CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2016年8月 生活記録 【第12期生 西 雄也】 | Main | 2016年8月生活記録 第10期生 辻功一 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2016年7月生活記録 第9期生 福田桂[2016年08月31日(Wed)]

 ワシントンDC、カリフォルニアから移動し、
7月1日に北西にあるワシントン州シアトルに着陸。

「Tactile Communications(TC)」で長期研修中です。

 全米の「Helen Keler National Center(HKNC)」は、盲ろう者の訓練施設として、ご存じの方も多いですが、「Tactile Communications」とよばれる盲ろう者の訓練施設は、タッチを重視した小規模のトレーニングセンターとして、2014年に創設したばかりです。

 トレーニング先のインストラクターは全員が盲ろうのリーダーの方々です。
 私は、10人目の研修生として受け入れて頂いた。
盲ろう者として経験が長い先生や以前まで研修生だった方と一対一で、直接指導を受けたりしているので、学び多き毎日です。

研修内容:

カンファレンス(面談)
 最初にインストラクターと研修の目標等を計画の設定を行う。

 1.点字
 2.言語(プロ・タクタイル手話)
 3.生活訓練(クッキング、クーリング、フィットネスなどの対応技術)
 4.O&Mトレーニング(白杖を使用した歩行訓練)
 5.個人プロジェクトなど

研修内容について、1週間毎に連絡を受け、例えば、オフィスやライトハウスへ移動する等あり、毎日、過密なスケジュールでした。

《点字》
 点字は、英語と日本語の点字は異なるので、今回は、特別にアルファベットの点字と点字訓練の指導方法を教わった。
IMG_1658.JPG
【写真】点字レッスンの様子
(ブリスターを使用してアルファベットの点字を打っている)

≪フィットネス≫週1回
グリーンレイクで1周ジョギング(2.8km)。
晴眼者の指導とは異なり、タクタイルを活用した独自的な方法で行う。
IMG_7145.jpg
【写真】トレーナーと私
(離れないよう、ひもでつなぎ、互いにタッチし合い、タクタイルでコミュニケーションをとっている)

≪クッキング≫
プロ・タクタイル手話を用いて、研修生と一緒に巻きずしを作った。しかし、巻き方がなかなか伝わらなくて、プロ・タクタイル手話を用いたコミュニケーションの難しさを感じた。
13782221_1595751410717872_1857104116204701791_n.jpg
【写真】盲ろうの方の自宅の台所
後側には、キャピネットと電子レンジがあり、左側にはシンクがある。
前方には、研修生とインストラクターが会話している。その後方には、私がインストラクターにお米を研ぐ方法を説明している。

FACEBOOKのTactile Communicationsのページ(7月18日付)
https://www.facebook.com/tactilecommunications/photos/a.1539231846369829.1073741833.1446981842261497/1595751410717872/?type=3&theater

IMG_7072.jpg
【写真】左からTC創立者のJelica氏、インストラクター(女性、男性)、私
(全員盲ろう)

この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/982
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント