CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2015年06月 | Main | 2015年08月 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
11期生の国内研修(選択研修)[2015年07月30日(Thu)]
11期生の国内研修(選択研修)

留学奨学生として選出されてから8ヶ月、ASLのマンツーマンレッスンを中心に、時には合同で、ASL、英語の選択研修を行ってきました。
Martin講師、Kaz講師が連日のようにご指導をくださったお蔭で、ASL力も上がってきました。渡米、留学は、もうまもなく。8月中旬には、最初の留学地へ向け、出発します。

Photo-S.JPG
↑毎週のように通い、コツコツ学習してきました(左:佐藤奨学生、右:Martin講師)

Photo-M.JPG
↑6月は、スパートをかけて集中レッスン。ASLもグーンとアップ。(左:Kaz講師、右:牧谷奨学生)

Photo-Y.JPG
↑月2回定期的に上京して、確実にASLを身に付けました(左:山本奨学生、右:Martin講師)

Photo3-2.JPG
→講師2人に、奨学生3人でのレッスン。グループディスカッションで会話の実践練習。
 会話のテーマは、パーソナリティ他。言いたいことは伝えられたかな。

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 15:38 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
11期生の国内研修(必修研修)[2015年07月24日(Fri)]
11期生の国内研修(必修研修)

留学奨学生に対する国内研修として、6,7月に下記の必修研修を実施しました。

1、第63回全国ろうあ者大会(群馬)への参加(6月12日ー14日)
評議員会の傍聴、研究分科会、式典、展示と参加。自分の留学目的となる分野を中心に、学習しました。

DSC02393-1.JPG
↑いざ大会会場へ!左から、山本奨学生、佐藤奨学生、牧谷奨学生

Photo1-1.JPG
↑評議員会を傍聴する顔は真剣そのもの

DSC02412-1.JPG
↑展示会場では、引率の大杉会長(左)と各ブースで福祉機器等を学習

DSC02350-1.JPG
↑伊香保温泉に建てられた記念碑も見学してきました

2、合同研修会(7月3日、7月4日、7月6日)
日本におけるろう運動、海外旅行保険概要、日本財団について、同窓会からのアドバイスなどの集中講義。筑波技術大学の学校見学の際は、ランチトークでミニ講演も。

DSC02787-2.JPG
↑全日本ろうあ連盟宮本一郎理事(左)による「全日本ろうあ連盟のあゆみと組織、活動」

Photo.JPG
↑筑波技術大学では、ランチトークでミニ講演させて頂きました

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 09:23 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第12期留学奨学生、募集開始[2015年07月21日(Tue)]
第12期留学奨学生、募集開始

先日より、今年度の第12期留学奨学生の募集が始まっています。
米国の大学等で学び、日本やアジア諸国の各分野に生かしたい志を持った聴覚障害者を、今年も募集します。

NFJASS2015-12th.jpg

応募締切:9月5日(土)午後6時(当協会必着)

詳細は、
当協会ウエブサイト http://www.npojass.orgにてご確認ください。

たくさんのご応募、お待ちしています。

↓応募要項は、この表紙が目印です!
NF12thApplication.jpg

事業担当 根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 14:09 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年6月生活記録 第7期生 中川美幸[2015年07月18日(Sat)]
こんにちは。6月といえば、日本では梅雨でしょうね。我が石川県も雨でうんざりのはず。こちらでは雨はあまり降らないのですが、降る時は土砂降りで、すぐ止んでしまいます。6月は一時帰国まで1ヶ月だということもあり、サマークラスに集中し、色々な本を自分で読めるように頑張りました。今年の秋は、噂で一番大変なクラスがあるので、その心構え?ということもありますね。聞くところによると分厚いテキストが8冊だそうです、、、本当かどうかは9月のレポートを待っていてくださいね。

★ 夏休みの授業★
☆ EDU 655 – Children Literature こどもの文学

6月は本当に色々なプロジェクトが沢山有りました。

*クラスで一番面白かった議論
私がクラスをリードする日だったので、インディアン伝説のシンデレラストーリーを読み聞かせした後、クラスでシンデレラの様々なバーションの絵本を集めて、皆で議論しました。

韓国版のシンデレラ
korea cinderella.jpg


その他のシンデレラ(珍しいですよね!クラスでも大きな話題となりました。)
black sinderella.jpg

私の大好きなインディアンバーションの絵本
indian sinderella small.jpg

* グループプロジェクト
私達のグループは、テーマを「移民」に決めました。ちょっと難しいかなと思ったのですが、同級生の協力でなんとか乗り越えられました。資料集め、資料調査、絵本や本集め、リサーチレポート、まとめ、反省、そして、クラスでの模擬授業など、多くのことをグループでやりました。私の大好きな絵本は「マッチ箱の日記」です!

