• もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« コメント返信 | Main | アメリカ生活こぼれ話 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
オンラインでアメリカ留学を体験しよう!2022、無事終了[2022年10月31日(Mon)]
オンラインでアメリカ留学を体験しよう!2022、無事終了

【留学奨学生同窓会による初企画】
10月8日、9日の2日間計5時間にわたり、Zoomミーティングを利用して、アメリカ留学体験を実施しました。
当日は、高校生を中心に大学生や社会人の方々が参加。1日目は、交流や講義で使用するASL学習に始まり、ギャロデット大学構内や奨学生達の学生生活を紹介したキャンパスツアー、現在ギャロデット大学にいる現役奨学生や同窓会メンバーとの交流を行いました。初めて学ぶASLに、難しい〜、覚えるのが大変、でも楽しい等といった感想も。この日の学習を踏まえて、2日目はいよいよ現地ろう学生との交流。昨日覚えたASLを駆使して、時には通訳サポートする同窓会メンバーの手を借りながら、ドキドキしながら積極的にコミュニケーション。その後にオーロニ大学のThomas Holcomb教授のミニ講義「ろう文化について」をASL-JSL通訳付きで受講してグループディスカッション、と盛りだくさんの内容となりました。終了後には、参加者同士の輪も出来、全国にいる同じ目標を持つ人同士の情報交換にも繋がりました。
ご参加いただいたみなさん、2日間のプチ留学を満喫していただけたでしょうか。
次回の企画もお楽しみに。


第16回留学奨学生帰国報告会は、11月23日(水・祝)に開催します。
会場は、京都・全国手話研修センター、およびオンラインです。
これから留学をする/留学を希望している方、アメリカの状況を知りたい方など、多くのみなさまの参加をお待ちしています。
かわいい参加申込み、ただいま受付中ですかわいい
詳細はこちら
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/1379


事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 12:04 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
留学奨学生帰国報告会、11月23日(水・祝) 京都で開催です![2022年10月03日(Mon)]
留学奨学生帰国報告会、11月23日(水・祝) 京都で開催です!

毎年、秋から冬にかけて開催している留学奨学生の帰国報告会。
3年ぶりの対面開催に加え、東京以外の地域・京都での初開催が決定しました!

今回の報告者は、米国のギャロデット大学大学院でろう教育(ろう生徒のための英語教育や教材研究)を学んだ第16期留学奨学生の大西啓人さん。英語教育や米国留学体験事例などをお話しします。

会場参加が難しい方のためのオンライン中継も行います。
これから留学をする/留学を希望している方、アメリカの状況を知りたい方など、多くのみなさまの参加をお待ちしています。

Photo00.jpg>
大西16期生(ギャロデット大学チャペルホール前で)   

●大西さんからのコメント●
アメリカで二年間、「英語教育」をテーマに学び、研究してきました。学んだことを皆さんと共有しながら、日本における英語教育に対する考察をお話しします。ろう学校で第二言語として英語を習得させるためにはどのように教えるとよいのか、教員はどんなことを意識しなければならないのかなどについて一緒に考えてみませんか?
また、英語教育のことだけではなく、留学で経験した異文化理解の事例などもお話しして、楽しく聞いてもらえる報告会になるよう努めます。ご参加をお待ちしています!


1、日時
2022年11月23日(水・祝)午後1時30分−4時

2、会場
全国手話研修センター(京都市右京区嵯峨天龍寺広道町3-4)
オンライン視聴あり(アーカイブ配信なし)
*感染拡大など対面リスクが高い場合は、オンラインのみに変更することがあります。

3、留学報告 
テーマ:「日本におけるろう生徒のための英語教育」
報告者:第16期生 大西 啓人
(ギャロデット大学大学院 教育学部修了)
*当日行う留学報告の発表資料の配布はありません。

4、参加費
無料

5、定員
京都会場 :80名程度
オンライン:80名程度
*先着順。定員に余裕がある場合は、〆切以降も受付します

6、その他
・日本手話で報告します。
・日本語音声通訳、文字通訳が付きます。
・見逃し配信(アーカイブ配信)はありません。

かわいい参加申込み、ただいま受付中ですかわいい
申込画面(こちらをクリック)からお申込みください。
またはFax、Eメールで@氏名、Aメールアドレス、B参加方法(京都会場/オンライン)を明記の上、下記までお申込みください。
〆切:11月20日(日)まで
ryugaku@npojass.org(日本財団助成事業・専用受付)
03-3264-8977(Fax)


