CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2019年12月 | Main | 2020年02月 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
日本財団笹川会長を表敬訪問[2020年01月21日(Tue)]
日本財団笹川会長を表敬訪問

1月16日(木)午後、昨年6月に留学を修了し帰国した辻功一10期生と、昨年8月に渡米し留学を開始した皆川愛16期生が、二人揃って、本事業の助成元である笹川会長を訪問し、ご挨拶に伺いました。

●起業をテーマに留学した辻奨学生
留学中のビジネスコンペで優勝した “留学生のための新しい形の賃貸住宅ビジネスモデル” や、現在構想中の“日本人を含むアジアろう者の雇用機会を創出するビジネスプラン” を笹川会長に報告。「場所はあるから、まずはやってみると良いと思う。日本財団が応援しますよ。」と激励をいただきました。
Photo3.jpg
友人と起業を計画中の辻奨学生

●医療・看護を学ぶ皆川奨学生
今学期よりろう者を対象にした医療の大規模調査をされている先生の元で実習をさせていただく機会を得ました。助成金獲得も含め手話での調査のプロセス、方法を学び、日本でも実施できるように力をつけたいと語り、笹川会長からは「苦労もあるかもしれないが、米国には機会もたくさんあるから」と励ましの言葉をいただきました。
Photo2.jpg
ギャロデット大学大学院に留学中の皆川奨学生

ご挨拶終了後に、笹川会長と記念撮影
Photo1.jpg
左から -辻功一10期生、日本財団笹川会長、皆川愛16期生


かわいいお知らせかわいい
<2020年 第17期 留学奨学生募集>
2020年4月から募集開始予定。(募集期間:4月〜5月末)
*日本財団からの助成が正式に決定後、事業実施が確定します。

事業担当 根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 12:35 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
2020年12月生活記録 【第13期生 山田茉侑】[2020年01月08日(Wed)]
新年あけましておめでとうございます。
今年も何卒よろしくお願いいたします。

今月は、Boston Children’s Hospital (ボストン小児病院)にある、Deaf and Hard of Hearing Program (ろう難聴プログラム)のスタッフにインタビューに伺いました。このインタビューを通して、どんな親支援をしたいのかヒントを得ることができました。とても印象に残ったので、ぜひ共有させていただきたいと思います。

このプログラムは、新生児がろう・難聴だと確定診断を受けた後の保護者に、様々な専門家がそれぞれの視点から介入していくプログラムです。

・音声言語病理士 3名
・言語聴覚士 1名
・心理学士 3名
・アウトリーチ担当(ろう者) 1名

アウトリーチ…情報を提供し、保護者たちを次の支援に繋げること。

現在は、このチームで新生児聴覚スクリーニングの1-3-6ルールのうち、6ヶ月よりも以前の時期にいる保護者を対象に支援しているそうです。アウトリーチ担当はろう者が担っていますが、このチームは全員手話ができます。

1-3-6ルール…生まれてから1ヶ月以内に新生児聴覚スクリーニングを行い、3ヶ月以内に確定診断を実施し、6ヶ月以内にEarly Intervention(早期介入:サービスの提供)へ繋げることを目標にしたアメリカの指標。

アメリカでは、早期介入で家庭訪問、ASLクラス、手話メンターなど様々なサービスを提供しています。ただ、いざろうの子どもを育てようにも、保護者は“なぜ”そのようなサービスがあるのかを知りません。保護者の大半が、生まれて初めて出会ったろう者が自分の子どもだからです。なので、そのような保護者が出産後6ヶ月目までに、どんなサービスを受けるかを決められるようにボストン小児病院のろう難聴プログラムが支援しているのです。

手話メンター…ろう者が、家庭に伺って保護者に手話指導をすること。

Screen Shot 2020-01-06 at 11.02.27 PM.png

このインタビューを通して、全体的に「発達」という言葉が印象に残りました。音声言語病理士や言語聴覚士といえば聴こえをサポートする、というイメージが強いかもしれません。しかし、このチームでは聴こえないからこその子どもの「脳の認知・発達」に焦点を当てていました。このろう難聴プログラムでは、ろうの子どもたちの言語と全面的な育ちを検査し、現状を把握した上で子どもの発達をサポートしています。「脳の認知・発達の専門家」によるチーム、という言葉がしっくりきます。

保護者には、手話で乳幼児がどのように発達するかを説明し、その育ちの過程は入れる言語は異なっても、聞こえる子どもと全く同じだということを念頭に入れてお話ししているそうです。そして、6ヶ月後には保護者がどんなサービスが必要なのかを選べるように支援し、子どもの言語(手話)を保障しているそうです。

そのこともあり、ギャロデット大学で教鞭をとっていた先生が数年前にこの病院のろう難聴プログラムでA S L発達の専門家として働いていたそうです。言語聴覚士ならぬ、言語視覚士ですね。


これは、マサチューセッツ州で確定診断を受けた保護者が受け取るパンフレットです。

パãƒ3フレット.jpg

中には、ろう難聴に関する様々な情報が入っています。パンフレットを開けると、真っ先に名刺が目に入ります。その名詞は、マサチューセッツ州の親支援の窓口とも言えるかもしれません。
他の病院で確定診断を受けた保護者も、そこに連絡をすることでコーディネーターと繋がることができます。


今月からテキサス州で実習が始まります。翌月にまた報告したいと思います。
それではまた翌月にお会いしましょう。
Posted by 山田 at 11:12 | 奨学生生活記録 | この記事のURL
2019年12月生活記録【第13期生 橋本重人】[2020年01月08日(Wed)]

新年明けました。2020年です。

いよいよ大学院生としての総まとめを行う年となりました。
昨年春学期から続けている自主課題研究を通して様々なことを発見し、日本のろう教育で役立つような教材や教育方針を見出すことが、今年の目標です。今年もよろしくお願いします。
         nezumi-oyako-01.png

実は、去年のクリスマス直前に忘れられない出来事がありました。かなり印象に残ったことなので、ここに書き記したいと思います。私の住んでいるアパートは決して安全とは言えない立地にあり、また住民の質も高いとは言えないようです。隣の部屋や二階の部屋の住人が時々問題を起こしていると聞きます。同居人との口論だったり、物を壊したりしている様子が伺えます。それをどのように知るかと言うと、聴者であるルームメイトが色々と教えてくれるのです。壁が薄いため、自室以外の様子も手に取るように分かるようです。そういう情報をシェアしてくれることもルームメイトとしては大切ですよね。
そんな中、昨年末に初めて実物の銃を見てしまいました。ルームメイトのバイト仲間が遊びに来て、酔っ払って隣人に失礼な行為を働いたときのことです。隣人は最初、気にしないで対応していたそうですが、その仲間が暴言を吐いたらしく、とうとう二人は喧嘩を始めました。私はリビングルームにいましたが、ルームメイトが慌てている様子を見て何事かと思って覗いたら、なんと隣人がバイト仲間の頭に銃を突きつけていました。そんなシーンを見た瞬間、生きた心地がしませんでした。ルームメイトがなんとかその隣人を説得し、発砲することはありませんでしたが、バイト仲間が喧嘩の最中に殴られたところはかなり腫れていました。人生で忘れられない衝撃です。そのあと、その隣人と何度か会いましたが、問題なく過ごすことができています。That’s Americaですよね。


さて、この秋学期のクラスで学んだことを振り返ってみたいと思います。私は主にろう発達障害について自主課題研究を行っているので、それに関連するポイントを書きます。

・Independent Study(学生自主研究)
様々な州のろう学校教員にインタビューを行うため、IRB(倫理審査委員会)とSRG(研究補助金)に許可を得る必要があります。提出する書類の添削と推敲を何度か繰り返し、無事提出しました。11月上旬にはIRBから許可を得ることができ、12月に数名の教員とインタビューを行いました。

・Deaf Studies Research Methods(ろう者学の研究手法)
ろう者学部の院生との話し合いやグループ活動を通して、“ろう研究者”として研究を進めるにはどのような心得が必要かを学びました。自主課題研究に役立つような知識や情報を得ながら試行錯誤して、自分の目指すべき研究と一致する研究方法を見出すことができました。

・Foundations in Helping Skills(支援スキルの基礎)
このクラスでロールプレイとカウンセラー的役割を中心に学びました。外部や学部生とのカウンセリング演習も合計で7回ほど行いました。自主課題研究でのインタビューや教育現場(児童生徒だけでなく、保護者や同僚との関わり)にも役立つような事柄ばかりでした。自主課題研究の最初のインタビューを行う時、学んだスキルを使って研究参加者の話をじっくりと伺うことができました。次の学期もカウンセリング関係のクラスを受講したいと思っています。



この冬休みにパナマへ一週間旅行に行きました。寒いところが苦手な私にとって、息抜きのできるところでした。海でシュノケーリングしたり、世界遺産に登録されているところを観光したりとリフレッシュできたので、次の学期も健康管理に気をつけたいと思います。
    IMG-2565.JPG

    IMG-2658.JPG
      世界遺産のパナマ ・ビエホです。


それでは、また来月にお会いしましょう。
Posted by 橋本 at 07:00 | 奨学生生活記録 | この記事のURL
2019年12月生活記録【第16期生 皆川愛】[2020年01月07日(Tue)]
新年明けましておめでとうございます。
昨年からこちらのブログを通して、さらに皆さんと対話する機会が増え、とてもありがたく思っています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今月の一枚!国会議事堂とクリスマスツリーのコラボです。
51C427BE-C918-4F93-85B6-930DA55F1BE3.jpg


今月はろうについて捉える際に役立つであろう二つの理論枠組み、
デフゲインと感覚的志向についてです。
「ろう」ってなんだろう。みなさんはどう説明しますか?
経験に基づいてろうについて語ることもできます。
医学の観点でみれば、聞こえないこととみなすこともできます。

カチンコ動画はこちらより ()は開始時間です。
@はじめに(0:00-
ADeaf gain(以下、デフゲイン)(0:55-
BSensory orientation(以下、感覚的志向)(6:38-
Cまとめ(10:40-



@はじめに
10月の生活記録でも紹介したソシュールによると、
言葉はその対象と、表意するいわゆる概念の双方が合致してこそ、その意味をなします。
「ろう」という言葉が表意するものはなんでしょうか。
スライド1.jpeg

先日も看護大学の学生に同じ質問をしましたが、
「耳が聞こえない」「口がきけない」といった医学的視点に基づく答えが返ってきました。
Goffman(1986)によると、物事をどう捉えるか、信念や視点、解釈というものは、
個々が知覚している世界を通して形成された枠組みの影響を大きく受けています。
「ろう」の概念についても同様のことが言えます。
個々の「ろう」の概念を変えるための試み、挑戦がろう者学の担う分野と言えます。

Aデフゲイン
デフゲインは「ろうについて感覚や生物学的多様性の観点で吟味し、捉える機会を提供する一つの枠組み」です。
そして、最終的には、ろう者の経験や強みが人間と社会の向上に寄与できるという考えです(Bauman & Murray, 2014)。
スライド2.jpeg

難しいですね、、ちょっと噛み砕いてみます。

提唱者の二人はギャロデット大学の教授であり、Bauman先生は私の指導教員でもあります。
そして、Murray先生は今年から世界ろう連盟の会長も務めていらっしゃいます
(ちなみに世界ろう連盟の会長、副会長、理事は給与なしのボランティアなんだそう)。

