CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2015年07月 | Main | 2015年09月 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2015年8月生活記録 第11期生 山本芙由美[2015年08月31日(Mon)]
米国での生活がスタートしてから、早いもので約1ヶ月経ちました。

ここフリーモントはとても広く、移動する際にどうしても車が必要で、
レンタカーを借りて生活に必要なものを買いに行ったり、通学したりしています。

到着2日後にはAlyceさんの引率でフリーモントろう学校へ見学に行きましたが、
視覚をメインとした教材がたくさんあって「見て理解する」ことの大切さを
改めて思い知らされました。

ろう学校内では、性の多様性を支援するポスターがあちこち貼られていて、
「MAKE YOUR SCHOOL A SPACE」(画像参照)のメッセージから
分かるように支援は受け身ではなく、自分たちの手で作るものなんだということが
はっきり主張されています。
日米の「支援」に対する見方を比較することも今後の取り組みとして
考えていきたいです。

IMG_0204.JPG

そして、Nancy先生のチューターを二週間ほど受けましたが
Writing、Reading、Grammar、それぞれを
丁寧かつ分かりやすく教えていただきました。

ASLを使っての英語の授業はなかなか新鮮で、ASLでの説明を理解していないと
英語も理解できにくくなる、そういった状況に出くわし、
最初の週は戸惑うこともありました。

しかし、Nancy先生はひとつひとつの説明が終わったら
必ず「何か質問は?」と催促していただけるので質問しやすかったのですが、
実際の講義では自分から積極的に質問しないとやっていけないよ、
ということも教えてくださいました。

また、秋学期に向けてのオリエンテーションにも参加しましたが、
そこでは伝言ゲームを取り入れたり、質問を促すことによって
ディスカッションが活発になっていく「全員が取り組む」型の効果を
みることができました。
ファシリテーターの行動や引っ張り方には非常に参考になるものがありました。

33年間、日本で暮らしてきた私にとって、至る場面で、
どうしても「謙虚」してしまうことがあるので、
米国/日本、両文化のコードスィッチングを身につけて、
バランスよく生活出来たらと思っています。

LGBTだより】

チューターがない日には、BARTに乗ってサンフランシスコまでお出かけしてきました。
1970年代、ストーンウォールの反乱によってLGBTへの権利運動が
盛んになったことで有名なカストロ通りに行きました。

IMG_0238.JPG

LGBT運動発祥の地に足を踏み入れることで、
わたしの中にある色んな想いがこみあがってきました。
言葉にできない想いでしたが、今後の日本でのLGBT支援で
何らかのヒントを得たような気持ちです。

IMG_0233.JPG
また、カストロ駅には「HIV啓発ポスター」が大きく貼られていました。
陽性の人たちもPRIDEをもって顔出しされていることに
良い意味でショックを受けました。

宣伝の効果が気になるところです。

それでは、また。
第12期留学奨学生 応募締切まで残り10日[2015年08月27日(Thu)]
第12期留学奨学生 応募締切まで残り10日

7月から募集を行ってきた第12期留学奨学生募集の締切日が近づいてきました。
応募予定のみなさま、応募書類の準備はいかがですか。

応募に必要な書類等は、
募集要項「9.応募方法/提出物」から、いま一度、ご確認の上、ご応募ください。
みなさまからのご応募お待ちしております。

●申込みや募集に関するお問い合わせやご相談
 …9月1日(火)まで
●応募締切
 …9月5日(土)午後6時まで(厳守)


NF12thApplication.jpg

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 14:40 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【2015年8月】第11期生 牧谷 米国に到着しました![2015年08月20日(Thu)]
こんにちは,牧谷です。
到着の挨拶が遅くなりたいへん申し訳ありませんでした。
8/11に日本を離れて,いろんな思いを抱きアメリカへ到着しました。

最初の数日間はAlyceさんからASLのレッスンを受けました。
カリフォルニア州立フリーモント聾学校へ見学へいき,
いろんなものを見てきました。

IMG_3137.JPG
IMG_3146.JPG
<1まい目>小学部廊下にあった,掛け算の勉強法
<2まい目>美術科のアート作品。fishの手話で海の中の様子を表しています

まだ新学期がスタートしていないので,生徒はいませんでしたが,
学校内を見学して,先生のほとんどがろうであることにびっくりしました。
(小学部の先生約25人のうち17人がろうでした。高等部も同様でした)