【ご注意】
お申込み頂いた方には、申込み後2日以内に「受付完了メール」をお送りしています。受付完了メールを受け取られてない方は、お申込み時のアドレスに誤りがあり、メール不達になっている可能性がありますので、お手数ですが、上記アドレスまでご連絡ください。


221123-NF-Flyer1.jpg
(写真をクリックすると、チラシPDFが開きます)

協力:
日本財団聴覚障害者海外奨学金事業留学奨学生同窓会

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 08:15 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
オンラインでアメリカ留学を体験しよう!2022[2022年09月16日(Fri)]
ひらめき参加者募集ひらめき
オンラインでアメリカ留学を体験しよう!2022


海外留学や日本財団海外留学奨学金をもっと知ってもらおうと行うオンライン企画。
今回は、留学奨学生同窓会による初企画
オンラインを利用して、みなさんをアメリカ留学の世界へお連れします!
現地のろう外国人(ろう大学教授、ろう学生)との講義や交流を通して、海外の大学の様子を体験し、留学に対するイメージや目標の具体化に繋げていきませんか。

高校生の方々にもわかりやすい内容で進行をしていきます。
海外留学に関心を持つろう者、難聴者のみなさまの参加をお待ちしています。

online1008.jpg
---------------------------------------------------------
オンラインでアメリカ留学を体験しよう!
---------------------------------------------------------
1、日時と内容
  <1日目>
  2022年10月8日(土)午後1時〜3時
  ASL(アメリカ手話言語)講座&ギャロデット大学・キャンパスツアー

  *2日目の交流会やミニ講義で役立つ基本的なASLを同窓会メンバーが教えます。
  *ギャロデット大学にいる奨学生達が、大学内を紹介します。

  <2日目>
  2022年10月9日(日)午前9時〜12時
  @現地ろう学生との交流会(ギャロデット大学)
  Aミニ講義「ろう者学」 トーマス K ホルコム博士(オーロニ大学教授)

   *トーマス K ホルコム博士(Dr. Thomas K Holcomb)
    ろう者学専門、デフファミリー出身、ロチェスター工科大学(修士号、博士号)

2.方法:オンライン(Zoomミーティング)
     (カメラオンでご参加頂きます)

3.対象者:海外留学に興味を持つろう者・難聴者
      *パソコンでZoomに使える方で、2日間共に参加が出来る方

4.参加費:無料

5、定員:20名程度(先着順)

6、申込方法&申込締切:
  申込画面からお申込みください(クリックすると申込画面に変わります)
  または、Fax、Eメールで、@氏名、Aメールアドレスを明記の上、日本ASL協会まで。
  9月25日(日)まで *定員に余裕がある場合は、〆切後も受付いたします。
  *期限延長して参加申込受付中*
  お申込頂いた後に、アクセス方法等をご案内いたします。

7.その他:・全体を通しては日本手話で話します。
       (日本語音声通訳、字幕付の予定なし)
      ・2日目の現地学生交流とミニ講義はASLで話します。 
       (同窓会メンバーによる日本手話通訳付き)


かわいい参加者 募集中かわいい
flyer1008-1.jpg


事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 11:58 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
■連載■海外留学奨学金 担当役職員のつぶやき<Part.6>[2022年08月30日(Tue)]
■連載■ 海外留学奨学金 担当役職員のつぶやき<Part.6>

『日本財団聴覚障害者海外留学奨学金』を知って欲しい!と担当理事と事業担当者の2人が、事業のこと、募集のこと等を不定期につぶやいています。
Title2.jpg

Nemo_吹き出しなし35.jpg海外留学するには、英語の勉強は必要ですよね?

Nami_吹き出しなし35.jpgどこの国に留学するにしても英語は基本よ。自分に合う、継続できる方法で勉強するのが良いわよ。

Nemo_吹き出しなし35.jpg好きな映画を英語字幕付で繰り返し観て勉強したって先輩が言っていました。英語版ゲームアプリで遊んで学ぼうっと!