この社会はNormalcy(ノーマルシー:正常化)という概念から切り離せずにいます。
このノーマルシーの概念は、産業化によって発生しました。
生産の効率化のために人々を物差しで測り、スタンダードの基準を作り、
仕事ができる人、できない人のスクリーニングを始めたのです。
その基準は言うまでもなく身体です。
それでは一つの物差しで世界を見ることに止まり、正常の追求、メインストリームがゴールになってしまいます。
スライド3.jpeg

ろうに関して言えば、ノーマルシーかどうかをふるいわける物差しの例が、聴力検査です。
そして、ろう者はノーマルシーを追い求めるように、口話訓練を受け、
言語も行動も聴者らしく振る舞うことを求められるのです。

デフゲインは、ろうについて、ノーマルシーの概念を取っ払い、
Diversity(多様性)という新しいレンズでろうのことをみようとする
動きです。

具体的には、生物学的多様性、感覚的多様性などがあります。
生物学的には、生態系として、多様であれば多様であるほど、生態系を維持できると言われています。
その例がジャガイモ飢饉です。
アイルランドで主食とされていたジャガイモは二種類しか生息しておりませんでした。
19世紀のあるときに一つのジャガイモが疫病により枯死し、
もう一つのジャガイモもそれに近い遺伝子を持っていたため、凶作となってしまいました。
スライド4.jpeg

そうしたことからも生態系の維持に多様性は重要であると言われています。

ろうの遺伝子の一つであるCx26(コネキシン26)は、遺伝子の突然変異が起こっている状態です。
この変異によって、聴覚障害を引き起こす一方で、厚い皮膚構造を有し、
さらに感染に対する強い防御機構を持ち、傷の治癒を促進することがわかりました。
変異遺伝子が引き起こす疾患が一方で、健康に良い面をもたらす場合もあることがわかりました。
スライド5.jpeg

この発見は、鎌状赤血球症という貧血をしばしば引き起こす変異遺伝子は、
同時にマラリアに対する耐性を高めるという利点があることもわかってきました。

また、Sensory diversity(感覚的多様性)の面で、多くのろう者は、鋭い視覚を持っています。
メキシコのオアハカ州では、防犯カメラを監視し、何か怪しい、事件が起きた時に報告する適者として、ろう者を雇用しました。
それによって確かに監視が強化されたことがわかっています(Mazaltan Messenger, 2012)。

ろうであることは聴力というノーマルシーの基準レンズで見れば、機能障害ですが、
多様性のレンズで見れば、ろうであることはポジティブに捉えうるというのが彼らの主張です。


そして、興味深いことに、Murray氏はデフカルチャーにも
結局ノーマルシーが存在するのではと指摘していました。
ろう者であるか否かスクリーニングされ、スクリーニングにパスした人には、
ろう者という枠組みに自ら入ってくることを強要するような風潮があります。
上図にあるような曲線を見ると、真ん中がデフファミリーで、ろう学校育ちのろうの子どもに当たるのかもしれません。
実際、デフファミリーのろうの子どもはろうコミュニティに自動的に歓迎される傾向があるのに対し、
聴者の家族のろうの子どもは、ろう学校やろうの団体などに自ら飛び込んで行かないと文化の一員になれない。

それに対して、デフゲインの概念にノーマルシーは存在しません
すべてのろう者、すべての人間に、人間としてそっとろう者への門戸を開くきっかけになってほしいと言うのが彼らの願いだと言います。

デフゲインは、あくまでも概念であり、社会的に構築されてきた正常化からの脱構築の試みです。
それをどう生かすかは多様なやり方、答えがあります。

B感覚的志向
次にBahan氏が提唱した感覚的志向です。
個人的に好きな理論枠組みで、これまでも何度かでていますが、詳しく書かせてください。
この理論もデフゲインの本の中に一つの章で紹介されています。
ろう者について、手話だとか文化だとかいろんな議論がありますが、
それを一旦置いておき、ろう者の感覚的体験ってなんだろうと追究が始まります

