CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2016年5月生活記録 第9期生 瀧澤泉 | Main | 2016年5月生活記録 第7期生 中川美幸 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2016年5月生活記録 第10期生 山本綾乃[2016年06月17日(Fri)]

立ちの季節、5月。

一年間お世話になった第7期生の中川美幸さんが、13日にギャロデット大学を卒業されました。
学部専攻が同じであったことから、多くのアドバイスをいただけ大変心強かったです。ありがとうございました。
IMG_8461.JPG
IMG_8470.JPG
(卒業式、第7期生中川美幸さんと)

◯教育実習
5月上旬に、5週間お世話になったメリーランドろう学校のみなさんとお別れしました。
小学部や幼稚部それぞれに日本文化やろう学校についてお話させて頂きました。
最後には折り紙(コマ)をプレゼントし、子どもたちも嬉しそうでした。
IMG_8463.JPG
IMG_8471.JPG
(お世話になった子どもたち、先生方と)

少し時期がずれますが、4月22日はアースデイ(地球の日)でした。
これは、地球や環境のことを考え、美しい自然環境に感謝する日です。
子どもたちの作品がユニークだったので紹介します。
IMG_8472.JPG


◯授業
アメリカは5月が年度末となります。そのため、大学も学期末テスト週間がありました。
言語獲得のクラスのマリベル先生(教育学部長でもある)の問題の出し方がユニークで、
ろう教育会議でのプレゼンを想定して、早期教育の言語獲得について講演をするための原稿を書くという形でした。
レポートを10枚書くという最終課題でしたが、予想以上の好評価を頂くことができ嬉しかったです。
レポートは堅苦しい書き言葉の書き方ではなく、実際の講演の読み原稿のような話し言葉形式だったので、楽しみながら書くことができました。


◯一時帰国
夏休みに入り日本へ一時帰国し、誕生日を迎えました。
卒業した群馬大学へ久しぶりに顔を出したところ、後輩がサプライズパーティを開いてくれました。

何年経っても、心から歓迎してくれる教授や仲間がいることに感謝です。
IMG_8473.JPG


また新たな気持ちで、将来へ向かって旅立っていこうと決心した月でした。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/951
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント