CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2016年4月生活記録 第10期生 山本綾乃 | Main | 2016年4月生活記録 第11期生【牧谷陽平】 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2016年4月生活記録 第11期生 山本芙由美[2016年05月21日(Sat)]
んにちは!第11期生の山本芙由美です。

4月は春学期終了間近ということで、授業のスピードが速くなったりしましたが、
なんとか追いつきながらやり過ごしています。

そして、わたしは元気です。

今日もリーディングは読解力を高める練習、ライディングはFrederick Douglass(フレデリック・ダグラス)氏の黒人解放運動にまつわる自伝本を読んでエッセイを書く練習が続きました。
グラマーはInfinitiveとGerundの違い、Parallel Structureを習ったりしました。

また、友達からのお誘いでQeer Women's ASL(クィア女性のためのASL)という集まりに参加してきました。サンフランシスコのミッション地区とノイバレー地区に挟まれた小高い丘にある公園Mission Dolores Park(ミッション・ドロレス公園)に集まりました。

この公園はゲイたちに人気で、私たちが向かったこの日も多くのゲイが陽射しを楽しんでいました。
さまざまなセクシャリティをもったろう女性、ASL学習者の女性、通訳者の女性などがそこに集まり、お互いのバックグランドを話し合ったりとゆったりした時間を過ごすことができました。

S__11100165.jpg

主催者いわく、サンフランシスコでは多くのゲイ中心の集まりがあって、ゲイ以外のセクシャリティをもつ人たち、そしてクィア女性にとっても参加しにくい雰囲気があるようです。
そこで、様々なセクシャリティをもった女性が参加しやすい空間を作りたいというのがこの集まりの意図だということを教えてくれました。
クィア(Queer)はジェンダー、またはその他の方面でレッテル貼りを望まない、分類されたくない者を指します。LGBT運動歴史の中でもクィアはLGBTとして加わるのか、それとも違った存在として捉えるのか、今でも議論が続いています。
とても面白いトピックです、かの私自身もQueerです。

また、私が日本でのLGBT活動で使用する「4つのものさし」についてですが、アメリカバーションもあるよ、と教えてくれたので紹介したいです。

この人形は「The Gender bread Person」といって4つの性の指標を表しています。
Gender Identity(こころの性/性自認)
Gender Expression(みため/社会的な性別)
Biological Sex(からだの性)
Sexual Orientation(誰が好き/性指向)

人形を使いながら、それぞれのポイント(脳・心臓など)が上手に描かれていて、
このような表現方法はろう者にとっても分かりやすいと思いました。

スクリーンショット 2016-05-21 2.33.46.png

セクシャリティに関する視覚的教材を今後も収集しながら、日本のろうコミュニティに合った教材づくりを考えたいと思っています。

それでは、また。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/942
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント