CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
Main | 奨学生生活記録 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
【自己紹介】第16期生 大西啓人[2020年10月18日(Sun)]
【自己紹介】第16期生 大西啓人

-手話動画-

※内容はブログ記事と同様となっています。
※日本語字幕はついていません。

みなさんこんにちは!
第16期奨学生 大西啓人と申します。この度は日本ASL協会の日本財団助成事業である聴覚障害者海外奨学金事業にて、2020年第16期留学奨学生として選出していただきました。

私の留学テーマは「ろう生徒のためのろう教育および英語教育」です。今回のブログでは以下のことを紹介していきます。

私はだれ?なぜアメリカへ?
私は奈良県出身で、奈良県立ろう学校や関西デフフリースクール「しゅわっち」に通うなど常に手話がある環境で育ちました。大学では英語教師を目指し、英語教育を中心に英語の文化や歴史、言語学などを学んできました。

学生時代はろう学校などの教育現場でろう教育、とりわけ英語教育において大変苦労しました。
大学生になり、初めてろう英語教育において数々の問題があるとわかってきました。

いったいどんな問題を抱えているのか?
様々な問題がある中で私は英語教育で使用される"英語教材”に問題があるのではと考えています。現在ろう学校の英語の授業では教科書、英語教材を用いて行っています。しかしその教科書および教材は元々聞こえる人のために作られ、ほとんどは日本語での説明が多めで構成されています。

しかしろう児童生徒は、日本語での説明を理解する事が難しい上、スピーキングやリスニングによる学習コンテンツは困難であり、私の中に「ろう児童生徒の学びに有効なのか?」と疑問が生まれてきました。

私はスピーキングやリスニングに代用できるアメリカ手話(以下、ASL)でのコミュニケーション、ASLやイラストなどの視覚的教材を多く取り入れた英語教材を用い、英語を楽しみながら学べる授業が最適だと考えています。

9bdf2669e082d95e908e784a029dd1d1--asl-sign-language-american-sign-language.jpg
Photo Oct 18, 11 59 31 AM.jpg
例はこちら↑

アメリカでの教育環境は私が最適だと考えるものと似ています。アメリカでのろう教育問題を議論する場や大学院での学びはきっとたくさんの刺激と己の成長につながると確信しています。
そして、ASLによる英語教育を日本のろう学校に持ち帰るべく沢山のことを吸収したいと考えています。

コロナによる影響
ご存知のとおり、アメリカはコロナ感染者数や死亡者数など世界で一番多いといわれています。ここでは帰国及び入国の際、必ず2週間の自粛待機を要します。また自粛期間後でも外出時はマスク着用などルールがあります。
本来この時世の中、渡米は難しいのですが、留学先であるギャローデット大学で教鞭をとられている高山亨太教授のもとで対面授業を行うカリキュラムを組むことで渡米できました。高山教授のご厚意と大学からの手助けによって渡米できたことを感謝しています。

私は今、メリーランド州にあるカメルーン出身のGregoire Youbaraさんのお宅にホームステイしています。会話がすべてASLなので刺激のある毎日で、アメリカやアフリカ文化を実感できる恵まれた環境にいます。現在、新型コロナウイルスによって、院の授業は高山教授以外すべてオンラインで行っており、自粛生活が続いています。

Photo Oct 18, 11 58 12 AM.jpg
メリーランド州↑

Photo Oct 18, 11 15 06 AM.jpg
Gregoire さんのお宅↑

これからも学習・生活の様子を記録していきますので、応援ご協力よろしくお願いしまするんるん

【今回でお世話になった方について】
Kota Takayama
Ph.D., MSW, LCSW, LP
MSW Program Director
Department of Social Work
Gallaudet University

Gregoire Youbara
M.A.; M.S. Lecturer of French and Spanish
Co-advisor, International Studies Program
Department of World Languages and Cultures
Gallaudet University
Posted by 大西 at 18:23 | 自己紹介/紹介 | この記事のURL
【自己紹介】第16期生 皆川愛[2019年08月27日(Tue)]
こちらの内容は手話の映像でもご覧いただけます。


