• もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« コメント返信 | Main | アメリカ生活こぼれ話 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
■連載■海外留学奨学金 担当役職員のつぶやき<Part.13>[2024年02月26日(Mon)]
■連載■海外留学奨学金 担当役職員のつぶやき<Part13>

『日本財団聴覚障害者海外留学奨学金』を知って欲しい!と担当理事と事業担当者の2人が、事業のこと、募集のこと等を不定期につぶやいています。

キャプチャ.JPG

Nami_吹き出しなし35.jpg新型コロナやインフルエンザの患者数がまた増加傾向みたい。気を付けないとね。

Nemo_吹き出しなし35.jpgそういえば、風邪ひいた時って何を食べますか?奨学生に海外の様子を聞いてみました。米国では、鶏肉と野菜で作るチキンスープを食べるそうです。解熱効果や症状緩和作用があるのですって。

Nami_吹き出しなし35.jpg栄養満点って感じで風邪も一発で治りそう。

Nemo_吹き出しなし35.jpg英国では、hot toddy(ホット・トディ:ウイスキーにレモン果汁や蜂蜜、お湯を加えたもの)を飲んだりもするそう。風邪の特効薬として知られているそうですよ。

Nami_吹き出しなし35.jpg美味しそう、想像しただけで身体が温まるわぁ。

Nemo_吹き出しなし35.jpgですよね。身体を温めた後は、しっかりと睡眠をとる!これは万国共通ですね。

Nami_吹き出しなし35.jpg花粉の季節にもなるし、体調管理はしっかりと!


かわいい日本財団聴覚障害者海外奨学金事業かわいい
2024年度第21期生募集は、2024年4月に日本財団からの助成が正式に決定した後、実施が確定します。
お問い合わせ等は常時受け付け中。
■お問い合わせ先/ 本事業専用Email:ryugaku★npojass.org
 (ご利用の際は、「★」記号を「@」に置き換えください)

<参考>2023年度 第20期生募集要項
20th_Flyer300.jpg
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/1398


かわいいホップ・ステップ・ジャンプ!かわいい
〜日本財団聴覚障害者海外奨学金事業の成果〜として、支援修了した奨学生達へのインタビュー記事を掲載しています。こちらからご覧ください。
https://www.npojass.org/hopstepjump


事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 18:35 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
ホップ・ステップ・ジャンプ!〜奨学生たちの躍進〜[2024年02月26日(Mon)]
ホップ・ステップ・ジャンプ!〜奨学生たちの躍進〜

日本財団聴覚障害者海外留学奨学金事業は、2004年にスタートして20年になりました。これまでに計26名が海外留学を修了し、帰国後、留学で学んだ分野を中心に、ろう教育や情報コミュニケーション支援、相談支援、専門研究など各分野で当事者リーダーの一人として活躍しています。そんな奨学生たちの様子を不定期にご紹介していこうと思います。

●山本 芙由美さん(11期生)●
「ろうLGBTQ+サポートブック第3号」(右写真)を発刊ほか、精力的に活動中
Deaf LGBTQ Center代表として日々活躍する中、10年の歳月を経て、2024年1月、ついに第3号発刊となりました。今回は、多様な性の手話表現の拡大やろうLGBTQ運動10年の歩み、当事者へのインタビュー等が掲載されており、紙面・WEB(ダウンロードも可能)から読むことができます。

ダウンロードできます↓
https://sites.google.com/view/deaflgbtqbook/home/2024
WEB版↓
https://sites.google.com/view/deaflgbtqbook

              
また、『季刊みみ第182号(2023年冬季号)』(全日本ろうあ連盟発行)の特集「考えよう、 ろうLGBTQ+の生きづらさ」の座談会にも参加し、当事者からの意見を語っています。

この他にも、2024年2月11日に京都で開催された「さがの映画祭特別企画第2部シネマトーク」にファシリテーターとして手腕を振るう等各方面で活躍しています

かわいい日本財団聴覚障害者海外奨学金事業かわいい
2024年度第21期生募集は、2024年4月に日本財団からの助成が正式に決定した後、実施が確定します。
お問い合わせ等は常時受け付け中。
■お問い合わせ先/ 本事業専用Email:ryugaku★npojass.org
 (ご利用の際は、「★」記号を「@」に置き換えください)

当協会ホームページには、
かわいいホップ・ステップ・ジャンプ!〜日本財団聴覚障害者海外奨学金事業の成果〜かわいい
支援修了した奨学生達へのインタビュー記事を掲載しています。
留学で何を学び、何を目指し活動しているのかなどを読むことができます。
合わせてご覧ください。

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 17:27 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
オンラインワークショップ・英語の資格試験にチャレンジ![2024年02月26日(Mon)]
ひらめき参加者募集ひらめき
オンラインワークショップ 英語の資格試験にチャレンジ!


