CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 事業担当者よりお知らせ | Main | イベント »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
テレビ電話(VideoPhone)[2009年10月19日(Mon)]
第4期生の武田です。

アメリカではろう者同士の連絡手段、
会社・個人など健聴者相手にリレー通訳手段としてテレビ電話が使われています。

これはろう者に無償で提供されており、先日私も入手いたしました。
テレビ電話の様子をアップしましたので、ご覧ください。

アメリカの字幕事情:中 「コマーシャルの字幕」[2007年01月03日(Wed)]
 前回のアメリカの番組の字幕事情から、だいぶ間が開いてしまいました。今回はテレビ番組以外の字幕の事情についてお話しいたします。

 私は、眠気防止のためにテレビをつけたまま宿題をやることが多いのですが、しばしばアメリカのCM(コマーシャル)に字幕が入っているのを目にします。アメリカのCMは日本と同じく15〜30秒ほどの短いドラマであり、消費者にわかりやすいように作られています。当然、捻りがきいたCMもあり、こんなオチで商品の説明が十分にできているんだろうかと疑問に思ってしまうこともたびたびあります。それに加えて、番組の時間の関係か、中途半端にCMが切れてしまうことも、度々あります。今回はアメリカのテレビのCMの字幕事情はどのようになっているのかについてお話しいたします。

 アメリカに着いた当初、私はCMに字幕が入っているのを見て、CMにまで字幕を入れてしまうのかと、勝手に感動していた時期があります。しかし、注意深くテレビを見ていると、必ずしもすべてのCMに字幕が入っているわけではありません。どのようなCMに字幕がついているのでしょうか。

 私の見ている範囲では、アメリカンオンライン(AOL:インターネットサービス会社)のCMには必ず字幕が入っています。それ以外にもアメリカで有名な通販のGEICOや、食品、航空会社などのCMにも字幕が入っていました。残念ながら日系企業のCMに字幕が入っているものを見たことはまだありません。

 またCMに字幕がよく挿入されている時間は、日本で言うゴールデンタイムの時間がほとんどのようです。たまに宿題が終わらず深夜までテレビをつけていることがあるのですが、深夜の時間帯のCMに字幕が着いているのはほとんど見たことがありません。前回のテレビの字幕事情でも、深夜の時間帯は普通のテレビ番組にも字幕が入っていないケースが多かったため、できる限り皆がテレビを見る時間に字幕を入れるよう集中させているのでしょう。

 現在アメリカではテレビ番組には字幕をつけなくてはならないという義務が課せられていますが、CMにまで字幕を入れなければならないという規定はないようです。そのため、CMに字幕を入ると言うことは各企業の方針や考え方にゆだねられていると考えることができます。しかし、CMに字幕を入れると言うことは、消費者の一人である聴覚障害者の人々に商品や、その企業のイメージをよりよいものに変えていくことができます。

 日本でテレビのCMで字幕がつくのはいつになるのか分かりませんが、CMにも字幕を挿入してくれる企業が少しでも増えてることを祈っています。
Deafhood[2006年11月28日(Tue)]
I learned about a word, “deafhood” for the first time in a presentation. According to Genie Gertzone, one of three presenters, deafhood means a process, a journey for all Deaf people. It is not a measurement who is Deaf and who is not. It is a process of becoming the best Deaf human being one can become. This presentation made an enormous impact me. In fact, the presentation helped me find my identity again and analyze or examine myself. I began to recognize that I was making a journey to reach my identity thanks to the presentation.

I found my identity by meeting many deaf and hard of hearing people who have different backgrounds in an organization during my university days. Most of the members of the organization are deaf and hard of hearing students who attend hearing universities in Japan. The purpose of the organization is to assist deaf and hard of hearing students to find a reasonable solution under the circumstance where they have no opportunities to receive services such as sign language interpreters.

After graduating from university, I did not join in any organizations for deaf and hard of hearing for a few years because I had to study laws to prepare for the National Bar Examination in Japan. But, I came to increase my stress as the days went by because I did not get in touch with any deaf community. I had forgotten the importance and the necessity of involving in deaf community during those days.

I had been away from a deaf community until I came to Gallaudet University in fall 2005. Although I wanted to continue to analyze myself as I used to do in my university days, it had not been easy for me to do it. But, I could find my identity again thanks to deaf community at Gallaudet University. I learned that deaf community helps me keep on maintaining my identity. Also, I learned that deaf community gives me many opportunities to analyze myself such as the presentation.

So, I will keep in mind the word “deafhood” and its meaning and continue my own journey into the deaf world. Also, I will be involved with some organizations for deaf and hard of hearing people after leaving the deaf community at Gallaudet University.

By the way, I want to mention the Gallaudet Protest. To tell the truth, I had not been interested in it before school was closed by some students who did not support Jane K. Fernandes who would take office in January 2007 as Gallaudet’s ninth president. At first, it seemed to me that they just were complaining about the new president because of not their taste. Also, I thought that the protest would end without being settled soon. I did not expect that some students took action against the new president in this fall. However, as the days passed, I was aware of something to change in my mind. Why do they oppose to the new president? What are reasons why they do not support her? Why is not she suitable as the new president? What is she lacking for a deaf leader? What is required of a deaf leader for? Such many questions have crossed my mind since school was transiently closed. Sometimes, these questions caused by the protest movement are stressful to me. I have not found the answers to these questions yet, but I began to consider that Jane K. Fernandes was not worthy of the next president. So, I decided to take part in the protest parade last Saturday.

During I paraded toward the capitol, I talked with my friends. The topics of our conversation were not only about the next president, but also about our personal matters. I noticed a difference in a characteristic between a parade by deaf people and other demonstration parades in general. Oppression that deaf people have experienced is difficult to be recognized in society. A deaf parade seems to be a kind of festivals when I judge it from the outside only. On the other hand, other minority groups tend to hold general demonstration parades, expressing their serious faces. I can catch a glimpse of deaf culture from such an appearance of a deaf parade. When we arrived at the capitol, we held a big meeting. When some speakers made speeches about the next president, they expressed their thought by showing their serious faces. Oppression that deaf people have experienced could not be recognized during their parade, but it could be recognized in their speeches. That is the difference between deaf people and other minority groups.

I want to come back to topic “deafhood.” What I learned in the presentation can be applied to what I experienced in the past, what I am experiencing now and what I will experience in the future. I have thought that people, who were born from deaf parents or have grown up in deaf school and also use sign language as their first language, can live together in deaf community while people, who were born from hearing parents or have grown up to attend hearing school and also communicated in an oral method, are outside of the deaf community. But, I have believed that deaf people can find their identity even though they have grown in hearing world such as hearing school and hearing family. It is that because “deaf is deaf.” From the point of view of oppression, deaf people who have grown up in both environments should have experienced same oppression. I think that maybe a difference can be seen with regard to how to interpret this circumstance between both sides. But, when we try to improve the oppression, we need to discuss about it on the point of view of “deafhood.”

In my opinion, the arrival of “deafhood” gives hope and courage to deaf people who found their identity in adulthood, and also implies that deaf people always have to analyze theirselves as long as they live even though they have grown up in the deaf world such as deaf school and deaf family. I believe that having a journey into deaf world sometimes causes us stress, but causes us finding life worth living, too. I strongly expect that “deafhood” will penetrate into other countries as well as the United State, and play an important role in society. Also, I cannot help to dream that deaf people all over the world will push their oppression out to acquire equality with hearing people some day.
アメリカの字幕事情:上 「新聞のテレビ番組表から消えたものとは」[2006年08月30日(Wed)]
 アメリカと言えば、ほとんどのテレビ番組に字幕がついていて、聴覚障害者でもテレビ番組が楽しめる環境が整えられているという話を皆さんはよく聞いていると思う。実際、アメリカのテレビをつければほとんどのテレビで字幕が流れており、めったに困ることはない。かという私もその恩恵にあずかっており、ニュースやテレビドラマを見るときには常に字幕を目で追い続けている。

 さて、ここからが本題である。手話の授業での一コマでろう文化について学ぶという授業があった。その中でろうの教員が私たちに二つのテレビ番組表を提示し、どちらが現在使用されているテレビ番組浄化という質問をしてきました。良く見てみると、一つはテレビ欄に字幕(CC)と書いてあるもの、もう一つはテレビ欄には字幕の表示がないものである。そこで教員から質問が。どちらが新しいテレビ番組表でしょうかと。

 私は日本での経験から字幕ありと書いてある物が新しい新聞記事ではないかと考えたのだが、答えは、テレビ欄に字幕という表示がないものが現在のアメリカの新聞テレビ欄である事が判明した。後日いくつかの新聞を手にとって確認してみたところ、確かにテレビ欄に字幕という表示がないのである。なぜアメリカのテレビ番組表から字幕という表示が消えてしまったのでしょうか。

 それは、ほとんどのテレビ番組に字幕がついているため、現在は字幕という表示を出す必要がなくなったのである。すなわち、テレビに字幕がついているのは当たり前というのが現在のアメリカ人の認識であり、一般的にも広く普及していると言うことが伺える。また字幕は聴覚障害者のためだけにあるものではなく、移民の子供達が英語を学んでいくと言う意味での字幕表示という側面があると言うことが日本とは違う点である。それに加えて、アメリカではある一定以上の大きさのテレビ(19インチ以上)には必ず字幕デコーダーをつけなくてはならないという決まりがもある。さらには、公共の場所に設置されるテレビには1台だけでも必ず字幕表示で流すように設定しておかなくてはならない。例を挙げると、私の留学中のRIT・NTIDの大学のジムには10台以上のテレビが設置されているが、すべてのテレビに字幕が流れている。このようなことから、字幕に対する意識はアメリカ人の中に浸透していると言うことが理解できる。

 しかし必ずしもすべてのテレビ番組に字幕がついているわけではない。5月に行ったケンタッキー州のホテルでの経験です。夕方に竜巻襲来のため外に出てはいけないという緊急ニュースが流れていました。しかし、緊急時であったためかそのニュースには字幕が表示されておらず、私を含めた聴覚障害者は現在の状況を把握できずにいました。その時にたまたま近くにいた手話通訳者がニュースの音声を聞きながら直接通訳を行ってくれた関係で、私たちは竜巻の襲来についての情報を得ることができました。また、時に流れてくる字幕の文字が化けてしまい、訳の分からない文字の羅列が流れ続けることもある(これは日本でもたまにありますが・・・)。このような状況に直面することはあるのもの、字幕に関して言えば日常生活では困らないほど、十分にサポートされているといえるでしょう。

次回は、ほかの側面から字幕事情について追っていきます。