また,Ohlone Collegeで英語のチューターが始まりました。
宿題も毎日出され,量も半端なく,たまっていく一方です。
ひとつひとつをこなしていこうと思っています。
IMG_3212.JPG
↑Ohlone College の6号館・Deaf Studies Buildingからみた,工事中のCollege

これからも応援をよろしくお願いします。

【今回のひとこと】
アメリカは日本と違っていい加減なところがあるため,
ホームステイ先のものがしっかりしていない。
シャワーのヘッドをとめる部分がゆるくてヘッドがよく落ちるわ,
トイレットペーパーの留め具がとれるわ,
洗濯室のドアが外れるわ,でストレスがさらに溜まっていきました。
でも頑張っていきます
2015年7月生活記録 第7期生 中川美幸[2015年08月18日(Tue)]

こんにちは。
今年も1年振りの一時帰国を果たし、久し振りの親孝行とろう学校見学を行いました。今回も自分の目で多くのろう学校を見たいと思っていたので、それを引き受けて頂いた各ろう学校に感謝しております。特に、今まで見学したことがなかったろう学校も数箇所見学することが出来たので、受け入れてくださった幼稚部、教員の皆さんに感謝しております。1年振りの日本は暑いだろうなと期待していたのですが、2週間も土砂降りで、雨靴を買う羽目になるとは思いませんでした。


★ 日本でのろう学校見学★
☆ 重複ろう児たち
日本で様々なろう学校を見てきました。教員の配慮で大勢の子供達と関わりを持てた学校も有りました。一番ショックだったことも有ります。日本では、保育園、幼稚園の教員や予算不足で幼稚園児、保育園児の待機が著しく増えてきており、多くの子供達が入園を待たされているのです。なんと、日本の一部でも、重複ろう児たちは希望のろう学校に入れないということが分かりました。私達、ろう者、難聴者はろう学校に入れるのですが、重複ろう者に制限があるということは以前から知られていました。しかし、2015年の今になっても改善されていないということに驚きました。ろう者の人権については色々話題になっているのですが、ろう重複の人権も盛り込まれるべきではないかと思った7月でした。本当に、保護者と話していて、とても胸が痛くてたまりませんでした。

☆よく聞かれたアメリカの謎
私がアメリカに留学していることで保護者や中学部、高等部から、次のような多くの質問がありました。

ろう者がどうやって大学で勉強するのか?
人工内耳装着の子供は多いのか?
口話を使っているのか?
アメリカの方が福祉が進んでいるのか?
日本の福祉は遅れているのか?

私が生活記録に書いているように、アメリカ手話を通して勉強していること、人工内耳も補聴器も多いこと、口話中心だけではなく、手話を使った英語教育も進んでいることを説明すると、親たちは唖然としていました。日本のろう教育を考えると仕方ないですよね。それだけではなく、ADA法がスタートしてから、アメリカの会社が聴覚障害者の雇用を避けていること、聴覚障害者を雇用すると、手話通訳費を負担しなければならないことの現況を話すと、日本は障害者を雇用しなければならないという法律があり、日本も頑張っているんだという意見もありました。


☆やりたいことの再確認−絵本プロジェクト
この夏は数多くのろう学校を視察してきたお陰で、自分が日本に帰国した後、どう活動していきたいかを振り返ることが出来ました。もちろん、ろう教育関連の分野に戻り、ろうの子供達のために絵本を活用したプロジェクトを考えています。これは留学前から考えていたのですが、この留学で具体化していったことがとても嬉しいです。

☆絵本選びと読み聞かせ
ギャロデット大学で学んだことを活用したいと思い、あちこちのろう学校で絵本読み聞かせも行いました。子供たちの年齢、目標、時期に合わせて、絵本を調べてきたのですが、子供達に合った絵本がとても少ないことに気付きました。アメリカでも少ないのですが、アメリカではろう者が絵本を作成して、手話と字幕をつけているのです。

☆一番苦しかった親孝行
いつも私を支えてくれていた家族が、とうとう入院してしまいました。家族の重い病気を分かっていた上での留学だったので、すごく辛かったけれども、よくここまで頑張って闘病してくれたなあと思いました。私の留学もあと一年となりましたが、病院での闘病生活がこれからも続くであろう家族のために、私も頑張ろうと思います。

ーお詫びー
インターネット環境の都合で
画像を載せたくてもアップできませんでした。
写真を楽しみにしていた方、申し訳ありません。
Posted by 事業担当者 根本和江 at 16:14 | 奨学生生活記録 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年8月 到着の挨拶 第11期生 山本芙由美[2015年08月17日(Mon)]
【新生活スタートのご挨拶】

こんにちは!
11期生の山本芙由美です。

8月11日、日本でお世話になった多くの人に見送られ、日本を発ち、
無事フリーモントに到着しました。

現在、Alyceさん&David さん夫妻の家にホームスティしています。
お二人ともASLが堪能なろう者で多くのろう者が訪れてきます。
まさに、ASL習得にぴったりな環境で満足しています。

14日からNancy先生のチューターも始まりましたが、初日から多くの宿題が出され
とても驚きました。
しかし、ASLで英語を学ぶ経験があまりないので、どちらもバランスよく地道にIMG_0185.JPG
習得できたら、と思っています。

今後、英語の勉強に集中しつつ、カリフォルニア州のLGBTの動きに触れていきたいです。

以上、新生活スタートのご挨拶でした。

※画像はサンフランシスコ空港到着時のものです。
「Welcome to San francisco」
2015年7月生活記録 第10期生 山本綾乃[2015年08月16日(Sun)]

リフォルニア州で迎える二回目の夏。
去年の夏は気温が高く、空高くそびえる入道雲が頻繁に見られたのですが、
今年の夏はちょっぴり肌寒いため、まだ5月のような感覚です。


サマークラス
サマークラスもラストスパートに入りました。
図書館での課題は、長文読解が中心で、英文を読んだ後、自分の考えを書いて担当者に採点をしてもらいました。この流れは、まるで小中学校時代に通っていた公文式と似ていて、モチベーションがあがりました。
また週に2回ナンシー先生のチューターを受けました。宿題の進み具合が早いので、分からないところを中心に説明を頂くという形でした。


毎朝7時前には家を出て、8時のクラスに参加し、クラス後はチューターを受け、夕方5時まで図書館で課題をやりました。慌ただしい毎日でしたが、これぞ夏!というようなとても充実した夏休みでした。


冒 険
サマークラス終了後は、アメリカ国内を冒険しました。
将来の自分の立場を考えたとき、子どもたちにアメリカの魅力を伝えられたらと思い、勉強も兼ねて旅行してきました。その中で心に残ったベスト3をご紹介します。


第一位:イエローストーン国立公園

ワイオミング州の西端にあるイエローストーン国立公園。ここは世界最初の国立公園です。とても広くて公園内でも最低3時間以上の移動時間が必要となります。
ここでは、4種類の熱水現象が観察できます。
IMG_0488.JPG

温泉:80度以上(写真下)
噴気孔:水蒸気を噴出する(写真右上)
間欠泉:お湯が温められ、一定量の水蒸気が内部にたまると噴出する(写真真ん中左)
マッドポット:泥岩、火山岩などが混じり、ぼこぼこ出る(写真真ん中)

この世には、まだまだ自然現状がたくさん残っており、私たちのこの手で守っていくべきだという意味がやっと理解できたような気がします。

第二位:マウントラシュモア国立記念公園

これは、サウスダコタ州にあります。
四人の大統領の顔が石にくっきり彫られていました。
入り口にはアメリカ全州の州旗が風に吹かれて堂々と踊っていました。カリフォルニア州は全50州の中で31番目に作られた州だそうです。もっと歴史のある州だと思っていたので意外でした。私の第二のふるさとなので、これからも温かく見守っていきたいです。
IMG_1540.JPG
(4大統領:左から、ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェフェーソン、セオドア・ルーズベルト、エイブラハム・リンカーン)
IMG_1547.JPG
(1850年創立、カリフォルニア州)

アメリカ人は愛国心が強いです。私も自分が生まれ育った国を意識して、勉強し伝えていこうと感じました。

第三位:世界遺産メサヴェルデ国立公園

コロラド州南西部に位置している、最大規模の先住アメリカ人の遺跡です。
西暦500年〜1300年の間、アナサジ族が敵から身を守るため、メサ頂上に住んでいました。

バルコニーハウスや崖の宮殿、ロングハウスのガイドツアーに参加しました。
はしごを登ったり、トンネルの穴を通り抜けたりして、現地の人々の暮らしを体感することができました。次回は手話通訳を通して参加したいです。


IMG_9860.JPG
(バルコニーハウス)

IMG_9762.jpg
(ロングハウス)