海外留学や留学奨学金事業をもっと知ってもらおうと、ついに新企画オンラインワークショップがスタートです!留学といえば、やはり一番気になるのは”英語”。初回の今回は、出願時に提出が求められる英語の資格試験を取り上げます。英語の資格試験と言えば、英検、TOEFL、TOEIC、IELTSの他、留学先の各大学が実施するレベルテスト等さまざま。英語教育を学習してきた留学経験者が、みなさんの英語学習をサポートします。
海外留学に関心を持つろう者、難聴者のみなさまの参加をお待ちしています。

Photo1.jpg
---------------------------------------------------------
オンラインワークショップ 英語の資格試験にチャレンジ!
日 時:2024年3月30日(土)午前10時30分〜12時
コーディネーター:秋山なみさん(当協会会長、米国留学)
         大西啓人さん(16期生、米国留学)
---------------------------------------------------------
1、方 法:オンライン(Zoomミーティング)*カメラオンでのご参加となります。

2、対象者:海外留学に興味を持つろう者・難聴者及びその関係者

4、参加申込条件:18才以上、留学に関心のある、パソコンでZoomが使える

5、定 員:10名

6、参加費:無料

7、申込方法:申込画面(クリックすると申込画面に変わります)からお申込みください。

8、申込〆切:*3月25日(月)まで*
       お申込頂いた後に、後日、事務局より受付完了メールをお送りします。

9、その他:全体を通しては、日本手話で話します。(日本語音声通訳なし、字幕なし)

*オンラインのため、回線トラブルの場合はご容赦ください。
*アーカイブ配信ありません。    

かわいい日本財団聴覚障害者海外留学奨学金事業かわいい
2024年度第21期生募集は、2024年4月に日本財団からの助成が正式に決定した後、実施が確定します。
お問い合わせやご相談等は常時受け付け中。
■お問い合わせ先/ 本事業専用Email:ryugaku★npojass.org
 (ご利用の際は、「★」記号を「@」に置き換えください)

当協会ホームページには、
かわいいホップ・ステップ・ジャンプ!〜日本財団聴覚障害者海外奨学金事業の成果〜かわいい
支援修了した奨学生達へのインタビュー記事を掲載しています。
留学で何を学び、何を目指し活動しているのかなどを読むことができます。
合わせてご覧ください。

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 16:52 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
第20期留学奨学生の紹介[2024年02月09日(Fri)]
第20期留学奨学生の紹介

2023年度の第20期留学奨学生募集選考において、候補者として選出された1名が、2024年1月から奨学生の一員として仲間入りしました。新奨学生をご紹介します。

Photo2-1.jpg
第20期 留学奨学生
森本 恵実(もりもと えみ)

留学目標:ろう者への第ニ言語としての日本語習得の支援
留学先 :崇実大学 人文学部 日語日文学科
     韓国 ソウル特別市

よろしくお願い致します。

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 09:00 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
オンライン✕手話でアメリカ留学を体験しよう!2024 [2024年01月15日(Mon)]
ひらめき参加者募集ひらめき
オンライン✕手話でアメリカ留学を体験しよう!2024


留学奨学生同窓会による第2回目の体験ツアー開催が決定しました!
オンライン(Zoomミーティング)を利用して、みなさんをアメリカ留学の世界へお連れします!
現地学生や教員との交流を通じてアメリカ留学を体験してみませんか?
これまで留学した大学の修了生達が登壇して留学の本音トークもあります。
留学に対するイメージや目標の具体化に繋げていきませんか。

海外留学に関心を持つろう者、難聴者のみなさまの参加をお待ちしています。

加工.jpg
---------------------------------------------------------
オンラインでアメリカ留学を体験しよう!
---------------------------------------------------------
1、日 時:2024年3月23日(土)午前10時〜2時30分(昼休憩あり)

