CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2016年7月生活記録 第10期生 辻功一 | Main | 2016年7月生活記録 第10期生 山本綾乃 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2016年7月生活記録 第11期生 山本芙由美[2016年08月05日(Fri)]
だまだ暑い日が続きます。
そして、こんにちは!第11期生の山本芙由美です。

7月は夏休みで日本に一時帰国しました。これまでOhlone Collegeで学校生活を送る中で、アジア系、特に韓国のろう留学生たちと親しくなり、公私ともにサポートし合ったりするようになりました。

彼らと色々お話しする中で、韓国では日本と同じように法律面でのLGBTQAの権利向上が図られているものの、宗教面、ジェンダー面からLGBTQAに対してあまり寛容ではないということがわかりました。
そこで、日本に戻る前に、一度、韓国でのLGBTに関する取り組みを観察したい思い、3日間ほど滞在しました。その後、日本でパートナーや家族と一緒にゆったりとした時間を過ごすことができました。

S__14442500.jpg

(ソウル市明洞でビビン麺を食す)

韓国では幸いなことに聴者のLGBTQA活動家とお会いする機会があり、ネットの翻訳機能をフル稼働させながらの会話のやりとりができました。
その方は長らく活動されているのですが、韓国の特有の課題として、国民の多くがキリスト教を信仰していることからLGBTQAを容認する人々は決して多くないということでした。また、毎年、プライドパレードを実施するにしても保守系、宗教系の団体による妨害があり、日にちを延期させなければならないこともあるそうです。そして、その方はろうLGBTQAに会ったことも、聞いたこともないと言っていました。そのような状況で、韓国のろうLGBTQAの人たちはどのような思いで過ごされているのだろう、と気になっています。

さらに、韓国では日本と同じように性別変更の条件が厳しいということも分かりました。

(韓国と日本で共通している性別変更の条件)
1. 20歳以上であること
2. 結婚歴がないこと
3. 子どもがいないこと
4. 生殖腺がないこと、または生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること
5. 他の性別の性器部分に近似する外観を備えていること 等

そのような条件は、トランスジェンダーの「子どもを産む権利」を奪うことにもつながります。また、戸籍上の性別を変更するため「だけ」に、本意ではない手術をしている人がたくさんいます。

日本や韓国などのアジアでは異性愛中心(Heterosexism)の考えが特徴として強く、そうした社会が彼らを生きにくくさせてしまっています。国連からもそのような状況を改善させるようにと、それぞれの国に忠告通達が送られているのですが、なかなか前進しません。

国連広報センター(LGBT)
http://www.unic.or.jp/activities/humanrights/discrimination/lgbt/

一方、サンフランシスコではトランスジェンダーの人たちが子どもを産み、育てている光景をよく見かけるのですが、日本と韓国のような状況からみて、とてもアンビバレントです。

さて、ご報告が遅れましたが、8月末よりGallaudet University International Student Special Program(ギャロデット大学国際特別生プログラム)に進学することになりました。
このプログラムを受けることで、それぞれの学部にあるLGBTQA、セクシャリティー、多様性に関連したクラスを履修することが可能となります。
また、Gallaudet University内にあるLGBTQA Resource Center(LGBTQAリソースセンター)での研修、企画にも積極的に参加し、ろうLGBTQA支援について考え、多くのことを吸収したいと思っています。

今後ともご支援のほど、宜しくお願いいたします。

S__14442534.jpg

(近所の冷たいプールで涼む、わたしとパートナーの諒さん)

この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/970
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント