CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2012年08月 | Main | 2012年10月 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2012年8月生活記録 第7期生 川口聖[2012年09月28日(Fri)]
こちらワシントンDCでは、9月中旬から、秋らしくなってきたこの頃です。8月6日から17日まで平日10日間、ドイツのハンブルク大学でコーパスについてのサマースクールを受講した。今回はそれについて報告したい。

HMB Univ.JPG
(ハンブルク大学)

☆Corpus
コーパスとは、簡単に言えば、一般社会で実際に使われている言葉を集めることです。一般社会では、学校などで教わった文法通りに全く同じで会話しているわけではない。また、「現代用語の基礎知識」などで紹介されている通り、新語がどんどん生まれている。それらをあるがままに集めて積み重ねたものがコーパスです。音声言語においては、世界各国に国家レベルで作られている。手語においては、最近始まったばかりで、ヨーロッパでは、イギリス、オランダ等いくつかの国で取り組みがなされているが、特に、ドイツが大規模で国家レベル並みに15年計画で進められている。その現場であるハンブルク大学でコーパスについて学ばせていただいた。

Class.JPG
(サマースクールのクラスルーム)

☆サマースクールの内容
1) Elicitation
「データとして引き出す」、コーパスとは何かから始まり、集めて積み重ねるデータはどのようにつくるかという内容。年齢、地域、男女などバランスよく集める、自然会話しやすい環境下でデータを集めるというポイントがあった。

2) Field Research
「実地調査」、コーパスに入れるデータとして合理的に集めるため、どのように調査するかという内容。特に、調査するときの倫理的な心構えについて強調されていた。例えば、ろう者が同意書の文面を理解できない場合どのように対処するか、著作権の問題など。

3) Data Collection
「データ収集」、手語データをどのように収録するかという内容。カメラの位置によって、手語が見えなくなることがあるので、カメラの方向はどこにするか、何台のカメラが必要かなど、収録しやすいスタジオ作りには工夫が必要。

4) HamNoSys
「ハムノーシス」(Hamburg Notation System for Sign Languages)、ハンブルク大学で考案された、世界的に最も知られた手話表記法。HamNoSysの書き方を学ぶ内容。非常に複雑ですが、コンピュータにHamNoSysを入力しただけで、手語を再現できるところまでいっている。

5) Annotation
「収集したデータに注釈をつける」、ハンブルク大学が独自開発したiLexや、オランダの大学で開発されたELANなどのソフトを使って、データを分類整理する。iLexはサーバーを通してデータを共有できるが、ELANはできないという違いがある。

6) Data Analysis
「データ分析」、分類整理されたデータを分析して、統計化する。ELANを使って、例えば、性別、年齢別、地域別などによって手語表現がどのように違いがあるか、その傾向を分析することである。

7) Project Design
「プロジェクト計画」、プロジェクト推進するためには、どのようなことが必要か。例えば、人材をどのように集めるか、スキルをどのように高めるかなど、計画的に考えていくことである。

Studio.JPG
(手語データ収集のためのスタジオ)

☆ふりかえってみて
平日の朝9時から午後5時すぎまで、時には夜9時すぎまでびっしりと、まさに長期集中合宿みたいで、内容濃いサマースクールでした。参加者は50人位で、ほとんどはヨーロッパ内から、アジアからは日本人4人とインド人1人だけ、ろうの人は7人。サマースクールでの使用言語は、英語、ドイツ手語、International Signs。ヨーロッパのほとんどの大学では、母国語と英語のバイリンガル教育でやるのが普通らしく、母国語だけの大学が多いアメリカや日本との違いも実感した。手語コーパス作りは、ヨーロッパのいくつかの国だけで進められているようですが、音声言語と同様に、世界各国に必要です。日本では、個人レベルで進められているそうですが、日本語コーパスが国立国語研究所で構築されている通り、日本手語にも国レベルで作るべきだと感じた。

ハンブルクは、真夏シーズンなのに全くエアコンなしでいられるほど、涼しかった。ハンブルクに来て初めて知ったことですが、「ドイツのヒロシマ」として知られているようです。第2次世界大戦中、空爆で少なくとも5万人の民間人が犠牲になり、100万人以上の市民が家を失ったそうです。なんか、ドイツの民族性も含めて、親しみを感じた。

HMB City.JPG
(ハンブルク市)
2012年6月生活記録 第7期生 川口聖[2012年09月23日(Sun)]
すっぽかしとなっていた6月生活記録は、サンフランシスコ周辺のろう関係(ここでいう「ろう」とは、日本でいう「聴覚障害者」や「難聴者」も含む)について報告したい。

GGB.JPG

☆ろう協会
日本ではほとんどの市にろう協会があるが、サンフランシスコ周辺では市単位でのろう団体はなく、広域でろうの人が集まるところがいくつかあるそうです。でも、そのうち集まらなくなったり、新しくできたり、日本では創立20年以上の市ろう協会が数多くあるように、長く続いているろう団体はあまりないそうです。個人主義のアメリカだからでしょうか。そのなかでお世話になったのは、BAADA(Bay Area Asian Deaf Association)。BAADAのイベントに参加して、何人かと友人になったし、小旅行に連れてもらった。同じアジア人としてとか、同じキリスト教信者としての感じの集まりは、強いように感じた。

☆福祉事務所
サンフランシスコ周辺で、よく知られているろう関係の福祉事務所みたいなところといえば、DCARA(Deaf Counseling, Advocacy & Referral Agency)。そこでは、社会福祉関係だけでなく、職業訓練・斡旋、法律相談、教育相談、通訳者派遣など、ろうに関する様々なサービスが提供されている。40年以上の歴史があって、職員はほとんどろうの人です。ソーシャルワーカーやカウンセラーをやっているろうの人が多くいるようで、ろうの老人や盲ろうの人やろう重複障害をもつ人などをお世話するろうの人もいるなど、「自分のことは自分でする」ように、「ろうのことはろうの人でする」のが、アメリカでは当然のようになっている。そのへんの「自主独立」については、日本のろうの人は見習う必要があるなと感じた。

☆その他
CSD(California School for the Deaf Fremont)、カリフォルニア州では、難聴学級みたいなクラスがあちこちあるが、ろう学校といえば、CSDと、ロサンゼルスにあるCSDR(California School for the Deaf, Riverside)の2つだけで、0歳クラスから高校まである。

サンフランシスコ市立図書館のDeaf Services Center、公立図書館にろう書籍コーナーがあるのは、日本では考えられないかな。日本では、ろうに関する書籍は福祉関係コーナーに置かれていることが多いですが、どうだろうかな。

MOZZERIA、2011年12月にできたばかりのろうオーナー経営ピザレストラン。グループで行くときは、インターネットで予約したほうがいいでしょう。

Yosemite.JPG
(ヨセミテ国立公園。めちゃくちゃ広かった)
2012年8月生活記録 (第5期生 川俣郁美)[2012年09月17日(Mon)]
◆◇実習スタート!◇◆◇

PDSLogo.png
☆実習先のロゴ☆

今学期から実習が始まった。Public Defender Service Office of Rehabilitation and Development (公設弁護人事務所社会復帰促進部)に、週2回(8時間ずつ)お世話になっている。今までは、家が学校から近いので、お昼の度に家に帰ってランチをとっていたが、今学期からはそうはいかない。カリフォルニアにいた時に使っていたお弁当箱を引っ張りだし、お弁当生活をスタートさせた。一日を元気に過ごせるよう、バランスの良いお弁当作りを心がけたい。

公設弁護人事務所とは、経済的理由で弁護人を雇えない被告人に刑事弁護を提供する事務所である。弁護人は国から公務員として雇用された弁護士である。私が所属している社会復帰促進部は、中でも精神的・感情的・社会的・経済的な問題や薬物乱用などといった問題を抱える被告人が、問題なく社会復帰できるよう、社会的資源を有効活用しながら個々のニーズにあわせたサポートを提供する。

ギャロデット大からの実習生は私を含め2人で、手話通訳者がついている。今まで学校で学んできたことを活かしたり、現場でしか学べないことを勉強させてもらう非常に良い機会なので、しっかりソーシャルワークの技術を体得していきたい。



◆◇履修クラス◇◆◇
今学期履修しているクラスは以下の通りである。
詳細は来月の生活記録で紹介したい。

GSR230 Gloal Health (国際保健学)
SWK441 Social Work Research Method I (ソーシャルワーク研究法I)
SWK484 Social Work Practicum I: Lab (ソーシャルワーク実習I:ラボ)
SWK436 Social Work Practice: Groups and Families (ソーシャルワーク実践:集団と家族)


image.jpeg
インドから戻って初めに作った日本食☆
ぎょうざヾ(*´∀`)ノ

2012年8月生活記録 第7期生 中川美幸[2012年09月14日(Fri)]
☆あっという間の1ヶ月です☆
ここカリフォルニアに来てからもうはや1ヶ月を過ぎました。
想像していた以上にここカリフォルニアはお寿司やラーメンのお店が多いため
食べ物とかの心配はなかったです。
しかし、宿題の多さと英語の読み書きに慣れていないため
毎週毎週3日以上は寝られない日もあります。
徹夜明けでクラスを受けることもしばしばです。
友達には驚かされますが、自分でも1ヶ月よくがんばったなあと思うこの頃です。


☆国際ろう学生オリエンテーションとオーロニ大学ろう学生オリエンテーション☆
まず、世界から集まってきた国際ろう学生のためのオリエンテーションに参加して
きました。日本から3人、中国、香港、ドバイ、ジンバブエから1人ずつの計7人で
国際ろう新入生は全部で15人だそうです。
アメリカの文化、ろう文化、オーロニ大学の様子などなどいろいろな説明を受けました。
翌週にはアメリカ人のろう新入生や大学の教授たちとも紹介し合いました。
国際ろう学生はお互いの国を出てきたこともあってすぐに友達になれましたが、
アメリカ人のろう学生とはなかなかお話ができませんでした。
今では、クラスメートとお話できるようになれたのでとても充実した1ヶ月でした。
CIMG9803.JPG



☆干したいです!!☆
私はアメリカ留学を夢見ていたので数回アメリカの大学を見学したことがあるんです。
だからカルチャーショックなんてありえないだろうなと思っていた私です。
しかし現実は甘かったです笑
わたし、、、、、
洗濯バサミをたくさんもって来たんですよ。
それなのにスティ先には物干し竿がありませんでした。
つまり、「乾燥機を使うのが当たり前!」なんです。
洗濯バサミはスーツケースの中で眠っております。
CIMG9775.JPG


☆教科書代が高い!!☆
もうひとつ
かなりショックを受けたのは
今学期使う教科書の購入費が3万円もしたことです汗
最初、3千円?と思って
もう一度数えたけど
何度も確認しても3万円でした。
でもこの教科書をたくさん活用して英語力が伸びればいいな!と思っています。
CIMG0090.JPG


☆今学期のクラス☆
留学生は12単位以上取らないと強制的に(?)帰国させられるという
説明を受けていたのでカウンセラーや担当教授といろいろ相談した結果
わたしは
1、Composition (エッセイ)
2、Reading
3、Deaf culture
4、Deaf community
5、Deaf field work
を取ることに決めました。
内容はまだ把握していないので
来月には理解できるようになれれば、ここで報告したいなと思っています。


☆国際学生歓迎パーティー☆
このパーティーは自由参加です。
先ほどオリエンテーションで集まったのはろう学生でしたが、
今回のパーティーには聞こえる新入生が集まるのです。
興味津々だった私は中国人の新入生と手話通訳者とともに参加しました。
やはり噂に聞いていた通りほとんどが中国からの留学生でした。
ろう学生は2人だけでしたが、
同じクラスの方に会えたし、大学ですれ違うと声かけてくださるので
思い切って参加してよかった!と思いました。
CIMG0097.JPG

2012年8月 生活記録 第8期生 岩田篤典[2012年09月14日(Fri)]
第8期生の岩田篤典です。
渡米してから一ヶ月が過ぎました。最初の1週間は、暑い日本の夏とは全く違う環境に慣れなくて、あまり食事を取ることができませんでした。ホームスティ先のホストのご支援をいただき、徐々に慣れることができました。8月16日、聴覚障害学生のみのオリエンテーションを行い、8月に秋学期がスタートしました。
では、今学期の私のスケジュールを紹介したいと思います。Grammar、Writing、Reading、Deaf culture、physical exerciseの5つで13.5単位を取っています。特に、Writingは1週に4つのエッセイを提出するため、本当に大変です。エッセイの書き方については日本のやり方とまったく違うので最初は戸惑いがありましたが、徐々に慣れていき、エッセイの内容を何とかまとめられるようになりました。
 自分で取りたいクラスを選び、予定を組みオンラインでクラス決めをやりました。 履修しようと予定していたクラスが、もう人数がいっぱいで取ることができなくなっていることもあり、急遽別のクラスを選ぶのもなかなか大変だったけれど、おもしろかったです。こんな感じで新学期が始まり、今学期はとても結構忙しい毎日です。
この先が少し心配ですが、コツコツがんばっていこうと思います!!
2012年度8月生活記録(第4期生 福永梢)[2012年09月14日(Fri)]
o American Indian Museum o

 ワシントンDCの中心部には、多くの博物館が密集している。将来さまざまな文化背景をもつ人に少しでも対応できるよう、クラスメイトと博物館めぐりを企てた。アメリカンインディアン博物館がその第一回にあたる。

IMAG0282.jpg


 3時間くらいいたのだが、4階建てのうち1階半分しかまわれなかった。4階でまず、インディアン・アメリカンのおおまかな世界観について、専門家による解説があった。360℃パノラマの映像が広がる空間に座っていると、彼らがどういう環境にいるのか、世界をどう見ているかがとても伝わった。空間の外に出ると、各種族の紹介パネルが並んだ。言語や衣食住だけでなく、自然、色、方角の意味まで種族によって似ていたり違っていたりしていた。3階に下りると、今度はインディアン・アメリカンの歴史と変化であった。教育、言語、外見が多様化していく中で「インディアン・アメリカン」の意義を見出そうとするところに、ろう・難聴の世界と重なった。

IMAG0283.jpg

↑アメリカンインディアンというと馬のイメージが強いが、馬は西洋人が持ち出したものである。物々交換によって馬の保有数が増え、次第に馬とのつながりができたという。


o Graduate Orientation o

 いよいよ大学院生活2年目へと突入した。クラスが始まる前に、新入生オリエンテーションのお手伝い・参加をしてきた。うちの学部のオリエンテーションは少し変わっている。教授やスタッフも混ざって、スキップやじゃんけんなど一緒に体を動かすゲーム、絵を使った作業を行う。家まわりの絵が配られ、例えば家の礎のところには「自分の礎となっているもの」、屋根には「自分を守っているもの」、畑には「これから伸ばしたい、育てたいもの」を書く。お昼は教授とスタッフがバーガーを焼き、お手製のクッキー、ケーキをもてなしてくれる。よくあるオリエンテーションは最後だ。
 この一風変わったオリエンテーションには意味がある。限られた時間の中で信頼関係を作る力、自分と相手のことを理解し合う工夫、分かち合う情報の選び方や伝え方などカウンセラーに必要なスキルが詰まっている。例えば、絵の作業では家のドアに「自分をよく知らないもの」を書くのだが、一瞬戸惑ったりためらう気持ちになるのはなぜか。オバマ大統領や通行人を思いつかないのはなぜか。自分の中にある先入観に気づき、カウンセラーとしての柔軟性を伸ばすきっかけを作ろうという教授の試みが見られる。

今学期、この新しく入ってきた1回生と一緒になるクラスが2つある。またひとつ新しい経験ができるのがとても楽しみだ。


IMAG0285.jpg

↑ロンドン五輪、女子サッカー決勝戦(日本vsアメリカ)を友人宅で観戦!
みなさん、とてもかっこよかったです。勇気づけられました。

第9期留学奨学生 応募を締め切りました[2012年09月08日(Sat)]
9月8日(土)午後6時をもって、
第9期留学奨学生の応募を締め切りました。

多くのご応募、誠にありがとうございました。

事業担当:根本和江
Posted by 事業担当者 根本和江 at 18:00 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2012年8月生活記録 第4期生 武田太一[2012年09月04日(Tue)]




 毎年8月になると暑苦しい熱帯夜が続くのだが、今年は比較的涼しい夏で快適に過ごせた。それでも昼間は暑いので、クーラーの聞いている大学やカフェなどで過ごすことも多かった。購入して3年近く経つ愛車が今年になって故障が続き、修理代が結構かかってしまったため、どこかに旅行に行く余裕はなかった。いろんな意味で今年の夏はつまらなかったのだが、秋学期以降は本当に楽しめたらと思う。

photo-1.JPG

海は行ったリゾート


●夏学期終了
 この夏は研究入門と異文化心理学を受講し、8月上旬に夏学期が終わった。異文化心理学ではレポートが2回課されたのだが、2回ともアメリカ手話で回答させていただいた。本来なら英語で記述するべきなのだが、今の英語力では満足のいく回答をすることが出来ない。その上、時間も要するため先生の理解を得てアメリカ手話で回答することでスムーズに進められた。4言語(日本語/日本手話/アメリカ手話/英語)を習得している自分にとって、自分が使いやすい言語を選択出来る権利があるということは本当に重要なことだと改めて思った時である。言語の選択権について、日本でもアメリカでも今後考えて行かなければならない。