2、方 法:オンライン(Zoomミーティング)*カメラオンでのご参加となります。

3、内 容:・米国ギャロデット大学バーチャルツアー
      ・ギャロデット大学の学生や教員との交流
      ・同窓会メンバーによる留学座談会&留学説明会

4、対象者:海外留学に興味を持つろう者・難聴者及びその関係者

5、条 件:パソコンでZoomが使える、最低1つは質問ができる

6、定 員:50名程度

7、参加費:無料

8、申込方法:申込画面(クリックすると申込画面に変わります)からお申込みください。

9、申込〆切:*3月15日(金)まで*
       お申込頂いた後に、アクセス方法等をご案内いたします。

10、その他:全体を通しては、日本手話で話します。(日本語音声通訳なし、字幕なし)
      現地学生や教員との交流はASL(アメリカ手話言語)で話します。
      (同窓会メンバーによる日本手話サポートあり)

*オンラインのため、回線トラブルの場合はご容赦ください。
*アーカイブ配信ありません。

Photo.JPG
写真をクリックすると、チラシPDFが開きます

かわいい日本財団聴覚障害者海外奨学金事業かわいい
2024年度第21期生募集は、2024年4月に日本財団からの助成が正式に決定した後、実施が確定します。
お問い合わせ等は常時受け付け中。
■お問い合わせ先/ 本事業専用Email:ryugaku★npojass.org
 (ご利用の際は、「★」記号を「@」に置き換えください)

当協会ホームページには、
かわいいホップ・ステップ・ジャンプ!〜日本財団聴覚障害者海外奨学金事業の成果〜かわいい
支援修了した奨学生達へのインタビュー記事を掲載しています。
留学で何を学び、何を目指し活動しているのかなどを読むことができます。
合わせてご覧ください。

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 19:35 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
ホップ・ステップ・ジャンプ!〜奨学生たちの躍進〜[2024年01月12日(Fri)]
ホップ・ステップ・ジャンプ!〜奨学生たちの躍進〜

日本財団聴覚障害者海外留学奨学金事業は、2004年にスタートして20年になりました。これまでに計26名が海外留学を修了し、帰国後、留学で学んだ分野を中心に、ろう教育や情報コミュニケーション支援、相談支援、専門研究など各分野で当事者リーダーの一人として活躍しています。そんな奨学生たちの様子を不定期にご紹介していこうと思います。

●岡田 孝和さん(3期生)●
第19回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウムでコメンテーターを担当
昨年11月に茨城県つくば市で開催された第19回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(主催:筑波技術大学、日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク/PEPNet-Japan)の全体会「一人ひとりの聴覚障害学生の”ニーズ”を支える」において、コメンテーターの一人として登壇し、大学でコーディネーターを務める立場から発言しました。

全体会の内容は、「今、大学での学びの形態が多様になり、聴覚障害学生が学ぶために必要な環境整備も、学生一人ひとり、授業一つひとつに応じたニーズの把握が求められています。『ノートテイカーを配置する』という従来のノウハウだけに頼るのではなく、一人ひとりの学びをきちんと支えるためにはどうすればよいか、学生やコーディネーターとのディスカッションを通して考えます。」というものでした。(シンポジウムサイトからの引用)

PPT3.jpg
                   当日の様子(写真提供:シンポジウム事務局)

同シンポジウムには、昨年は太田琢磨さん(1期生)が事例紹介を行うなど日本の高等教育の現場の第一線で活躍する岡田さん、太田さんの二人は度々登壇して、その力をいかんなく発揮しています。

現在、第19回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウムの当日映像が、期間限定で公開されています。
・全体会およびセミナー
・1月31日まで配信(現在公開中です)
・視聴申込先:第19回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム事務局
 https://www.pepnet-j.org/seminar_symposium/symposium/2023symposium


かわいい日本財団聴覚障害者海外奨学金事業 2024年度の募集開始は2024年4月かわいい
お問い合わせ等は常時受け付け中。
■お問い合わせ先/ 本事業専用Email:ryugaku★npojass.org
 (ご利用の際は、「★」記号を「@」に置き換えください)

当協会ホームページには、
かわいいホップ・ステップ・ジャンプ!〜日本財団聴覚障害者海外奨学金事業の成果〜かわいい
支援修了した奨学生達へのインタビュー記事を掲載しています。
留学で何を学び、何を目指し活動しているのかなどを読むことができます。
合わせてご覧ください。

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 11:42 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
■連載■海外留学奨学金 担当役職員のつぶやき<Part.12>[2023年12月28日(Thu)]
■連載■海外留学奨学金 担当役職員のつぶやき<Part12>

『日本財団聴覚障害者海外留学奨学金』を知って欲しい!と担当理事と事業担当者の2人が、事業のこと、募集のこと等を不定期につぶやいています。

キャプチャ1.jpg

Nami_吹き出しなし35.jpg2023年も残りわずか。今年の年末年始はお家で静かにのんびりと過ごそうかなと。

Nemo_吹き出しなし35.jpg大掃除をして年越しそば、初詣に行っておせち料理、これぞ日本文化ですね。海外はどんな感じでしょう?