こんにちは!
第16期奨学生の皆川愛と申します。
テーマは、ろう者への医療・看護ケアです。

私は看護師注射器(血)としてろう者と関わる中で、
医療機関において人権侵害といえるような経験を受けているろう者を目の当たりにしてきました。
例えば、電話ができないと抗がん剤治療を受けられませんと告げられ、
適切に治療を受けられず亡くなったろう者。
この問題は「聞こえないから」「電話ができないから」という理由に集約されるでしょうか。


?なぜろう者学なのか

ろう者学の理論に、Bahan氏(2008) が提唱した感覚的志向(Sensory orientation)があります。
この理論によると、聴者は聴覚・音声的志向に基づいた行動や生活様式が主であるのに対し、
ろう者は視覚・触覚的志向であると言います。
連絡方法=電話という方程式は、聴者が聴覚・音声的志向だからです。
ろう者は、FAXやメールといった視覚的志向に基づいて連絡方法を採用しています。
当たり前ってなんだろう、聴者のやり方が普通で、当たり前なのか。

こうした大衆文化、すなわち聴文化とろう文化にはズレがあります
医療は、このズレに敏感になって提供されるべきと問題意識を持っています。

?私が目指すもの

@ろう者への文化的技術向上トレーニングプログラムの開発
医療場面においてろう者が直面している問題をろう者学の理論を用いて説明しつつ、
これらのズレを縮小すべく、医療者に対するろう文化のトレーニングを行いたいと考えています。

Aろう者を対象にした医療アセスメントツールの開発
また、現状として、診断や治療・ケアの方針を見立てるためのアセスメントは、
日本語で、かつ聴者のやり方で実施されることが多いです。
それによって、ろう者への正確なアセスメントがなされず、症状の悪化や、誤った投薬が起こっています。
そこで、ろう者が正確に診断を受け、治療やケアを受けられるように
日本手話でアクセスできる医療のアセスメントツールの開発を目指します。
このアセスメントツールは病院だけでなく、老人ホームの施設や学校での普及、
介護保険などの申請の評価の一つとして役立てられるようシステムにおける普及も考えています。
ギャロデット大学では、様々なラボ(研究室)がアセスメントツールのアメリカ手話への翻訳を行っています。方法を学び、日本手話に応用できるよう、自分を磨いていきます。

これらの二つの目標達成のために、ギャロデット大学大学院のろう者学で2年学びつつ、
ラボで様々なことを吸収していきます。

応援、ご協力をお願いいたしますかわいい

<参考文献>
本文で紹介したBahan氏の理論です。
Bahan, B. (2008). Upon the formation of a visual variety of the human race. In Bauman, H-D. (Ed.), Open your eyes: Deaf studies talking (pp. 83–99). Minneapolis: University of Minnesota Press.
Posted by 皆川 at 06:10 | 自己紹介/紹介 | この記事のURL
【自己紹介】 13期生 山田茉侑[2017年02月07日(Tue)]



こんにちは。
13期生の山田茉侑と申します。

将来は、ろう学校の乳幼児教育相談の先生になりたいと思っております。

日本では、ろう学校と産科の連携が十分ではない県もあり、親が動かないとろう学校にたどり着きにくい状況にあります。さらに、乳幼児教育相談で働いているろうの先生も少ないです。
一方、アメリカでは、聴覚障害が発見されたときから親支援が始まるまでのシステムが整っており、乳幼児教育相談で働くろうの先生も多いです。

なので、アメリカに留学したら、乳幼児教育相談で実際に働いているろう者と関わりながら、親支援やシステムについてたくさんのことを学びたいと思っております。

皆さま、今後も応援、ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。
【自己紹介】 第13期生 橋本重人[2017年02月06日(Mon)]


こんにちは。第13期生の橋本重人です。

発達障害を併せ持つろう児のサポート方法を学ぶことが今回の留学の目的となります。

私の10年間という、ろう学校教員の経験を通して、今まで関わってきたろう児の中には、聴覚障害だけではなく発達障害を併せ持つ児童たちとも出会いました。彼らからは、よく「自分はできないんだ」「頑張っても無理」という諦念の声が聞かれます。友達や周囲の人との関わりに戸惑いを感じたり、どのように学習を進めていけば良いのかが分からずに、自信を失うケースが少なくありません。

