CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2016年08月 | Main | 2016年10月 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2016年8月生活記録 第9期生 福田桂[2016年09月18日(Sun)]

 はじめに、滞在先のショアラインの町(北シアトルよりも上)からバスでダウンタウンへ移動する時、必ず見れる場所の中でお気に入りスポットを紹介したいと思います。
今回は、綺麗な夜景を眺めてきました。
IMG_7573.jpg
【写真】シアトルでのシンボルタワー「スペース・ニードル」


 研修は、プロ・タクタイル(以下、PT)を活用したトレーニングが中心の生活訓練をしてきました。
私の研修目的は、盲ろうのリーダーになることであり、盲ろう者サービスセンターの盲ろうディレクターと職員やワシントン州盲ろう団体の会長にインタビューをさせていただきました。また、全盲ろう者とお話がしたいという私の希望に応じてくれて、ライトハウスの従業員、夫婦の方々へのインタビューもしました。
  一方で、ライトハウスの従業員の方で、彼らの通勤の様子を観察する機会を与えてもらいました。(以下、写真記載。2枚の違いをご注意ください)

IMG_7486.jpg P1030956.jpg
【写真】職場から自宅までの通勤の様子
(左)バスから電車に乗り換えの途中、階段を降りています。彼は介助者の支援を受けず、駅員にヘルプをもらいながら毎日通勤しています。
(右)盲導犬と一緒にバス待機中。彼の手元にある黄色のカードは、自身が乗車するバスの番号。バスの運転手がそれを見て、バスの中まで案内しています。


 研修開始時から取り掛かってきた個人プロジェクトを進め、私はPTイベントの立ち上げを考え、テーマは以下の通りです。

「DeafBlind only, No Sighted people(盲ろう者のみ、ノー晴眼者)」

 今後の自身の経験のために、最初にシアトルで行いたいと考え、ピザレストランで実施しました。
盲ろう者がメインで、ピザの注文をするとき、SSPに助けてもらうことなく、盲ろう者同士で互いに助け合います。そして、テーブルは盲ろう者だけが集まり、PTで会話します。

日本は、盲ろう者がイベントやレストランへ行く時、自身の欲しい物や注文は通訳介助員に助けてもらうべきだという考えを持つ方が多く、それだと通訳介助員に依存してしまうことになります。私は盲ろう者自身の自立は必要だと感じています。ゆくゆくは、「自律」に変えていきたいと考えています。研修先で、「自律」の言葉を中心に教わりました。

IMG_7580 (1).jpg
【写真】ピザレストランにて、参加者全員と撮影
(TCのインストラクター達、ライトハウスの従業員、盲ろう者サービスセンターのスタッフ、元ギャロデット大学の盲ろうの先生が参加してくださいました)


盲ろう者キャンプに参加、ボランティア活動経験

P1030991.jpg
【写真】タクタイルマップ(すべての施設名に点字が付いています)

 8月26日〜9月3日までの1週間、シアトルからバスで2時間のシーベックとよばれる場所で盲ろう者キャンプがありました。以前からこのシーベックキャンプに参加したかったのですが、大学の授業と重なってしまい、参加できずにいました。
キャンプのボランティアワークは、研修に取り入れているので、週2日ほどキャンプの準備のお手伝いをさせていただきました。また、キャンプ中でもスタッフのサポートをしたり、様々な面でボランティア活動をしました。

 キャンプで、PTの重要さを参加者全員に知らせてあり、3日間のワークショップのみならず、夜の交流会でもPTの活用をされていました。私は研修で指導のトレーニングをこなしてきたので、ワークショップでは指導者としての経験も少しさせてもらいました。

P1040011.jpg
【写真】PTワークショップその1
椅子を3列並び、盲ろう者、SSPが互いに会話をしています。
(ワークショップの初日、多くの方々に集まっていただきました)