Nami_吹き出しなし35.jpg日本のような年末年始休暇がなかったりするから、大晦日にパーティやイベント等で賑やかに過ごすわね。

Nemo_吹き出しなし35.jpg米国ニューヨークシティのタイムズスクエアの盛り上がりようは世界中に中継されますね!

Nami_吹き出しなし35.jpg英国だとロンドンのビッグベンが有名よ。除夜の鐘と盛大な花火で新年を迎えるの。

Nemo_吹き出しなし35.jpg留学先で年末年始を過ごして異文化体験を楽しむ。これも留学の醍醐味ってことですね。

Nami_吹き出しなし35.jpgみなさんも健康に気をつけて年末年始を乗り切りましょう!


かわいい日本財団聴覚障害者海外奨学金事業 2024年度の募集開始は2024年4月かわいい
お問い合わせ等は常時受け付け中。
■お問い合わせ先/ 本事業専用Email:ryugaku★npojass.org
 (ご利用の際は、「★」記号を「@」に置き換えください)

<参考>2023年度 第20期生募集要項
20th_Flyer300.jpg
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/1398


かわいいホップ・ステップ・ジャンプ!かわいい
〜日本財団聴覚障害者海外奨学金事業の成果〜として、支援修了した奨学生達へのインタビュー記事を掲載しています。こちらからご覧ください。
https://www.npojass.org/hopstepjump


事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 00:00 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
ホップ・ステップ・ジャンプ!〜奨学生たちの躍進〜[2023年12月11日(Mon)]
ホップ・ステップ・ジャンプ!〜奨学生たちの躍進〜

日本財団聴覚障害者海外留学奨学金事業は、2004年にスタートして20年になりました。これまでに計26名が海外留学を修了し、帰国後、留学で学んだ分野を中心に、ろう教育や情報コミュニケーション支援、相談支援、専門研究など各分野で当事者リーダーの一人として活躍しています。そんな奨学生たちの様子を不定期にご紹介していこうと思います。

●西 雄也さん(12期生)●
情文センターだより12月号(動画版)にインタビュー出演
東京・目黒にある情報提供施設・聴力障害者情報文化センターが毎月発行しているセンターだより(12月号/動画版)では「海外留学」をテーマに取り上げ、留学経験者へのインタビューを行うことになり、12期生の西さんが収録に挑みました。

Photo3.jpg
センターだより(12月号/動画版)     撮影前のリハーサルの様子、西12期生(左)、
   (画像をクリック)          インタビュアーの海老塚情文センター副施設長(右)

「留学について十分に伝えきれていない部分もいくつかありますが、基本的なことはいくつか伝えられたかなと。留学生活の大変さや楽しさは人それぞれ違う視点や経験があるので、いろいろな人の体験談を聞きながら、留学ができるかどうかなどを考えていただけたらと思います。」と西さん。
インタビューでは、海外留学を考え始めたきっかけ、海外留学に向けた準備、実際に留学して感じたこと、留学したい方へのアドバイス等など海外留学の魅力などを語りました。視聴者の方々の海外留学にチャレンジしてみようという気持ちを後押しするお手伝いに繋がりますように。

ひらめき情文だより12月号(動画版)
西12期生のインタビューは、約10分間。
・聴力障害者情報文化センター
 http://www.jyoubun-center.or.jp/
 *スクロールした「聴覚障害者情報提供施設」内にあります。
・12月号(動画版)のYoutubeアドレス
 https://www.youtube.com/watch?v=cF573LBteTA

かわいい日本財団聴覚障害者海外奨学金事業 2024年度の募集開始は2024年4月かわいい
お問い合わせ等は常時受け付け中。
■お問い合わせ先/ 本事業専用Email:ryugaku★npojass.org
 (ご利用の際は、「★」記号を「@」に置き換えください)

当協会ホームページには、
かわいいホップ・ステップ・ジャンプ!〜日本財団聴覚障害者海外奨学金事業の成果〜かわいい
支援修了した奨学生達へのインタビュー記事を掲載しています。
留学で何を学び、何を目指し活動しているのかなどを読むことができます。
合わせてご覧ください。

