CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2013年02月 | Main | 2013年04月 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2013年3月生活記録 第4期生 武田太一[2013年03月31日(Sun)]



●創造力が必要な実習生活
 実習生活にも慣れてきて、英語の場合は新しい語彙を教えるときは前に使った教材をそのまま使い回したりなど出来るようになった。特に自閉症の子になると、同じ課題を繰り返し使った方が安心して取り組むことが出来る。もし今までやったことがない新しい課題を与えると、何をすればいいのか分からずにかんしゃくを起こしてしまうことがある。その場合は理解出来るまで何度も繰り返し行う必要があるが、これには長期的な見方が必要になる。生徒それぞれのスキルも以前アシスタントとしてサポートしていた時の見方と比べると、先生側に立った今いろいろ見えるようになってきた。実習当初は全員同じ課題をやらせていたが、進行速度や認知力、記憶力などを考慮して個々に合った修正を行うようにしている。例えば他の生徒は10個の語彙を教えるのに対し、ある生徒には5個だけ与えて徹底的に練習して覚えさせる。書き取りの課題では、書くのが早い生徒がいると先に終わってしまうのでその生徒は追加課題として新しい単語のプリントを与えたりするなど時間のバランスを考えて進めている。

photo 3.JPG

理科の作品手(チョキ)


 生徒たちの第一言語はもちろんアメリカ手話である。しかし現実はアメリカ手話による教材が乏しいので教員たちはいろいろ工夫(ビデオ/DVDを借りたり、実際に自分で撮影したり)しながら進めている。最近ではテクノロジーの発達によりノートパソコンで動画編集をしたり、その使った教材をiPadで見られるようにしたりするなど現代に合わせた指導も必要になってくる。パソコンが好きな生徒が多いので、時々iPadを使ったりするなど楽しい授業作りにも務めている。

photo 2.JPG

教室ビル


 授業を進めるのと同時に行動問題管理も必要になってくる。その方法は多岐に渡るので、それぞれの場面に応じた適切な方法を取り入れなければならない。例えば授業中に机を叩くなどして授業を避けようとする生徒には肩を叩いてもらって要望を聞き、その要望に応えるためには授業に参加してもらうように説得する。これはこれで当然のことかもしれないが、生徒としっかり目が合っているか、分かりやすい手話単語を選んでいるか、次にやる課題は具体的に何かなど適切に伝えられる技術が必要になってくる。また別の生徒はここ最近、“フリーズ”することが多く(廊下を歩いているときに一時立ち止まったり、課題をやっている途中で止まったりする。)何度促しても動じない。この生徒は聴覚に頼ることがある(補聴器着用)と聞いていたので、試しに音声で呼びかけたら反応してくれた。基本的にはアメリカ手話でコミュニケーションを取るが、注意を引きつける為には音声が必要なときもあると改めて感じた。いろいろなことを本当に試行錯誤しながら学んでいる。

●雪と誕生日
 先日に誕生日を迎えたが、当日は大雪で休校になり、ラッキーなのかアンラッキーなのかよく分からない。次の日に聾学校のスタッフたちからお祝いの言葉をかけてもらい、こういうのはいくつになってもうれしいものである。

photo 1.JPG

小学部主任作わーい(嬉しい顔)


●今後の予定
 実習生活も4月で最後になる。フル実習から少しずつ担当の先生に回していき、5月からはアシスタントに戻る。生徒たちがどれだけ学んでいってくれたか、これからも見ていきたいと思う。
 
 
2013年2月生活記録 第7期生 中川美幸[2013年03月22日(Fri)]
2月といったら、節分の日とバレンタインデーですよね。なつかしいです。でもここアメリカでのイベントはバレンタインデーです。

☆授業の様子☆
英語101A(Writing+Reading)クラス
2月は要約する方法と批評する方法を学び、その上でそれぞれ記事を読んでのエッセイを書かされました。どっちも苦手分野なので、とても勉強になりました。いまのクラスはクラスの中でエッセイを書かされるので、(しかも、英語の先生のチェックや訂正なしで、、、)毎週ドキドキしながら大学に通っています。なので、日曜日はエッセイを書く練習のためにあちこちのカフェに出没しています。
101.jpg
101Aと文法の教科書

