇気がまだできていなかったからだと思います。この忙しい日々の中、2年間培った知識やスキルを応用する機会があり、各場面で自身の行動や発言から見られる努力の証が私の不安も徐々に薄れていきました。卒業式の前日、言語学部によるお祝い会があり、日本から来ていた家族も一緒に参加しました。その時にこれまでお世話になった教授やクラスメイトなど多くの人と挨拶する機会がありました。どの人も私の2年間を讃えてくれて、いかに素晴らしかったかを私の家族に説明してくれました。終始アメリカ手話から日本手話に通訳していたのですが、気恥ずかしくありながらも誇らしい気持ちでした。ギャロデット大学の様子に感心する私の家族の反応を見た時、ついに、私の2年間は間違っていなかった、十分に多くのことを実践したと自分自身を褒めることができました。また、私は正々堂々とギャロデット大学の言語学修士課程を修了したと言えることがとても嬉しかったです。そのお祝い会では言語学部内の表彰式があり、ロバート・ジョンソン賞を同期のボニーと一緒にいただきました。自分の功績を家族の目の前で形として残せたのはとても幸せなことです。本当に言語学部の教授方に感謝です。
卒業式の前夜は2年間を一気に思い出してなかなか寝付けませんでした。言語の本質とは何かを知るためにアメリカに来て、言語学を学びましたが、学べば学ぶほどにその奥深さは自然の森羅万象に圧倒される気持ちに等しい感覚です。言語ってなんなんだろうかと悩んだ日もありました。それだけでなく、アメリカという異国の地での生活、素晴らしい人々との出会い、実に多くのことを学びました。異文化や異言語の中でも人間としての本質や奥底の部分は世界共通なんだと知ったのは大きな発見だったし、人間としても大きく成長できたと実感しております。
ここまで充実した留学生活を送れたのもひとえにみなさんのおかげです。まず日本財団の奨学金制度がなければ私はこの留学生活の第一歩も踏むことができませんでした。2年間、日本ASL協会のみなさん、特に根本さんの細やかなサポート、日本からメッセージを送ったりテレビ電話で応援してくれた家族や友人、アメリカの地で親切にしてくださった方々、このブログとVログの読者の方々、全ての皆さんのお力添えなしに今の私はありません。誠にありがとうございます。このご恩忘れずに、今後も慢心せずさらに邁進してまいります。私は現在、Wディグリーのもう一つの学位の最終学期の真っ最中です。想像以上に厳しい夏ですが、どのクラスも刺激が多く、多くの学びを得られています。今後もなんらかの形で発信を続けたいと思っていますので、ぜひよろしくお願いいたします。

院の卒業式
https://youtu.be/bBBr60fUnvs

学部の賞
https://youtu.be/jj1tenQum1o?si=FIkB4OZfkLkXmV_W
Posted by 鈴木 at 06:44 | 奨学生生活記録 | この記事のURL
2024年5月「初夏になりました」金本小夜(19期生)[2024年06月07日(Fri)]
ブログ

みなさんこんにちは。
5月、イギリスはすっかり暖かくなり、初夏の雰囲気が漂い始めました。
実は最近知人と、王立植物園であるKew Gardenという場所に遊びに行ったのですが、薔薇の花が咲き乱れていて本当に美しかったです。イギリス=薔薇、のイメージがそこはかとなくある人も多いと思いますが、イングランドの国花は実際薔薇なんです。この理由は昔、ヨーク家とランカスター家がイングランドの王座を争った薔薇戦争に遡り、両家の家紋はそれぞれ白と赤の薔薇の花だったのが、薔薇戦争終結時に始まったチューダー王朝で、ヨークとランカスターの二つの薔薇を合わせた、白と赤の薔薇の紋、通称チューダーローズが使われるようになったことに由来します。
ちなみにスコットランドはアザミ、ウェールズはスイセン(あるいはネギ。本当です笑)、北アイルランドはシャムロック(三つ葉のクローバー)です。
ついでに日本は菊と桜だそうですが、その由来を調べていたら嵯峨天皇の時代にまで歴史を遡ることになってしまいました。日本でもイギリスでも、その国で大事にされているものの歴史を見ていくと、その背後に歴史や文化が見えてきて面白いですね。

さて先月はTransferの原稿直しに時間を充てて、手持ちの資料を読み返したり、書き直したりする作業を主に行なっていました。日本で文学部の博士課程にいくと、大抵は最初の数年を研究に費やして、それから論文の計画を立てて、文献を厳選していき、最後に一気に論文を仕上げるパターンが多い気がしますが、私の現在のイギリスの博士課程では最初から3−4年で学生に論文を完成させることを念頭に置いているので、もう1年目から論文の章立てを作り、それに合わせた一次資料を揃え、今書いているものは論文で使うかもしれない、と指導教官に言われながら文章を書いていっている状態です。こういったやり方の違いは、大学の方針によるものなのか、日本語と英語の言語の差なのか、どうなのだろうと思ったりしますが、そういえば私も、日本語では頭の中で色々と文章の計画を立ててから書き始める一方で、英語だと少なくとも書き出し自体はサラッと文章を書き始められることが多いです。もしも英語が母国語だったら、文章の書き方から考え方まで、全く違った人間になっていたのだろうか、と思ったりします。
また先日、指導教官の先生から人前で話すことに慣れるためにも学会などに出た方がいい、とアドバイスをもらったため、初めて学会で発表したりしました。なかなか障害と文学に関する発表をできる場所が見つからなかったため、今回は以前から細々と趣味で調べていたミヒャエル・エンデの『モモ』と哲学についての原稿を作ってグラスゴー大学のファンタジー文学科主催の学会に出てみたのですが、後からthe paper was amazing and deserved to be heard!とメールをもらえてとても嬉しかったです。それにしても最近は学会もオンラインと併用してくれるものが多く、グラスゴーでの学会に、3分の1くらいはイギリス国外からの参加、という状態でした。もちろん対面での参加が一番望ましいとは思いますが、イギリス国内の移動費もバカにならないので、ありがたいですね。
さて、今月も引き続き頑張っていきたいと思います。
IMG_7766.jpeg
Posted by 金本 at 16:28 | 奨学生生活記録 | この記事のURL
2024年5月「春の学園祭」森本恵実(20期生)生活記録[2024年06月06日(Thu)]