P1040018.jpg
【写真】PTワークショップ2
二人のインストラクターが前頭に立ち、PTについて説明をしています。後方にいるろう通訳者は彼らの背中に周りの様子を伝えています。

P1040014.jpg
【写真】PTワークショップその3
インストラクター(中央)が両手で盲ろうの受講生二人(右)の手を触れながら話しています。インストラクターの背中に周りの様子を伝えている通訳者、肩に晴眼者の手が置いています(私はここにいる、あなたに質問があるよっていう意味で、インストラクターが自分へ振り向くのを待っています)
《その後、私も加え、インストラクターのサポートをしました》

P1040038.jpg
【写真】盲ろう関連商品の販売の様子
左側に白杖が何本も吊るしてあり、その関連の商品が揃っています。
《ボランティア活動の一部。OM(オリエンテーション・モビリティ)のインストラクターに頼まれ、この仕事を手伝いました》

P1040037.jpg
【写真】カフェテリアで食事後、キャンプのディレクターであるaj氏(DeafBlindのリーダー)が前頭に立ち、1日の流れや注意など説明。

P1040036 (1).jpg
【写真】カフェテリアで食事(全員が盲ろう者)


2年間の留学を終えて...

 私は、9月5日(日本の時間)に帰国し、同日をもって留学を終えました。生活記録も今回が最後です。

 2013年8月に渡米、オーロニ大学とギャロデット大学で学び、そして1年間の休学を経て、シアトルでの研修、実りのある留学生活を送れました。特に、研修は私が一番学びたかったもので、渡米前にそういう計画を持っていてよかったです。結果、将来に生かせる経験にもなりました。

 今後は、もうすでに新たな計画や目標を持っていますので、自分の方向性を変えずに前へ進んでいきたいと思います。しかし、決して一人ではできません。研修先で、指導などやるからには二人以上が必要だと教わりました。一緒にやっていく盲ろうの仲間を探すことから、少しずつ始めたいと思います。

 2016年4月生活記録でも書きましたが、私のコミュニケーション方法は触手話になりました。目の疾患による進行が理由ではないのです。生活記録で何度も書きましたが、プロ・タクタイルとの出会いによって自分の人生が大きく変わり、視覚手話よりも触手話のほうが言語獲得としてわかりやすいと感じ始めてきたからです。触手話は物を触るとの一緒で手で触れると理解が早く、利便さが良いです。
例えば、場所を尋ねる時、晴眼者は手で空間的に書いたりしますが、目の見えない人には伝わりません。その場合、手で地図を書いたほうがわかります。これが、プロ・タクタイルの一つの方法です。日本ではあまり知られていませんので、まずはプロ・タクタイルの普及を目指したいと思います。また、触手話は、盲ろうの文化の一つであると考えています。

 長い間、私を温かく見守り頂き、また日本財団や日本ASL協会のご支援を頂きながら留学生活を終えることができました。だが、私がここまでやってこれたのは、現地の盲ろう方々に多くの場面を支えてくださったことでもありました。何事も一人で行うよりは、人と助け合うことが何よりも大事だと思いました。やはり、盲ろう者同士はいいですね。

本当にありがとうございました。


第9期生 福田 桂


《参考》
*DeafBlind = アメリカ人なので個人の権利を尊重しています。「盲ろう」と呼称するのは日本だけです。
2016年8月生活記録 第11期生<牧谷 陽平>[2016年09月13日(Tue)]
7月の生活記録で,私の大学がどこなのか楽しみにしている人がいると思いますが,今月号で公開します!