アメリカでは、発達障害の対応方法や教育についての研究が多々なされていると聞きます。そうした環境の中で、発達障害を併せ持つろう児やその保護者のサポート方法を学び、ろう教員としてのより良い技術を習得し、日本に帰ったらアメリカでの経験を生かすことができるよう研鑽していきたいと思います。

今後とも応援・ご協力よろしくお願いいたします。
【自己紹介】 12期生 福島愛未[2016年03月29日(Tue)]



みなさんこんにちは
初めまして
12期生の福島愛未です。

先日、筑波技術大学を卒業しました。
専攻は、建築です。

日本では聴覚障害者の体に合わせた空間が少ないです。
一般的に聴覚障害者の家やろう学校は聴者の空間をベースにしており、
そこにお知らせランプなど情報機器を設置することが多いです。

しかしアメリカでは聴覚障害者の体、文化に合わせた空間作りの
研究(デフスペースデザイン)が進められています。

アメリカに留学するにあたって
聴覚障害者が快適かつ安全に過ごせるよう、デフスペースを学びたいです。

みなさん、今後とも応援・御協力よろしくお願いします。

第12期生の西です。[2016年03月28日(Mon)]



こんにちは。
12期生の西雄也と申します。

私の目標はデフアートの魅力や意義を教育現場等で伝える事です。
留学先では主にデフアートの教育方法を学びたいと思っています。

現在、仕事と両立しながら、留学の準備を進めています。
英語については自分の興味あるテーマをとりあげ、文章を繰り返し読み、過去に学んだことを思い出しながら読んだりしています。
まだまだ心配な事はありますが、頑張って勉強していきます。

皆さん、今後も応援、ご支援の方どうぞよろしくお願いします。
ご挨拶 第11期生 佐藤太信 [2015年05月26日(Tue)]


こんにちは!
11期生 佐藤太信です。
よろしくお願いします。

今年の夏、渡米に向けてASLのレッスン、英語の勉強、他いろいろな研修を受けています。
英語の力が不足しているので、もっと勉強を重ねていきたいと思います。
みなさま、今後とも応援、ご協力よろしくお願い致します。
第11期生 牧谷陽平[2015年05月25日(Mon)]


第11期生の牧谷陽平です。

アメリカへの渡米まで残り2か月になりましたが,
今のところASLのレッスンと合同研修がいろいろ重なっています。
また,地元の活動もありますが,倒れていません。

ASLレッスンはテキスト3冊あるうち,1冊半を終わらせました。
他の2人の留学生はもう3冊目に入っていますが私はまだ2冊目です。
本の内容にとらわれず,アメリカの地理や文化や生活などを
講師の方と話しながら,ASLの勉強を進めています。

一番の問題は英語の勉強です。
高校時代に勉強したのが今では少し助かっていますが,それでも
留学レベルまでには達していません。
これから頑張って勉強していきます。
挨拶【第11期生 山本芙由美】[2015年05月25日(Mon)]
第11期生の山本芙由美です。

早いもので、渡米まであと2ヶ月半と迫ってきました。

約5年前に大阪で習ったASLを思い出しながら、
今回改めてみっちり学んでいるところです。
英語も基本的な文法から勉強しつつ、アメリカから毎日のように発信される
LGBTに関するニュース(英文)を読んだりして、セクシャリティに関する
英語の専門用語をどんどん使えるようにしたいです。

先日(5/24)、ニュースでも大々的に放送されましたが、
アイルランドで国民投票により同性婚が合法的に認められました。
日本でも渋谷区で初めてパートナー条例を(4/13)が可決されるなど、
世界においてLGBT情況は今まさに大きく変わろうとしています。

変化のスピードに流されることなく、ろうLGBTに必要な支援のために
そして、自分の専門性を高めるために、常に考え、行動していきたいです。

【自己紹介】第10期生 山本綾乃[2014年01月22日(Wed)]

 

みなさんこんにちは。
第10期生の山本綾乃です。よろしくお願いします。

私は将来ろう学校の教員を目指しています。
留学目的は、ろう教育と初等教育です。

大学四年間では、教育実習を長く経験し、
自分の力がまだまだ足りない、指導力をもっと磨きたいと感じました。

ろうの子どもたちもみんな一人の人間として、社会できちんと生きていく力があります。
その力を育てる方法についても学びたいです。

みなさんご声援よろしくお願い致します。
| 次へ