みなさん、こんにちは。5月分の生活記録を書きます。

私が通う崇実大学では、5月16日〜18日学園祭が行われました。
学園祭3.jpeg
崇実大学のマスコットキャラクター

日本では大学の学園祭シーズンといえば、10月〜11月の秋頃ですが、
韓国では5月と9月の2回開催されます。その中でも5月がメインとなっています。

韓国の学園祭の最大の見どころといえば…!!!

K-POPアイドルをはじめとした芸能人が公演に出演するのが醍醐味となっています!

今回の崇実大学の学園祭にも、名前が広く知られた芸能人がお越しくださいました。
どなたか気になる方もいらっしゃるかと思いますが、このブログでお名前を記載するのは難しいと思うので、「숭실대 봄축제 공연」で検索するとすぐに分かるかと思いますにこにこ
学園祭2.jpeg
ものすごい数の観客数ですよね。本当に圧巻でした。

学園祭期間中ももちろん、通常通りの授業が行われます。
模擬店などのイベントに行きたいのだろうか、
いつもより欠席者がちらほら見られました。(笑)
私はもちろんきちんと授業に出席しました!

授業の合間に、今学期から所属している手話サークルが出店する
模擬店の販売スタッフとして参加してまいりました。
手話サークルからは「静かなマンドゥ屋さん」という店名で3種類の味のマンドゥ(餃子)を販売しました。そこで得た売上金は、聴覚障害者関連施設へ寄付するとのことでした。
学園祭6.jpeg
上の帯:静かなマンドゥ屋さん、手話サークルと手話で注文しよう! 
下メニュー板:シーズニング、1チリ、2チーズオニオン、3ハニーバター


学園祭5.jpeg
1枚目:ご注文はいかがなさいますか?
左図:「注文、言葉」、 右図:「何」


お客様に注文するために必要な手話を教えて、
手話で注文を受けて商品を渡すという仕組みになっていました。

学園祭閉幕後には、一気に期末考査ムードとなってしまいました。
少しでもいい成績を取ろうと、一心に取り組む学生たちの姿がちらほらと見られ始めました。
私も6教科の試験が待っているので、みんなに負けじと頑張ってまいります。

以上です。
Posted by 森本 at 01:51 | 奨学生生活記録 | この記事のURL
2023年5月生活記録【第18期生 田村誠志】[2024年06月03日(Mon)]
皆様、おはようございます、こんにちは、こんばんは。
私はこの度、2024年5月10日にギャロデット大学院言語学部修士課程を卒業することができました。ギャロデット大学の言語学部修士課程を卒業することは、私にとって素晴らしい経験であり、これまでの険しい道のりは、私を支えてくれた家族、友人、大学の教員やスタッフたちのおかげです。 

まず、この旅を支えてくれたのは、大学のスタッフや教員です。彼らの専門知識と情熱に触れることで、私の興味はより深まり、学びの意欲も高まりました。彼らの指導と助言がなければ、私は今の自分になれなかったでしょう。

また、修士課程の間、数多くの友人や同級生と共に学び、成長しました。彼らとの議論や協力は、新たな視点を開くきっかけとなり、私の考え方や理解を豊かにしました。彼らの存在がなければ、この旅は孤独なものになっていたでしょう。異国の地での生活は、時に孤独や戸惑いを感じることがありました。しかし、そんなときに支えてくれたのは、アメリカで知り合った友人たちでした。彼らは私の文化や言語に対する理解を深める助けになりましたし、日常生活での様々な問題に対してアドバイスや支援を提供してくれました。特に、生活費やアパートのシェアなど、アメリカの生活基準を支えるための費用面での友人の助けは大きかったです。彼らとの協力や情報共有により、予算管理や生活環境の確保など、安定した生活を送るためのノウハウを身につけることができました。また、彼らとの交流を通じて、アメリカの文化や習慣を理解する機会も得ることができました。彼らとの交流を通じて、新しい食事や休日の過ごし方、地域の特色などを学び、自分の生活に取り入れることができました。友人たちの支援がなければ、アメリカでの生活ははるかに困難なものになっていたでしょう。彼らの助けがあったからこそ、私はアメリカの大学での学びに集中し、最高の成果を収めることができました。

家族の支えは私にとって不可欠でした。彼らの励ましと理解が、私の学びの意欲を支え、困難に立ち向かう勇気を与えてくれました。彼らの存在なしでは、この道を進むことはできなかったでしょう。
そして、奨学金の支援は私の学びの道を明るく照らしてくれました。彼らの寛大な支援により、私は経済的な負担を軽減し、より集中して学びに取り組むことができました。彼らのおかげで、私は夢を追いかけることができました。
ギャロデット大学の言語学部修士課程を卒業するという目標に向かって、私を支えてくれたすべての方々に心から感謝しています。彼らの支援がなければ、私の成果はなかったでしょう。これからも彼らの期待に応えるために、精進していきたいと思います。


写真は卒業式の様子です。
IMG_2542.jpeg
Posted by 田村 at 23:41 | 奨学生生活記録 | この記事のURL