私の大学は・・・
IMG_2578.JPG

ここ Rochester Institute of Technology (ロチェスター工科大学) です!
私の大学の中にはこんなのんびりできる,雰囲気のいいところもありました

IMG_2520.JPG


IMG_2338.JPG

Illinoi 州の Chicago O'Hare 国際空港 (シカゴ・オヘア国際空港: 大部屋ではありません) で
朝の5時ごろに着いた写真。朝日が昇っていました


O'Hare 国際空港はさすがハブ空港だけであって広かったです。
IMG_2342.JPG
O'Hare 国際空港の中。国旗がたくさん並んでいました
日本の国旗もあります


O'Hare 国際空港から最終目的地までは片道100分でしたが飛行機が小さくてびっくりしました。宮古島から石垣島に行く飛行機もプロペラ機なのですが,これでも2列ずつの飛行機。それを上回る小さいプロペラ機でした。
IMG_2369.JPG
今回は人生初の,2列と1列の飛行機でした


そして日本から28時間,やっと目的地にたどり着きました。
IMG_2389.JPG
飛行機からは Ontario (オンタリオ)湖が見えました。
遠くにナイアガラの滝も見えました


目的地に着いてからは,現地の友人に迎えに来てもらいました。1月に彼らと東京で出会い,観光案内しのがきっかけで,ここで助けてもらうことができました。

そして私の大学に行きました。。。が,かなり広すぎて,,,大学内を端から端まで歩いて30分ほどかかりました。。。
IMG_2438.JPG
私のアパートから大学への道


IMG_2506.JPG
大学内の Simmon Hall というところ。中は結構きれいでした


IMG_2640.JPG
留学生のオリエンテーション

かなり広い体育館の中に留学生が集まって,1時間の説明を受けました。日本人は私一人だけで,しかもろうは私1人だけでした。

また別の日には,大学院生のオリエンテーションがありました。
IMG_2780.JPG

今回は私の他にろうが1人いたのですが,手話通訳者が3人ときちんとついていました。大学の科の手話通訳の保障はできているのですが,自分で大学のサイトにログインして日時や内容を入力して予約することが必要です。でもこんなにコンピュータでいろんなことができるのっていいですね。悪用する人がいなければ。。。

大学の中もかなり広く,探検すると楽しいんです。
IMG_2585.JPG
食堂のメニュー。私の名前のマキタニかと思いました


IMG_2823.JPG
これから12月までの数か月間でこんな量の本を読むとは思いませんでした


オリエンテーション週間の最終日に,打ち上げ花火がありました。時間は短かったのですが,昨年夏には渡米のため,今回も渡米のため,花火を見れなかったのですが,やっと願望がかないました。
IMG_2981.JPG
店で売っているようなちっちゃな花火かと思ったら,本格的な打ち上げ花火でした


また,別な日には現地の友人と少し遠出しました。隣のペンシルバニア州まで行きました。
IMG_3243.JPG
Erie 湖 (エリー湖: エリ,いい子ではありません)
海かと思いましたが,湖水浴して水をなめたら全然塩辛くありませんでした


IMG_3298.JPG
Lantern (ランタン) Festival ではランタンを飛ばしました。きれいで感動しました


次月号では,クラスの説明です。お楽しみに

◆今回のひとこと◆
以前に理容師の友人から聞いた話だが,世界の流れは10年で1サイクルするという。彼曰く,髪の形もそうだという。ベッカムヘアーが流行って10年後,私がとある高校で数学を教えたとき,生徒の一人がベッカムヘアーをしていたのだ。この留学の事業も,1期生の太田さんがここロチェスター工科大学に来てちょうど10年,私11期生がロチェスター工科大学に来たのだ
2016年8月生活記録 第12期生 福島愛未[2016年09月06日(Tue)]
こんにちは、12期生の福島です。
渡米して約3週間が経ちました。Tutoringが始まって最初の週末は、日本にいたときにもらっていた時の倍々の宿題をこなすのに必死でした。ホームステイ先のひろーい庭で宿題に取り組んでいると、はたまた猫ちゃん2が!


IMG_6555.JPG
〈ホームステイ先の猫ちゃんです。〉

よほどかまってほしかったのか机の上をぐるぐる回ったり、パソコンやプリントの上にドカンっと居座ったり…おかげでプリントが足跡だらけになりました。
大量の宿題でストレスが溜まっていましたが癒されました。

約2週間のTutoringの後、8月29日から大学が始まりました。Tutoring期間は全く人の気配がなかったのですが29日に大学にいくと人!人!人!!!とてもにぎやかな雰囲気でした。また予想以上に多くのろう者がいるため、母校の技大を思い出して懐かしい気持ちにもなりました。

さて秋学期は
・Grammer
・Writing
・Reading
・Deaf Community
・Deaf Culture (聴講のみ)
を履修することになりました。大学院受験に向けていよいよ本格的に勉強開始です!

■Grammer
このクラスでは基本的な文法を学びます。最初の授業では、写真のように文の構造を可視化することによって一つ一つ理解する方法を学びました。今まで文法の意味があまり理解できていなかった私にとってこの方法は驚くほどすんなりと頭に入り、初めて英語って面白いと思いました。先生曰く今後はさらに複雑な文も可視化していくそうで、とても楽しみです。
IMG_6942.JPG


■Writing
このクラスでは大学・大学院で使用するような一歩レベルの高いVocabularyを取得しながらEssayの書き方を学びます。Tutoring期間に何度か書いたEssayは頑張っても1枚半が限界でしたが、最終的には5、6枚程度まで書けるようになるそうです。気が遠くなるような枚数ですが、少しずつ力を付けていきたいです。

■Reading
このクラスでは“Letters My Mother Never Read”という本を中心に授業が進められます。まだ1度しか受けていないので詳細は来月お伝えします。
本写真.jpg


■Deaf Community
ろう者の先生が受け持つクラスです。主にInternational Studentが集まりアメリカのろう文化など、ろう関係について学びます。ろう者が働いている施設やろう関係の資料が保管されている場所、また聾学校などを実際に訪問する予定です。初めの授業では自己紹介とアイスブレイクが行われ、アメリカに近い順に並んでみようというゲームが行われました。ちなみに一番近い国の学生は日本(8400km)でした笑。一番遠い国はアフリカのタンザニア(16000km)です!!!

■Deaf Culture
最初の授業では「What is culture?」という問いから始まりました。なぜろう者が「Deaf Culture」を学ぶ必要があるのか。「Culture」とは何か。とても興味深い内容でした。詳細については来月ご紹介します。

■全体
いよいよ授業が始まりました。実際に授業を受けてみると予想以上に授業のスピードが早く、予習をしていないとすぐに置いていかれます。また授業中は積極的に発言することが重要であると学びました。



■□
渡米してから約3週間、プライベートでも面白い事件があったのでご紹介します。

Fremontに到着して最初の週に香港系カナダ人の女の子に出会いました。右も左もわからない状態の中、分かりやすく話してくれるなどたくさんサポートしてくれました。ところが仕事の都合で1週間後ハワイに旅立つことに…。最後の夜、みんなでワイワイ話している中で彼女がRIT(ロチェスター工科大学)の出身だと知り、私も4年前に一度いったことがあると話すと…。

お互いの顔を見つめ合って…あ!!!!!!この顔見覚えある!!!!


実は4年前にRITに訪れたとき、学内を案内してくれたのが彼女だったのです!どこかで見たような親しみのある顔だなあとは思っていたのですが…!急いで4年前の写真を引っぱりだすと一枚だけ彼女が映っている写真がありました笑
こんな偶然ってあるんですね!別れる最後の夜、ぎりぎりになりましたがこの事実を知る事が出来て興奮しました。

彼女とはまたいずれ会えそうな気がします。
ひょんなことから繋がった縁ですが、これもろうの世界ならではのおもしろさですね。



9月になり、朝晩はぐっと冷えるようになりました。風邪を引きやすい体質なので体調管理をしっかり行いながら今月も勉強に励みたいと思っています。
日本もそろそろ夜は冷え込むようになる季節ですね。皆さんも風邪には気をつけてください。ではまた。