●アメリカ手話指導
 名古屋外国語大学の海外研修で訪米した学生たちにアメリカ手話を教えた。合計6回のクラスなのだが、1回のクラスが昼休憩を挟んで6時間もある。準備に時間をかけたり、体力を消耗したり、など根気のいるクラスであった。しかし、去年指導した経験も活かされ、生徒たちの集中力を上げさせる方法、ゲームなどを織り交ぜて楽しませる方法など様々なアイデアを出すことが出来た。手話単語を教える時は英単語を示すよりも写真やイラストで示した方が理解しやすい。しかし、手話を学ぼうとする学生の第一言語が音声言語であると、どうしても音声言語から手話単語に変換するプロセスが頭の中にあるので、それをどう脱するか、もし手話講師を目指すのならそれが課題の1つだと思った。また日本語からアメリカ手話単語に変換するプロセスもあり得るので、第一言語による強化も有り得るものと理解する必要はある。

●教員免許試験
 マサチューセッツ州でろう教育分野における教員免許を取得するためには、最低でも3つの試験(コミュニケーション、リーディング基礎、カリキュラム)を受ける必要がある。先日にこのコミュニケーション試験を1つ受けてきた。英語の読む力や書く力が問われるのだが、読む力は上がっていても書く力がまだ伴ってきていない。もともとマサチューセッツ州の教員免許試験は受けるつもりはなかったのだが、今後のことを考えて受験してみたわけである。

●秋学期
 この秋から聾学校で働くことになった。留学生向けに用意されているインターンシップ制度を使って、The Learning Center for the Deafでアシスタントとして採用された。小学4−5年重複クラスでいろいろ学ぶことになる。その傍らで大学でも講義を受講するため、体に無理のない範囲でやっていきたいと思う。

photo.JPG

ボストンと言えばロブスターレストラン
2012年7月生活記録 第7期生 川口聖[2012年09月03日(Mon)]
6月18日〜7月27日にオーロニ大学のサマークラス履修、7月28日〜8月3日にアメリカ大陸横断ドライブ旅行、8月4日〜18日にドイツのハンブルク大学へサマースクール参加、8月20日〜24日にギャロデット大学の新入生オリエンテーション、8月27日から新学期スタートと、あわただしい夏になった。

今回は、大変遅くなってしまったが、オーロニ大学のサマークラスについて報告したい。

Newark.JPG
(サマークラスでお世話になった、オーロニ大学ニューアーク校舎)

☆こつこつ
サマークラスは英語リーディングクラスを受講した。これまで2学期に英語クラスを履修したけど、自分の英語力にまだ自信がないことと、長い夏休みで英語を忘れないために、サマークラスにも引き続き英語クラスを受講することにした。1学期(16週間)で学ぶ内容を6週間に圧縮されるため、これまでよりクラスの進むスピードがかなり速くなっていた。これまでのFremont校舎でではなく、オーロニ大学のもう一つの校舎、Newark校舎で、30人ほどの聴者、通訳者は2人、ろうの人は小生1人、国際学生が多いクラスになっていた。PQ3R(Preview, Question, Read, Recite, and Review)という読み方のコツを学ぶ、Topic, Main idea, Supporting Detailsなどは何かを掴むという、読む技術を学んだ。更に、ラボ・ワーク(ラボで宿題をやる)として、多くのエッセーを読みこなすという課題も与えられていた。これまでより宿題が多くなっているため、朝から夕方まで、クラスの時間をのぞいてずっと、ラボにいなければならないことになってしまった。おかげさまで、サマークラスが終わった頃には、なんとなく読む力が伸びたなという実感が得られている。

CA_Hanabi.JPG
(アメリカ独立記念日のサンフランシスコ花火、冬並みでめちゃくちゃ寒かった!)

☆なんか変!?
プチ情報として、カリフォルニア州内だけの法ですが、7月1日よりフォアグラ販売禁止、違反すれば1000ドル罰金となったそうです。フォアグラといえば、キャビア、トリュフとともに世界三大珍味の一つであるが、動物虐待だという動物保護団体の圧力で、法が成立されたもようです。フォアグラの作り方を知れば、なんとなくわかるような気がするが、牛豚を飼って食べるのとどう違うのか、理解しづらいところがある。カリフォルニア州でフォアグラを食べれなくなるのは、果たしてどうなるだろうかな。

Grand Canyon.JPG
(アメリカ大陸横断ドライブ旅行で寄ったグランドキャニオン、思ったよりスケールが大きかった!)