昔の方々の知恵と技術を再確認し、いまの自分の生活を見直す良い機会となりました。


番外編
サンドラ
まるで神様が大量の砂をこぼしたかのような、巨大な砂山でした。誰もが童心に戻れる自然の公園だと感じました。
IMG_9885.JPG
(人生は冒険。旅はつづく)

今回の旅行では、ショッピングセンターなどの観光地ではなく、自然あふれる国立公園をたくさん訪問したので、アメリカの自然や歴史に触れることができました。これらを記録に残し、将来の自分の生活に役立てていきたいです。
2015年7月生活記録 第10期生 辻功一[2015年08月15日(Sat)]

こんにちは、今日も生きています。
10期生の辻 功一です。

あれ?おかしいな・・・。11期生がアメリカに来たにも関わらず、そんなに暑くないです。去年、僕が来た時はすごく暑かったのに。そういう訳で、相変わらず元気で過ごしています。

LGBTパレード
<サンフランシスコで開催されたLGBTパレードではこんな可愛い子も参加していました>

7月は英語漬けの毎日でした。

ENGL162
春学期はENGL151Bを受講したのですが、それより1ランク落としてENGL162を受講しました。
夏学期は期間が短い為、授業のペースがすごく速くホームワークもたくさんあると聞いていたので万全を期した対策のつもりでしたが、予想以上についていくのが大変でした。
結局、夏休みにも関わらず、週2日、わざわざニューアークキャンパスまでナンシー教授に来ていただき、個人レッスンを受けました。
おかげさまで無事にやり遂げることができました。

ENGL162はメインアイデアやサポートセンテンスの探し方、比喩や直喩などの表現方法、エッセイの読み方、書き方の基本を習いつつ、文庫(ターザン)のサマリーを毎週提出しました。

そして、7月23日、1年に渡るオーロニ大学での生活がとうとう幕を閉じました。

8月はオーロラを追いかけて7500マイル(1万2千キロ)の旅が始まりますが、これは8月の生活記録まで乞うご期待。

以上です。
日本ASL協会から8,320km離れたオーロニ大学からの報告でした。
ありがとうございました。
今月のコロンブス
カナダではごく普通の車がいきなりパトカーに変身することを発見
本当にごくごく普通のSUV車がパトカーに豹変して獲物を追いかけます。サイレンは車内に仕込んであるようです。僕が餌食になった訳ではないので誤解なきよう。

2015年8月 米国に到着しました![2015年08月14日(Fri)]
こんにちは。
11期生の佐藤太信です。

日本を11日17時頃(日本時間)出発して、11日11時頃(米国時間)に
サンフランシスコ空港に到着しました。
16時間の時差があり、体調を崩しそうになりましたが、私は睡眠や食事面で
調整しなんとか乗り越えました。

これからお世話になるアパートです。
apt3_20150812.jpg
ルームメイトがいます。
ohlone大学までは3マイルです。自転車で通います。

最初の1〜2日目は生活用品を買い揃える等、生活面の準備で大変でした。
14日からはナンシー教授による英語の勉強が始まります。

これから1年間大学院進学を目指し、ASLと英語のスキルを高められるように頑張ります。
応援よろしくお願い致します。

2015年7月生活記録 第9期生 瀧澤泉[2015年08月14日(Fri)]
IMG_1571.JPG

<7月4日独立記念日>打ち上げ花火

サマークラスがないものの、3ヶ月間ワシントンDCにいるということになってしまうので、気分転換にカリフォルニアで1ヶ月滞在することにしました。サクラメントにある町に数年前からお世話になっているホストファミリーのところへ遊びにいきました。

カリフォルニアはワシントンD.C.と違って、天気急変や湿気がなく平穏な地域であります。しかし、ここ最近カリフォルニアは乾燥地域のため水不足の問題が起き、風呂は2日間に1回のみ使うように呼びかけている状況に。3年前から雨の降水量が減り始めたのが理由だそう…どうせならワシントンD.C.の天気を半分に分けてあげたらいいのに。

さて前置きが長くなりましたが、サクラメントやサンフランシスコの観光、オーロニ大学にあるフリーモントへ数人の友人と会いに行くなど計画を立てました。ホストファミリーの母は聴者であり、アメリカ手話(ASL)レベル4まで取得していました。前よりも腕があがり、更に話しやすくなったことに驚きました。ホストマザーはろうコミュニティ、アイデンティティなどについて興味津々のため、時間があるときに経験話を語り合っていました。