第9期福田奨学生、帰国[2016年09月06日(Tue)]
第9期福田奨学生、帰国

9月5日早朝、第9期の福田奨学生が帰国しました。

台風の影響が心配された西日本でしたが、夜には無事に郷里(島根)へ到着。
シアトルでの研修を終えて、ゆっくりする間もなく、シアトル→サンフランシスコ→羽田→出雲と乗り換え3回、計14時間に及ぶフライトは、さぞ疲れたことでしょう。
フライト、そして研修、留学と、お疲れさまでした。

IMG_0482.JPG 出雲縁結び空港にて

大学以外にも、各地の盲ろう者関係施設等へ出かけ、実地訓練等も重ねてきました。
これからが実践の場、今後の活躍にご期待ください。
ご支援いただいたみなさま、ありがとうございました。

*福田奨学生は、2017年1月7日(土)留学奨学生帰国報告会で留学報告を行います。
 (9月下旬から、参加申込みの受付が始まる予定です。
  募集開始の際は、このブログでも、改めてご案内させて頂きます。)


事業担当者:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 09:38 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第13期留学奨学生 募集締切済[2016年09月03日(Sat)]
第13期留学奨学生 応募を締め切りました

9月3日(土)午後6時をもって、
第13期留学奨学生の応募を締め切りました。

ご応募、誠にありがとうございました。

P1.JPG

事業担当:根本和江
Posted by 事業担当者 根本和江 at 18:00 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年8月生活記録 第10期生 山本綾乃[2016年09月03日(Sat)]
まわりの咲く夏!

S__8921102.jpg
(写真:地元に咲く真夏のひまわり)
   
8月も児童クラブきらきらの活動に参加し、ほぼ毎日地元のろうの子どもたちと関わりました。
夏休み中のイベント、赤城青少年の家でのテント張りや、オリエンテーリングでは道に迷いながらも一時間以上かけて無事ゴールまで辿り着けたことは、子どもたちにとって自信につながったと思います。
約2ヶ月間関わってきた子どもたちとの別れは寂しいものでしたが、いつか共に勉強できる日を誓いそれぞれ成長していこうねと約束しました。
Screenshot 2016-09-02 23.49.00.png

8月23日渡米。
アメリカの大自然を満喫せずして新学期を迎えることはできないと直感、DCから2時間足らずで行くことのできるシェナンドー国立公園へ行ってきました。偉大な大自然に癒されながら、ゆったりした夏の終わりを過ごすことができました。
IMG_0206.JPG

8月29日新学期スタート。
今年度は普段の講義に加え、実習とは違ったろう学校に関わる新しいチャレンジも始まります。昨年度とは違った緊張感をもって取り組んでいきます。
2016年8月生活記録 第11期生 山本芙由美[2016年09月03日(Sat)]
んにちは!第11期生の山本芙由美です。

現在、ギャロデット大学のあるワシントンD.C.にいます。
日本で夏休みを過ごした後、留学生の友達と一緒にサンフランシスコからワシントンD.C.まで車で人生初のアメリカ横断をしました。

スクリーンショット 2016-09-03 6.25.09.png

全6日間、3700マイル(5950キロメートル)、約60時間の長時間ドライブでした。
2日目には時差ぼけが残ったままの運転のせいで、ちょっと危ない目にも遭いましたが、何とか無事です。

S__15482937.jpg
(作業用の赤い棒に当たり、ミラーが割れてしまいました・・・)

ルイジアナに向かう途中、とても強い雷雨に遭ったりしたので、回避してダラスを通過したりしました。毎日、天気や道路の情報を把握しつつ、試行錯誤しながらも、8月21日にワシントンD.C.に到着しました。

横断中、それぞれの州での生活文化や食文化など、さまざまな表情をみることができました。特にテキサス州ではメキシコから近いため、メキシコ文化の影響が強くみられました。

S__15482936.jpg
(White Sands: ホワイトサンズ)

S__15482938.jpg
(Grand Canyon National Park:グランドキャニオン自然公園)

到着後の翌日、8月22日にはオリエンテーションが始まり、入学に関する様々な手続きを行いました。途中、留学生は感染症を予防するための注射を打ったり、TBテスト(ツベクリン反応テスト)を受けなければならないということが分かり、焦ったりもしました。

S__15482939.jpg
(ODES; Office of Diversity and Equity for Studentsのパネル)

S__15482940.jpg
(ODESの活動への3つの柱、”多様性”に対して力を入れていることが分かる)

そして、現在、LGBTQAやジェンダー、多様性に関連したクラスを受講していますが、詳細については9月生活記録にて報告させていただきたいと思います。

それでは、また。
2016年8月生活記録 第10期生 辻功一[2016年09月01日(Thu)]

サワディークラップ、そして、こんにちは、今日も生きています。
10期生の辻 功一です。

タイ王国のチェンマイは約七百年前(日本でいうと鎌倉時代)に建造された街だそうです。
現在のチェンマイは四方を掘と城壁で固められていた旧市街を起点に、そのまま外へ外へと発展していったのでインフラがカオス状態です。その上、工場や自動車、焼畑農業などによる煙害もあり、お世辞にも綺麗な街とは言えないです。
それでも僕にとっては不思議と落ち着く街です。
それはきっとチェンマイが計画のもとに整備された都市ではなく、人間の生活に沿って緩やかにそして自然に発展していった人間味のある街だからだと僕は思います。

ここはどこ?
<ここはどこ?正解はチェンマイ!!>

6月28日から始まったチェンマイ大学での夏学期は、7月末に行われた最終試験のプレゼンテーションを以って無事に終えることができました。その後は解散日までの1週間、ご縁があってチェンマイ市内の聾学校でボランティア活動をすることになり、毎朝8時の朝礼から午後4時頃の終業まで、小学生から高校生までの生徒達と共に過ごしてきました。

ドミニカ共和国の聾学校に訪問した時もそうだったのですが、子ども達は純粋で先入観なしで物事を考えるので、僕はいつも子ども達に色んなことを教えられています。

ところで、僕はタイ王国滞在中に聾者を含め大勢のタイ人と交流してきたのですが、正直、タイ王国の人々の聴覚障害者に対する理解はアメリカや日本のそれと比べると全然及ばないし、タイ聾者もアイデンティティ確立や地位向上の活動に苦心しているようでした。
日本も本当に聴覚障害者に対する理解が進んでいるのかというと、正直怪しい気もするのですが、それでも先人たちのご尽力によって日本の聾者は多くの選択肢や可能性を持つことができていると、タイ王国に来てみて実感しました。

何はともあれ、チェンマイ聾学校でのボランティア活動を通して教育方針について違和感を覚えるところはたくさんありましたが、彼らもまたタイ聾者のために力を尽くしていらっしゃるので、ここでは具体的なことには触れず、陰ながら応援していきたいと思っています。

学芸会
<チェンマイ聾学校での学芸会。着ているのはチェンマイ大学の制服>

そして8月3日、1ヶ月半お世話になったタイ王国を離れ、2週間の日本滞在を経て、8月17日に無事カリフォルニアに帰還しました。
旅の余韻に浸るのもそこそこに、8月22日から始まる秋学期に向けて気を引き締めていきたいと思います。

以上です。
日本ASL協会から8,188km離れたチコ大学からの報告でした。
ありがとうございました。
今月のコロンブス
よく留学先でアジア人同士で群れると聞くが米国人もそうだということを発見
アメリカではやはりアジア人同士で固まってるグループはよく見かけるし、これはアジア人特有の性質かと思っていたのですが、ところがどっこいタイ王国では逆にアメリカ人同士が固まっていたので、誰にでも起こりうる現象だと思う