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 16:38 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
ホップ・ステップ・ジャンプ!〜奨学生たちの躍進〜[2023年12月07日(Thu)]
ホップ・ステップ・ジャンプ!〜奨学生たちの躍進〜

日本財団聴覚障害者海外留学奨学金事業は、2004年にスタートして20年になりました。これまでに計26名が海外留学を修了し、帰国後、留学で学んだ分野を中心に、ろう教育や情報コミュニケーション支援、相談支援、専門研究など各分野で当事者リーダーの一人として活躍しています。そんな奨学生たちの様子を不定期にご紹介していこうと思います。

●川俣郁美さん(5期生)●
「東京2025デフリンピック」応援アンバサダーに就任
2025年11月に日本初開催となる「東京2025デフリンピック」。
大会の認知度や関心を高め、共生社会の理解促進に繋げるため、大会PRを担当する大会アンバサダーの一人に、5期生として米国留学した川俣郁美さんが選出されました。
Photo.jpg

「同じろう・難聴の子ども達やその家族、そして周りの人達が、少しでも聞こえないことに対する不安やマイナスイメージを払拭できるよう、デフリンピックのみならず手話やろうコミュニティの魅力、ろうだからこそ経験できた前向きなメッセージを発信していきたいです!」と意気込みを寄せてくれました。

大会本番までの期間、イベントやSNS等で幅広く大会PR活動を担当します。
早速、さまざまなメディアに登場しています。一部をご紹介します。

ひらめきTOKYO FORWARD 2025サイト
 アンバサダーのみなさんのムービーメッセージ
 https://www.tokyoforward2025.metro.tokyo.lg.jp/news231120/

ひらめきEテレ#ハートネットTV #ろうなん増刊号 デフリンピック・音楽・料理
 川俣さんの紹介、インタビュー
 初回放送:2023年11月29日(水)午後8時〜8時30分
 再放送 :2023年12月10日(日)午前1時15分〜1時45分
 https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/2555/

当協会ホームページには、
かわいいホップ・ステップ・ジャンプ!〜日本財団聴覚障害者海外奨学金事業の成果〜かわいい
支援修了した奨学生達へのインタビュー記事を掲載しています。
留学で何を学び、何を目指し活動しているのかなどを読むことができます。
合わせてご覧ください。

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 13:15 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
■連載■海外留学奨学金 担当役職員のつぶやき<Part.11>[2023年11月02日(Thu)]
■連載■海外留学奨学金 担当役職員のつぶやき<Part11>

『日本財団聴覚障害者海外留学奨学金』を知って欲しい!と担当理事と事業担当者の2人が、事業のこと、募集のこと等を不定期につぶやいています。

キャプチャ1.jpg
Nami_吹き出しなし35.jpg最近、ますます円安が進んでいるわね。留学奨学生たちの生活にも影響はあるのかしら?

Nemo_吹き出しなし35.jpg学費や生活費は現地通貨で支給しているので、留学奨学生への円安影響は比較的少ないのですが、現地価格を円換算すると、やはり高く感じますね。

Nami_吹き出しなし35.jpg例えばどんな感じかしら?

Nemo_吹き出しなし35.jpg世界のさまざまな町に店舗があるマクドナルドのビックマックの値段を、奨学生に協力してもらって比較してみました。日本・東京が500円、米国・ワシントンDCは$8.19(約1,227円)、英国・ロンドンは£4.99(約909円)でした。(2023年10月18日時点)

Nami_吹き出しなし35.jpgえ〜っ、日本の2倍?!手軽には食べられないわ。

Nemo_吹き出しなし35.jpgでも、スターバックスのドリップコーヒー(Tallサイズ)は、こちらは上記3都市共ほぼ同価格帯だったんです。

Nami_吹き出しなし35.jpgそうなんだ、商品によって差があるのね。

Nemo_吹き出しなし35.jpg他にもへぇ〜って思うことがありました。またの機会に紹介しますね。

*英国のエコノミスト誌が毎年発表する経済指標”ビッグマック指数”を参考にして、価格比較に取り上げました。


かわいい<参考>2023年度 第20期生募集要項かわいい
20th_Flyer300.jpg
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/1398


かわいいホップ・ステップ・ジャンプ!かわいい
〜日本財団聴覚障害者海外奨学金事業の成果〜として、支援修了した奨学生達へのインタビュー記事を掲載しています。こちらからご覧ください。
https://www.npojass.org/hopstepjump


事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 09:56 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
| 次へ