ろう者はPeople of the eye(目で生きる人たち)とよく言われています。
人間には対償性が備わっていて、聴覚に疎い分、視覚の面が強化されることは研究でも明らかです。
例えば、脳の言語野は手話を通じても活性化されます(Pettito et al, 2000)。
脳に言語の選り好みはなく、言語=音声という言説は覆えされています。
スライド6.jpeg


しかし、多くの社会のシステムやモノは、なぜか聴覚をベースにデザインされ、構成されています。
連絡方法と言われれば電話が常識だということは言うまでもありません。
視覚的なテレビ電話じゃダメなのか。そんなことは全くないわけです。
でも、社会は聴覚が優位に立っています。

病院も聴覚的体験をメインにデザインされています。
一般に人工呼吸器で声が使えない状況になる事前には注意深く説明し、同意書をもらいます。
それに対して手術室で両腕を拘束されたり、点滴で腕が動きにくくなる、
すなわちろう者にとって手話や筆談などでコミュニケーションが取れなくなるという状況には
気に留められていないことがあります。
また、散瞳薬で目が霞んだり、検査室で突然照明を消され、視界が途絶えることについて、多くの医療者は無関心です。
ろう者の感覚的体験から見れば、それは聴者が耳を塞がられるのと同じことです。
スライド7.jpeg


人は毎日いろんな感覚を持って、感覚を通して世界を理解し、生きています。
Hall(1995)は、異文化の人々同士は言語が異なるだけでなく、異なる感覚的体験を持っていると言及しており、
ろう文化を説明する一つの枠組みになると考えています。

Cまとめ
ろうについてどう見るのか、どう理解するのかには、いろんな枠組みがあります
伝統的には、いうまでもなく医学、聴力テストに基づき、正常を追い求めるために、
口話訓練というリハビリが重要視されてきました。
また、ろう文化という枠組みもあります。しかし、文化ってかなり曖昧なんですよね。
ろうの子どもたちの聴者の保護者にとって、異文化という言葉はかなり熾烈に感じることがあります。
医療者を含め、医学モデルを中心にろうを理解してきた人たちに、
ろうについてどう説明するか、ひとつのストラテジーとして、
多様性という視点を用いたデフゲイン、そして感覚的体験に基づく感覚的志向が彼らにレンズを提供し、
ろうの意味を再探索するのに役立つ
と考えています。
スライド8.jpeg


<参考文献>
Bahan, B. (2014). Senses and culture: Exploring sensory orientations. In H-D. L. Bauman & J. Murray (Eds.), Deaf Gain: Raising the stakes for human diversity (pp. 223-254). Minneapolis: University of Minnesota Press.

Bauman, H-D. & Murray, J. (2009). Reframing: From Hearing Loss to Deaf Gain. Deaf Studies Digital Journal, September 2009 fall.

Bauman, H-D. & Murray, J. (2014). Deaf Gain: An introduction. In H-D. L. Bauman & J. Murray (Eds.), Deaf Gain: Raising the stakes for human diversity (xi-xlii ). Minneapolis: University of Minnesota Press.

Davis, L. (2006). Constructing normalcy: The bell curve, the novel, and the invention of the disabled body in the nineteenth century In Davis, L. (Ed.). The disability studies reader (pp. 3–16). New York: Taylor and Francis.

Goffman, E. (1986). Frame Analysis: An Essay on the Organization of Experience. Boston: Northeastern University Press.

Hall, E. T. (1982). The Hidden Dimension. New York: Anchor.

Mazaltan Messenger. (2012). Deaf Police Monitor Security Cameras. Retrieved January 6th, 2019 from http://maz 
messenger.com/2012/05/26/deaf-police-monitor-security-cameras/

Petitto, L. A., Zatorre, Rl J., Gauna, K., Nikelski, E. J., Dosite, D., & Evans, A. (2000). Speech-like cerebral activity in profoundly deaf people processing signed languages: Implications for the neural basis of human language. Proceedings of the National Academy of Sciences, 97(25), 13961-13966.
Posted by 皆川 at 20:44 | 奨学生生活記録 | この記事のURL