Nami_吹き出しなし35.jpgゲームで?!今風なのかな…。日常生活に英語を取り入れてみて。英字新聞読むとか資格試験(英検など)に挑戦するとかね!


【日本財団聴覚障害者海外奨学金事業】
日本やアジア諸国の聴覚障害者の社会的地位の向上、聴覚障害者コミュニティやろう教育機関等の発展を担う聴覚障害当事者リーダーとして活躍することを志す、ろう者・難聴者・(一部の聞こえる人)を支援しています。
2004年に事業が始まって以来、これまでに26名の留学奨学生を海外へと送り出し、現地での学費や生活費の他、開始・終了時の渡航費用等の支援を行ってきました。
参考:2022年度第19期生募集案内
https://www.npojass.org/archives/24366


かわいいホップ・ステップ・ジャンプ!かわいい
〜日本財団聴覚障害者海外奨学金事業の成果〜として、支援修了した奨学生達へのインタビュー記事を掲載しています。こちらからご覧ください。
https://www.npojass.org/hopstepjump


かわいい第16回留学奨学生帰国報告会かわいい
11月23日(水・祝)、京都・全国手話研修センターにて開催が決定!
*詳細は後日掲載します。お楽しみに。

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 08:00 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
第18期 鈴木奨学生、渡米[2022年08月19日(Fri)]
第18期 鈴木奨学生、渡米

8月18日(木)午後、第18期留学奨学生の鈴木美彩さんが、留学先となる米国ワシントンD.C.にあるギャロデット大学に向け、出発しました。
夏休み期間、また留学スタートシーズンとあってか、出発地の成田空港は混雑ぎみ。コロナ禍前の賑わいを取り戻しつつあるようでした。
鈴木さんの留学生活、スタートしましたexclamation

Photo8183.jpg
<夢いっぱいバッグに詰め込み、元気にセキュリティゲートへ>

●鈴木奨学生の出発前コメント
1-1-1.jpg
「18期生の鈴木です。これから出国です。
出発前には多くの方々から応援を寄せて頂き、不安や寂しさを感じていましたが、空港に来て一気に気持ちが高まり、留学への思いを新たにしています。
これから2年間、頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。」


Photo8181.JPG
<ご家族と一緒に>

Photo8182.jpg
<学生時代の友人も見送りに。手話はもちろん”アメリカ”!>

NEW
鈴木18期生の留学生活記録の投稿は、9月上旬から始まります。
お楽しみに〜

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 15:10 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
第18期 田村奨学生、渡米[2022年08月19日(Fri)]
第18期 田村奨学生、渡米

一足早く、6月27日(月)夕、第18期留学奨学生の田村誠志さんが、留学先となる米国ワシントンD.C.にあるギャロデット大学に向け、出発しました。

田村さんの留学生活がスタートしていますexclamation

Photo0627-0.jpg
<この頃の成田空港は、まだまだ搭乗者が少なく落ち着いた雰囲気>

Photo627.jpg
<出発前に 〜カメラの時だけマスクを外して〜>

photo1.jpg
<頑張ってきます!>


NEW
田村18期生の留学生活記録の投稿は、9月上旬から始まります。
お楽しみに〜

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 15:00 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
18期生の日本財団表敬訪問[2022年08月17日(Wed)]
18期生の日本財団表敬訪問

今夏に渡米する18期生の鈴木さんと田村さんの二人が、出発前に日本財団にご挨拶に伺いました。ご多忙の中、お時間を作ってくださった日本財団の笹川会長や職員の皆様、ありがとうございました。

●手話者が容易に学べる手話教材を作りたいと田村誠志18期生
6月28日(月)午前に訪問。笹川会長はあいにく海外出張中でお会いすることが出来なかったのですが、担当職員の方々にご挨拶することが出来ました。
Photo3-1.jpg
田村さんは、「他言語の手話者同士が、お互いの手話言語を学習することで、コミュニケーションがスムーズになり、文化や手話の交流が広がり、仕事やコミュニティ他の向上にも繋がると考えています。言語学の学習を通して、簡単に覚えられる手話の教材作りをしていきたいです。」とこれからの目標を含めて留学に向けた決意を話しました。
日本財団担当職員の方々から、「帰国後、日本での手話教育の普及や、国際交流を広げるための活躍できる人になってもらえることを期待しています。」と励ましの言葉を頂きました。