私の大好きなマッチ箱の絵本と私が作った手作りのマッチ箱
マッチ箱日記とマッチ箱.jpg

いろいろお世話になった移民関連の絵本
immigration picturebook small.jpg

一人一人が調べたことを発表しました!
リサーチ発表会.jpg


* 一番苦しかったリサーチ
私はリサーチが本当に苦手で、今回は一番苦しかったのですが、個人指導のお陰でなんとか毎回リサーチを提出することが出来ました。テーマを決めてリサーチし、それからリサーチレポートを書きます。更に、それに合った絵本を10冊程度選び、その絵本のまとめ評価をしなければなりません。また、その絵本を調べて評価したものを、更にレポートにまとめるのです。私の絵本リサーチは15ページを超えてしまい、集めた本も最初は25冊もありました。それらを何回も何回も読んで10冊に絞るのが凄く辛かったです。でもとても楽しかったです。

リサーチでお世話になった絵本たち
頑張って読んだ絵本.jpg

大苦手なリサーチです、、
大嫌いなリサーチ.jpg

大成功に終わった模擬授業
リサーチ.jpg
わたしのテーマは「いろいろな障害」でした。学習障害やADHDなどに関連した絵本を調べました。


* 絵本ブログ
二日に一回、必ずブログ(英語ブログと手話ブログ)をアップしなければならず、周囲の仲間から大量の本を借りて読み漁りました。レポート等で手一杯でしたが、やっとの思いでついて行けました。かなりの量の絵本を本当に読みました。

先月に続き、絵本を読んで、一冊一冊評価しています。
今月は動画です。
651クラス絵本評価ブログ.png


本当に本当に
たくさんお世話になった大量の絵本
頑張って読んだ絵本.jpg


☆ サマースクール一ヶ月の間のご褒美 ☆
折角の夏休みなのに、ずっと大学院に閉じこもっていた私は、宿題優先で、いつもラーメンばっかり食べていたのですが、今回やっとお寿司を食べに行きました。ルームメイトが私の宿題が一息つくまで待ってくれ、お寿司食べ放題に連れ出してくれました。更に、元同級生が心配して、色々食事を作って持って来てくれました。友人のサポートは有難かったです!!

食べ放題はおいしかったです☆
sushi para tabehoudai small.jpg


☆ 昼休みの息抜き☆
先ほども説明しましたが、大学院に閉じこもってばかりだった私は、久しぶりに大好きなバドミントンの練習に参加してみました。いい気分転換になり、夜はなおさら宿題に燃えました。韓国やインド、ナイジェリアのろう職員と一緒にバドミントンができて良かったです。今年の秋からバドミントンクラブが出来るかもしれないそうです。

ギャロバドミントン.jpg
日本から持ってきたバドミントンラケット
2015年6月生活記録 第9期生 瀧澤泉[2015年07月18日(Sat)]
IMG_0920.JPG
ワシントンD.C.の地下鉄
ライトは電車が来るという合図である。ろう者のためにつけたそうだ。


春学期が終わると学生が故郷に戻り、ギャロデット大学は静かになって寂しく感じます。夏クラスを受講する期間が入りました。今回は英語の個別指導を受けつつ、インターンシップを受けながら留学生活での初めての夏生活が始まりました。6月に入ると、ワシントンD.C.ではバケツをひっくり返したかのような大雨、たまには通り雨だったりします。意外と湿気が多く、内外の温度差が激しいのです。

IMG_0863.JPG


A Roundtable Conference on the Stewardship of Sign Heritage
手話遺産の管理に関する円卓会議

6月6日Georgetown University(ジョージタウン大学)にて、午前9時〜午後5時まで8時間に円卓会議を開催。16人の講演があり、手話の歴史、伝統、研究に関するトピックを挙げた。カナダやメキシコ、ギャロデット大学のASL研究所に世界ろう連盟(WFD)の国際事務所に働いた人など、るつぼの人種が集った。手話言語に関する過去のビデオを録画したものを保存する場所が未だに決められていない、或は著作権の基準など課題が挙げていた。未だに世界中にインターネットが進展している中、データが突然消えたりするため保存し難い状況。
そんな中、保存した昔の動画にろう者たちが生き生きとした生活の様子や運動に挑んだ様子が映っていた。手話やろうコミュニティは昔があってこそ今に至る、という感銘を受けた。大量の水を浴びされたかのように16人の価値のある意見、遺産や歴史の話をきいて、アパートにヘトヘトと足を運んで帰った。

英語の個別指導

夏クラスに英語クラスを受けたかったが、(ELI)対象者のみの英語クラスしかないため、個別指導をお願いする事になった。テスト対象や単語試験に、エッセイを書く練習などやった。

映画“Jurassic world”

アメリカに来てから初めての映画、新作の「ジュラシック・ワールド」を見に行った。国内の映画なので字幕がついておらず、代わりに字幕が出る眼鏡をかけてみました。機械がついているので少し重いですが、大体話の内容が分かるので楽しめた。
2015年6月生活記録 第10期生 辻功一[2015年07月16日(Thu)]

こんにちは、今日も生きています。
10期生の辻 功一です。

猛暑!!ではなく、むしろ暖かいような涼しいような、とても快適な日々を送っています。
日本では梅雨が明け、台風シーズンに突入する時期ですが、こちらは春からずっとほぼ毎日晴天で風もほとんどないです。
僕が初めてアメリカに来た8月は日照りが強くてとても暑かった記憶があるので、これからの1ヶ月で急激に暑くなるのかなと予想してます。

そういえば次回の生活記録をアップする頃には11期生が渡米してくるんですね。本当に送る月日に関守なしです。

ガードマン
<ドミニカ共和国ではスーパーマーケットにショットガンを持った警備員がいる>

さて、初めてのアメリカでの夏休み、旅に出かけようと思い立ったものの、どうせなら日本からだと遠くてなかなか行けないような地に行こうと考え、ドミニカ共和国に行ってきました。何故ドミニカ共和国?と思う方もおられると思いますが、ドミニカ共和国にあるろう学校で日本人の友人が活動している(当時)ので、ろう学校見学も兼ねて貧困国ではどのような生活をしているのか、この目で見てこようと思った次第です。

ドミニカ共和国での言語はスペイン語なので、当初、ろう学校ではスペインかドミニカの手話を使っているのかなと思っていたのですが、意外や、ASLでした。おかげで生徒たちや先生とのコミュニケーションはスムーズにいきました。
友人から生徒たちは生活に困窮していて筆記用具や衣服を買うことさえままならないと聞いていたので、事前にオーロニ大学のASLクラブを通して寄付金を集ったところ、すごく短い期間だったにも関わらず、なんと420ドル集まりました。
その寄付金で靴や筆記用具をドミニカ共和国内で購入し、寄付者からのメッセージカードを添えて生徒たちに手渡ししました。

placard.jpg
<寄付金を集う貼り紙を作成しました>

生活に困っている人は多いけれども、みんな目が生き生きとしていたのが強く印象に残っています。自分の目標は起業ですが、お金でも仕事でもなく、いかに人生に生き甲斐を感じるか、それは即ち、自分のため、そして人のために生きるという目標を見出すことが出来る会社を作りたいと思います。

ASLで挨拶新しい靴を履いて記念撮影
<写真左:ASLで挨拶/写真右:新しい靴を履いて記念撮影>

そしてアメリカに戻って息づく暇もなく夏学期が始まりました。
夏学期ではENG162を履修することにしました。夏学期は6週間しかなく、その期間内にぎゅうぎゅう詰めするため、すごく大変だと聞いていたのでリスクを避け確実に学ぶためにも、春学期のENG151Bより1段階レベルを落としたENG162の一つだけを選択しました。結果的にその選択は間違ってなかったと感じています。
本当に宿題の量がハンパなくて朝のクラスの後はLABに閉じこもっています。

先日、世話になっているかたの誕生パーティーが開かれたのですが、事前に奥様から寿司を作ってくれないかと依頼されて引き受けたものの、寿司を握るのは初めてで、しかも50人位の来客がありちょっとプレッシャーでした。でもなんとか無事に形になり、そして売切御免(実際は売っていた訳ではないのですが)となりホッとしました。
アメリカにいらっしゃった際は KOICHI SUSHI へ是非お越しください。不定期開店ですが。

一番人気はマグロ、二番はサーモンでした
<一番人気はマグロ、二番はサーモンでした>


以上です。
日本ASL協会から8,320km離れたオーロニ大学からの報告でした。
ありがとうございました。
今月のコロンブス
サンフランシスコではフルヌードのおじさんが堂々と歩いていることを発見
通常、フルヌードは禁止されているのですが特別なイベントに限って認められます。日本では見たことがないので閉鎖的だなーと思ったものの、そんなことはない、温泉や銭湯では堂々とフルヌードであることを思い出しました。

2015年6月生活記録 第10期生 山本綾乃[2015年07月15日(Wed)]