英文法(Grammar)クラス
「誰が○○と言った」にいろいろな書き方があるということを勉強しています。日本では、whetherという単語をあまり使わなかったので、この使い方に苦労しています。テストももちろんあります。先生から、「あなたはまあまあ頑張っているので、そろそろ自信をもってほしい」と言われました。

ろう教育(Deaf Education)クラス
今月は、聾学校の実況や州による教育の違い、ろう教育に関する法律、ろう教育の歴史などを学びました。 前にも書いたと思いますが、アメリカにはろう者(先生)によって建てられた聾学校が24校もあります。これにはびっくりしますよね。そして、 面白い話をひとつ。アリストテレスって知ってますよね?ギリシャのかの有名な哲学者が、なんとなんと「ろう者は聞こえないから感覚がない。」と述べています(汗)ろうの歴史の中にもいろいろなことが発見できてとても楽しいです。あと、ギャロデット大学はいろいろな調査を行っており、今と前のいろいろなデータが載っています。ぜひご覧くださいませ。
http://research.gallaudet.edu/Demographics/

体育クラス
2月はジムだけでなく縄跳びやおもりを使ったトレーニングも始まり、睡眠不足と戦いながら頑張っています。

☆ 聾学校ボランティアに満足満足☆
この聾学校で気づいたことを少しずつ書きたいと思います。アメリカでは生まれてから幼稚部に入る前までは、乳幼児クラスで、幼稚部と乳幼児クラスに分かれています。幼稚部と乳幼児クラスを合わせて早期教育部と言っているようです。ちなみに、早期教育部はなんと、なんと、スタッフが14人です。主任を省くと、先生は13人です。そのうち、聞こえる先生はたったの4人しかいません!!つまり、ほとんどが聞こえない先生です。日本の都道府県の聾学校では考えられない環境ですよね。
ろう学校2月.jpg
ボランティアを始める前に必ず寄るろう学校のカフェ

☆ 聾学校の生徒と交流☆
オーロニ大学の友達の祖母が聾学校で働いているので、子供たちと交流してほしいと言われて、同期生のMさんと一緒に資料をもって向かいました。日本の文化や手話、日本語などを教えた後、日本のお菓子とグリーンティーアイスを食べていろいろお話しました。春にまた2回目の交流を頼まれているので、とても楽しみにしています。
ろう学校交流2月.jpg

☆ バレンタインデー☆
アメリカでも恋人のためのイベントであるのですが、日本とは違って、彼氏が彼女にプレゼントするのです。大学のカフェテリアで見かけたのは、赤いバラ、ぬいぐるみ、♡のでかい風船、チョコレート、高級な鞄などなど・・・・
  
☆ 黒人ろう文化ワークショップ☆
今までに黒人ろう者と接することはあっても、深く知る機会がなかったので、ワークショップを受けてみました。1部はフレッド氏の講演で、休憩の間にソウルフォードを食べて、2部でいろいろな黒人の踊りや歌、ポエムなどを楽しみ、自分も踊りに参加しました。フレッド氏には日本で3回くらいJAZZを学んだことがあって、久しぶりに踊りました。黒人ろう者は普通のろう者と違って、周りに受け入れられるまで時間がかなりかかるということ、黒人たちの作る料理は、ソウルフード(魂のフード)といって、誇りあるものだということを知りました。
黒人ワークショップ.jpg
これがかの有名な「ソウルフード」

☆ オーロニ大学と日本との遠隔授業と留学生ビデオチャット☆
待ちに待った先輩たちとの再会の日がやってきました。ずっとずっと聞きたかったことがあったので、やっと会えたときはすごくうれしかったです。いろいろな話も聞けて、参考になりました。夜遅くまでずっと勉強を頑張っていたので、みなさんも頑張っているんだ!と思うとうれしくなりました。パワーをたくさん分けて頂き、本当にありがとうございました。
うれしい再会2月.jpg
遠隔授業の翌日にみんなでランチ☆
2013年2月生活記録 第7期生 川口聖[2013年03月20日(Wed)]
こちらワシントンDCでは、2月10日旧正月を境にして、3月6日休校になるほどの降雪があったが、太陽が少しずつ高くなり、昼間の時間も長くなってきて、新春を感じるこの頃である。また、日本からこちらにご来校する人が多いシーズンになっている。

Courtyard.JPG
(Gallaudet Univ.の雪景色)

☆あっぷあっぷ
和製英語のアップアップではなく、日本語のあっぷあっぷ。おかげさまで今学期よりMA(修士号)候補生と承ったきっかけで、今学期が始まってすぐいきなり英単語の大海に放り込まれたような錯覚に襲われている。本格的な大学院のクラスらしく、読まなければならない文書量が半端ない。まさしくあっぷあっぷだが、まだパニックに陥ってない、ぎりぎりのところである。でも、日本で身に付けた知識や経験が浮き輪の代わりになって、なんとか追いつく感じになっている。これから少しずつ浮き輪なしでスイスイ泳げるようなりたいものだ。前学期から引き続き、少しずつクラス内容が濃くなってきて、同時に言語学の世界の輪郭が見えてきている。言語学の世界は幅広いもので、なんとなく自分に合った、これから究めていきたい方向性が定まりつつなっている。それについては今後の生活記録で少しずつ報告していきたい。

Emblem.JPG
(Gallaudet Univ.の校章)

☆まぜまぜ
渡米してから1年と7カ月経ったが、今の自分のASLと英語はどうなっているか報告したい。今もなお、頭の中は日本手語、日本語、ASL、英語がごちゃまぜになっている。渡米したばかりの時は、ASL単語や英単語がパッと出ても、なかなか覚えられなかった。おもしろいことに、日本で黒人とあまり会う機会がなかったためか、黒人の何人かと会っても、この人はA君、あの人はB君となかなか区別できなかった。いろんな黒人に慣れていくうち、区別できるようになったと同じく、ASL単語や英単語にも慣れていくつれに、瞬間的に覚えられるようになったのは最近である。実感できるわかりやすい方法として、英単語についてはテレビの字幕が見えるかどうかである。しかし、ASL単語や英単語の意味までは、まだまだ覚えられない。辞書で調べれば簡単じゃないかと言われるかもしれないが、手話講習会で手話を覚えても、日本手語を使いこなすろう者にはなかなか通じない事例が数多くある通り、単語毎の使い方に関わっている。英語を自分の思うままに使いこなせるまで10年以上かかると言われている通り、その使い方に慣れるまですごく息の長い作業である。ただいま、ASLと英語の比較と、それぞれの使い方を慣れることに必死になっている。日本語と英語は区別しやすいが、日本手語とASLは区別しにくいところがあって、そのための整理を、今は後回しにしている。英語を英語で理解するのもまだまだということもあって、頭の中はすごくまぜまぜの状態なのである。

front_Flower.JPG
(春を告げる、家近くの花)
2013年2月生活記録 (第5期生 川俣郁美)[2013年03月20日(Wed)]
◆◇「適格な」通訳者◇◆◇

去年から引き続きお世話になっている実習先、国選弁護人事務所社会復帰促進部では、ソーシャルワーク援助技術の向上だけではなく、社会や経済のしくみや法律に関する知識を高める機会に恵まれている。またスーパーバイザーやスタッフ、弁護士、先生などに手話やろう文化を教えたりして、ろう者へ対する理解を深めてもらっている。

特に実習先のスーパーバイザーは私を呼ぶ時に電気を点滅させたり、手を振りかざしたり、また、私の名前を言うときに私のサインネームを使ったり、手話を覚えてくれたりと、以前よりも会話がスムーズにできるようになった。些細なことかもしれないが、理解のある人と一緒に働けるという安心感は大きなものである。

今まで聾のクライアントの裁判と保護観察面接に参加したのだが、どれも有資格の法廷手話通訳とろう通訳がついていて驚いた。さすが障がいのあるアメリカ人法(Americans with Disabilities Act:以下ADA法)。

だがおかしなことに、彼が通っている地元の高校には、通訳者が一人しか派遣されていない。普通なら、1時間以上の通訳なら2人通訳がついているはずである。8時間の通訳に1人はおかしい。しかも通訳として通用しない程、低レベルである。なぜこんなことが起こっているのか?

アメリカの場合、手話通訳派遣事務所は日本のように公営ではなく民営で、市にいくつもの手話通訳派遣企業がある。ADA法により、ろう者に対する「適格な通訳者(qualified interpreter)」の派遣が義務付けられているが、ここでの「適格」の定義は「公認手話通訳士有資格者」とはされていないため、企業が「適格」だと判断すれば手話通訳士の無い者でも通訳ができる。学校に聞いてみると、予算の理由から一番安い通訳事業と契約を結んだそう。すぐに通訳事業を変えてもらうように頼んだ。

実習を通して、今まで見られなかった多くのアメリカの社会問題や現状を目のあたりにし、苛立ち、憤りを感じた。今ある社会資源を最大限活用して、問題解決・改善に貢献していきたい。



WM.jpg
アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンを讃えたワシントン記念塔
高さ555フィート(約170m)あり、DCで一番高い!
2013年 2月生活記録 岩田篤典[2013年03月20日(Wed)]
 二月に入り、段々と暖かくなってきた。もうすぐ冬が終わり、いよいよ春が始まる。オーロニ大学の周りでは桜が咲き、またあちこちに春らしい花が咲いている。また、学校生活には英語クラスとASLクラスを集中し、週末にはカフェでHomeworkや英語の本を読むために通っている。

★Reading★
 Inferenceという英語の読み取り練習をしている。このInferenceとは本文の事実を読み取る力である。テキストの読みにおいて、そこに書かれている文字通りの情報を読み取っているだけでなく、書かれていない内容を推論しながら理解する。今回の授業では、テキストに書かれている情報を的確に把握するという練習を中心にやっている。答えを導き出すためには必要な手がかり(情報)を読み取らなければならない。この推論発問なくしては深い読み取りは期待できないと思った。

★Writing★
 これはエッセイと文法を学ぶクラスであり、毎週エッセイを書いている。今回はLetters My mother Never readという本を読んで、感想をエッセイに書く。この本の主人公は生まれつき口裂症を持っており、波瀾万丈な人生を送っていたという内容で孤児または養育した子供たちであった人々だけでなく、心の痛みを知っている人は誰でも奮起させる本です。この本は難しい単語が沢山あったので読むだけで大変苦労した。

★ASL103★
 ASLクラスでは週2回抜き打ちテストやASLの読み取りテストを行われる。半年前ではASLの読み取りが苦手で何回も見逃してしまうことが多かったが、今回はASLのレベルが上がって、前よりASLの読み取れるようになった。そのおかげで新しい単語を覚え、英語力も上がった。あと手話による発表もあったが、まだ手話の表現が上手く出来ていないので今後、ろう同士や手話通訳者との交流しながら手話の表現力を上げたいと思う。


久しぶりの鍋料理
t02200165_0640048012423100516.jpg
2013年2月生活記録(第4期生 福永梢)[2013年03月18日(Mon)]
論から実践へ:その1

  カウンセリングと聞くと、イスにカウンセラーが1人座っていて、1人のクライアントとやりとりをするイメージが最初に浮かぶかもしれない。実際は、いろいろな人数の組み合わせがある。カウンセラー1人にカップルや夫婦だったり(ペアカウンセリングPair Counseling)、1〜2人のカウンセラーに3人以上のクライアントだったり(集団カウンセリングGroup Counseling)する。
  集団カウンセリングのクラスで実際にやってみようということで、30分間の簡単なものをした。まえに教育を専攻していたときの経験のおかげで、目標設定、指導計画、計画実施はわりとすんなりできた。ただわたし1人でやるのではなく、クラスメイト1人とペアになってすべてをやるだけで、かなり違った。ペアでやることでよりいろんな視点がもてるし、どちらかがど忘れしたり行き詰まったりしたとき助け合うことができる。とにかくコミュニケーションと関係づくりが大事だと感じた。また、生徒が人を中傷したときの対応について話し合う機会にもなった。原則として、カウンセリング中はすぐさま差止めてルールを再確認し、終わったあと個人的に話を聞くことを教わった。このほか、発達年齢に合わせたルールを考える練習もした。ピアジェやエリクソンの認知発達段階論、言語発達の研究で示されていることなどがとても参考になった。倫理規定も含め、今まで習ったことがこうして現場につながっていくんだなあ〜ととても感動した。

winckle heart.jpg

↑模擬カウンセリングで用いた「The Wrinkle Heart Activity」
カウンセリング学部事務室に飾られましたぴかぴか(新しい)


年ぶりのカリフォルニア

  JASSの遠隔指導企画のお手伝いをしに、カリフォルニアへ行った。行きたい行きたいと思い続けて、3年。青い空、ヤシの木、広々としてすがすがしい空間がすべてなつかしくて、カリフォルニアは私にとってアメリカ版の故郷だと改めて思った。大変お世話になったナンシー先生だけでなく、少ししか話していない先生やカウンセラーまで私のことを覚えて下さってとてもうれしかった。こうしてお世話になった方々に前より成長した自分を見せることができるのは本当に幸せなことだと思う。

2013年2月生活記録 第4期生 武田太一[2013年03月04日(Mon)]



●実習に明け暮れる日々
生徒たちに教えるときの工夫として、まず生徒たちの注意を引きつけなければならない。もともと注意欠陥の多い生徒たちなので、まず注目してもらう為にはこちらが手を挙げて全員がそれにならって挙手できればOKである。しかし誰かが目をそらしていると進まないので、何度も試して全員が挙手出来たときに授業を始める。次に視覚教材の充実さである。生徒相手にコミュニケーションアクセスとして手話を使用するだけでは物足りず、スマートボードやiPad、その他様々なツールを使いこなしながら生徒たちの意欲をかき立てる。もし自分の教え方がつまらなかったら、生徒たちも当然こちらを見る気をなくすのでつねに楽しく教える工夫をしている。しかしiPadやその他教材を渡すときは、あまりにも熱中しすぎないように渡すタイミングや回収するタイミングを考える必要もあるので、本当にいろんなことを同時進行で考えながら授業を進めている。

photo 1.JPG

ブリザードで腰の位置まで積もった雪たらーっ(汗)


●久々のカリフォルニア
聾学校が冬休みに入ったとの、オーロニ大学と日本ASL協会の遠隔指導の日程が重なったのでこれを利用してカリフォルニア/フリーモントに1週間ほど滞在してきた。1年ほど住んだ街であり、最初の頃は道がうろ覚えであったが次第に慣れてきた。滞在中は古い友人や知人、先生たちとの再会
を果たし、またベイエリアにある日本料理(特にラーメン)を堪能してきた。ボストンと比べると日本人にとって馴染みのあるベイエリアが本当に好きであると確信した。また西海岸と東海岸の生活の違いを実感することができ、今後の留学生へのアドバイスにも繋げられると思う。

photo 2.JPG

オーロニ大学からの景色カメラ


●本格的な実習
カリフォルニアからボストンに戻った直後に風邪が悪化し、実習を2日休ませてもらった。体調を何とか整え、6週間のフル実習が始まった。これは自分の指導をしてくれる先生が受け持っている教科を全部担当することを意味し、4/5年全体朝の会(月曜のみ)、英語、理科、保健、課外活動、料理を教えることになっている。先述したように病み上がりだったため、拙いスタートになってしまった。来月は完全に先生になったつもりで生徒たちを受け持つので、毎日の準備が大変ではあるが、多くのことを吸収していきたい。

photo 3.JPG

ボストンのものよりうまいラーメンたち手(チョキ)