●ろう者の視点で言語を学びたいと鈴木美彩18期生
7月14日(木)午後、笹川会長へご挨拶に伺いました。
PhotoS1.JPG

鈴木さんは、「小学生の時に読んだ書籍「手話のしくみ」で、手話にルールがあると知り、手話は言語であると自覚しました。手話にはたくさんの情報(要素)があり、一つが欠けても他の情報で補い、意図することを読み取れる。そのしくみを言語学で学び、日本の手話教育へ応用していきたいです。」など米国留学中に学びたいこと、また帰国後にやりたいこと等を話しました。
笹川会長からは、「夢がある話ですね。実現出来るように学んできてください。」と激励の言葉を頂きました。

PhotoS2.jpg
ご挨拶終了後に、笹川会長と記念撮影
左から -日本財団笹川会長、鈴木18期生

いよいよ、渡米です飛行機

事業担当 根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 14:50 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
日本財団笹川会長を表敬訪問[2022年08月04日(Thu)]
日本財団笹川会長表敬訪問

7月21日(木)、昨年11月に留学を修了し帰国した皆川16期生が、本事業の助成元である笹川会長を訪問し、帰国の報告、お礼のご挨拶に伺いました。

皆川さんは、ろう者への医療・看護を米国留学で学び、現在、米国ギャロデット大学の中の健康公平センターで仕事をしながら、日本の国立がん研究センターで研究員を務めるなど米国で学んだろう者に対する健康や医療に関することを日本の中で活かそうと活動しています。

Photo2-1.jpg
当日は笹川会長の計らいで日本財団職員で奨学生の先輩でもある川俣さん(左)も同席

「現在、障害者差別解消法など制度面での整備は徐々に進み、合理的配慮の一環で手話通訳が提供される場面も増えてきました。それでも医療者自身の気づきと対応は欠かせないと考えています。例えば、レントゲン検査は通訳者は同室できないケースが多く、息を吸って吐くといった指示が遠隔で行われます。そこで、レントゲン室の電気を消灯/点灯させる、ろう者に1,2,3と指で数えてもらうなど、お互いがわかる、タイミングを決める必要があります。音声中心の医療機関で、ろう者がどのような感覚、言語体験をしているのか、医療者自身が気づき、臨機応変な対応ができるように、啓発パンフレットを作成中です。少しずつ『気づき』を持った医療関係者が増えていくようにしていきたい。」と報告。
AI-2-1.jpg

笹川会長からは、「世界の障害者のためにどういう活動が出来るかを常に考えながら仕事をしています。みなさんから知識を頂いて活動しているので、遠慮なく言ってください。これから活躍されることを心から願っています。」と激励のことばを頂きました。

Photo10-1.jpg
ご挨拶終了後に、笹川会長と記念撮影
左から -日本財団笹川会長、皆川16期生

事業担当 根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 14:53 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
第18期留学奨学生の紹介[2022年07月21日(Thu)]
第18期留学奨学生の紹介

待望の新奨学生のご紹介です!
2021年度の第18期留学奨学生募集選考において、候補者として選出された2名の留学先が決定し、2022年6月から奨学生の一員として仲間入りしました。
2人の留学生活は、今夏からスタートします。


Photo78.jpg
第18期 留学奨学生
鈴木 美彩(すずき みさ)

留学目標:第一言語と第二言語の比較研究による日本の手話教育への応用
留学先 :ギャロデット大学 大学院 言語学部
     米国 ワシントン D.C.

Photo90.jpg
第18期 留学奨学生
田村 誠志(たむら まさし)

留学目標:手話の空間的特徴を考慮した手話言語の書記法による書記言語の開発
留学先 :ギャロデット大学 大学院 言語学部
     米国 ワシントン D.C.

よろしくお願い致します。

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 00:00 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
第19期留学奨学生 応募受付終了[2022年07月11日(Mon)]
第19期留学奨学生 応募受付終了!

7月10日(日)もって、第19期留学奨学生の全コースの応募を締め切りました。
ご応募、誠にありがとうございました。

Jassy.jpg

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 11:50 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
| 次へ