マークラスが始まり、自転車で学校に通う毎日です。
秋や春学期はフリーモントキャンパスであったため、バス一本20分で通学できたのですが、夏期間は工事中で大学内に入ることができません。そのため、バスで1時間かかるニューアークキャンパスへ通っています。自転車だと無駄な道路を省き40分で行けるので、毎朝7時前に家を出て、8時から始まるクラスに参加しています。

サマークラスは集中講義のようなもので、6月中旬から6週間、月から木まで週4日みっちり勉強します。今回、私は英語クラスをとりました。

Eng 162-01

サマークラスは、たった6週間で1学期分の内容と同じ量をこなします。そのため、授業は一時間で二時間分のスピードで進められ、課題の量も二倍です。教科書の宿題、本の要約、図書館での課題、オンライン課題、小テスト、単語テスト。課題盛りだくさんで衝撃を受けましたが、おかげさまで長い夏休みも英語に触れられ、秋に備えることができると信じて頑張っています。



アルカトラズ島見学

Tom教授からお誘いをいただき見学してきました。
アルカトラズ島は19世紀までは軍隊基地として利用され、1934年に軍の刑務所から連邦刑務所となり、悪名高き犯罪者たちが収監された島です。1963年に閉鎖され、今では観光地となっています。

自分でも事前学習をしようと決め、「アルカトラズからの脱出」という映画を英語字幕で見てから出かけたので、島での出来事や様子がよりはっきりとイメージできました。

アルカトラズ島見学では、聴者は音声ガイド(翻訳)を利用しています。ろう者は事前に手話通訳(ASL)を予約して、当日通訳者が直接案内をしていました。今回Tom教授の手話ガイドが作られたので、ろう者も聴者と同様に携帯機器を持ち歩いて見学できるようになりました。私たちは手話ガイドにおけるTom教授の手話の位置や順序が明確であるかどうかのフィードバックをさせて頂きました。

みなさん、ぜひサンフランシスコへ行った時は、アルカトラズ島へ足を運んでみて下さい。
携帯機器に出てくるTom教授のASLによる案内で、分かりやすく観光できますよ。
IMG_7539.JPG


日本からの訪問者

日本から友達が来てくれました。
ASLを磨きたいという希望で、たくさんのろう者と積極的に交流していました。
ホームファミリーとは、一緒にMozzeriaへ行きました。ここは2011年にオープンしたろう者が経営しているピザ屋さんです。(http://www.mozzeria.com/home)
IMG_9340.JPG

日本でもろう者が経営しているレストランが増えてきました。ろう者も聴者と同様の技術や経営力を持つことができるようになったという証拠ですね。

ここもサンフランシスコへ行った時は、ぜひおすすめの場所です。


ゲイプライドパレード

2015年6月26日に嬉しいニュースがありました。なんとアメリカ全50州で同性婚が認められるようになったのです…!アメリカに留学してから、LGBTの友達に出会う機会が増え、彼らと交流していく中で、いろんな生き方があることを学びました。そのような中で、法律が成立されたことはとても嬉しいです。まさに愛の革命。世界の歴史に残る瞬間に現場にいられたことに奇跡を感じられずにはいられません。町中では「LOVEWON」(愛は勝った)という文字やLGBT を象徴するレインボーカラーであふれていました。
翌日27日、28日には毎年開催されているゲイプライドパレードがサンフランシスコで開催されました。知り合いのゲイの友達からチケットをもらい、参加してきました。当日は、11時から夕方の5時まで、サポートグループ200をこえるにぎやかなパレードでした。
IMG_9339.jpg


進路

私事ですが、この場を借りてご報告させて頂きます。
この度、みなさまの暖かいご支援のおかげで、ギャロデット大学大学院、ろう教育専攻に進学することになりました。より一層英語力を磨き、ろう教育の専門性について深く学ぶよう努力していく所存です。
秋学期から、ここ温暖なまちカリフォルニアを離れて、真逆の気候であるワシントンD.C.で学ぶことになるのは少し寂しいのですが、より多くの経験と知識を得ることができると期待し今からわくわくしています。
IMG_9046.JPG
(わたしの背中を押してくれたのびのびとした虹:焦らず、ゆっくり、でも真剣に。あの虹を渡りきれるようにがんばります…!)

カリフォルニアでの残り二ヶ月。ここの空気をかみしめて毎日を大切に生きていきたいと思います。
第12期留学奨学金説明会のお知らせ2[2015年07月02日(Thu)]
第12期留学奨学金説明会のお知らせ2

第12期奨学金説明会は、7月5日(日)午後2時から日本ASL協会事務所(飯田橋)です。(参加費無料)
今年のミニ留学体験談は、武田太一4期生。

<留学奨学金事業のチラシ>
NF Flyer 20150705.jpg

担当:根本

Posted by 事業担当者 根本和江 at 19:26 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)