IMG_1669.JPG

オーロニ大学の数学教師の誕生会にて英語教師ナンシー先生と再会できました。


MOZZERIA (ピザ)

IMG_1718.jpg

IMG_1719.jpg


サンフランシスコにあるろう者が経営しているピザ店へ初めて行きました。Mozziaに来た他のろう者二人はオーストラリア、そしてカナダから観光しに来たのだそう。ろう者のビジネスのなかで最も有名であります。少し高価ですが、とても美味しく食べて、香って、雰囲気を感じ取って、手話で話せて…星4つです☆スタッフと手話で話せるので馴染めて心地よい場所なので、行った事がない方は是非!週末は特に満席になってしまうので予約重要です。

World Federation of the Deaf (WFD) in Turkey
世界ろう者連盟(WFD) 第17世界議会 @トルコ
2015年7月28日〜 2015年8月1日

IMG_2012.JPG


トルコにて、五日間の世界ろう者連盟世界議会に参加してきました。周辺の友人からトルコへ行くように強く薦められて、迷った結末にギャロデット大学のろう学部に学ぶからには目で見に行こう!と決心しました。何人か日本から講演をしに来られると聞いて、楽しみに見に行ってきました。アジアは未だにも発展途上国であり、力を借り合って立ち上げようとする姿が見られました。

Japanese.wfd2015.jpg

・井上正之先生(筑波技術大学)
・吉野幸代さん
・川俣郁美さん
・全日本ろうあ連盟(JFD)
・山本芙由美さん(LGBT)
・相良啓子さん

特に吉野さんと相良さんの講演は興味津々でした。


Untitled.jpg


「ろう者の人権」(Human Right)がテーマであり、97カ国から参加者1,312名もいました。5日間にワークショップや講演が100以上もあり、自分が気になる講演内容をいくつか選んで聞きに行きました。講演の中で印象的に残ったのは「ろう者の子育て英国」(Deaf Parenting UK)である。ろう者の両親サービスにおける研究に続き、2001年に設立した団体。子育てに関する健康、教育、社会などの公共での情報やサービスへのアクセスを改善するために活動しています。
世界の最初に出版された「Pregnancy and Birth: A Guide for Deaf Women(妊娠と誕生: ろう女性のためのガイド)」(2004年)や、赤ちゃんショー(2008-2015)に参加、ワークショップなどを活動。

IMG_2110.jpg

Visual Language & Visual Learning
ギャロデット大学からVL2も講演されていました。


公共に様々な情報を発信する場を作るアイデアはとても良く、活躍も力強く伝わってきました。自分の夢につなげるためにいくつかのアイデアを集めることができました。

最後に…トルコでの満喫。

istanbul.jpg


どこからでも目につく、メルヘン世界に出てそうなガラタ塔(Galata Tower)。周りの店は品物が良くて高めだけど、お気に入りの場所です。
アジアとヨーロッパの境目やモスク(イスラムの礼拝堂)、街並み、人々、360度の風景の眺めがGOOD。他にイスタンブールの世界遺産であるブルーモスク(Blue Mosque)や、雑貨、衣服、宗教も新鮮的で素敵でした。周辺に野良猫があちらこちらに歩き回っており、店のなかにも居て違和感がないのが不思議。

トルコからろう者との交流、講演など刺激を一杯もらってきました。絵本を作るために必要なものとは何か、考えながら勉強を励んでいきたいと思っています。
第11期 佐藤奨学生・牧谷奨学生・山本奨学生、渡米 Part3[2015年08月13日(Thu)]
第11期 佐藤奨学生・牧谷奨学生・山本奨学生、渡米 Part3

9時間のフライトを経て、同日8月11日午前11時前に、米国・サンフランシスコ国際空港に無事到着。
空港では、オーロニ大学のAlyce元教授がお出迎えに来てくださいました。
フライトの疲れを感じさせない元気いっぱいの3人の留学生活が、ついに始まりました。

サンフランシスコ国際空港の到着出口に、3人の姿が


<到着!> 左から、山本奨学生、佐藤奨学生、牧谷奨学生
Photo2.jpeg

出迎えてくださったAlyceさんご夫妻(右側のお二人)と共に、アメリカでの初ランチ
Photo3.jpeg

米国では、これから入学、進学の時期を迎えます。
引き続き、本事業および奨学生たちへ、みなさまの温かいご支援をよろしくお願い致します。

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 19:16 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