CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2016年3月生活記録 第11期生 山本芙由美 | Main | 2016年3月生活記録 第7期生 中川美幸 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
3月生活記録 第10期生 山本綾乃[2016年04月14日(Thu)]
朝5時起床、中高校時代以来…!

ろう学校での教育実習がようやく始まりました。
実習先のメリーランドろう学校はメリーランド州にあるので、ギャロデット大学から車で一時間半ほどかかります。朝が早いため一日が長いのですが、かわいい子供たちのおかげで、午後もわくわくしながらクラスに参加したり、課題をこなしたりしています。
IMG_6723.JPG

IMG_6721.JPG
(廊下から見た幼稚部の教室)

教育実習
幼稚部の児童たち6人と楽しい学校生活を過ごしています。
担任の先生は授業準備だけでなく、教室環境作りにも力を入れていて、毎日新しい飾りが一つずつ増えています。花も飾られていてとても春らしいかわいい教室です。4月の学習テーマは手紙なので、ポストや様々な種類の手紙を置く予定です。
IMG_6708.JPG

IMG_6707.JPG
(個性豊かな教室環境)

担任のEstella(エステラ)先生は、以前カリフォルニアに住んでいたということで、去年カリフォルニアでお世話になったホームマザーに伝えたところ、指導が上手くて有名な先生だという話を聞きました。素敵な教授の元で学べることに感謝です。

子どもたちのほとんどがデフファミリーなので、手話や表情が豊かです。笑ったり、困ったり、喜んだり、怒ったりと子どもたちは毎日忙しそうです。
午前中は朝の会、読み書き、体育、朝のおやつタイム、ゲームの時間という流れです。

3月の読み書きのテーマは、”学校に変えてほしいこと”
5歳の幼稚園児がこの課題に取り組みました。
ある児童は、「劇のクラスを作ってほしい。劇クラス担当の先生にお願いしたらYESと許可をもらった。僕は嬉しい」また他の児童は「教室のトイレに鏡がない。担任の先生にお願いしたらYesと許可をもらった。私は幸せ」となんとまた幼稚園児らしいかわいい要望を書きました。児童が自ら考え、先生の補助をもらうのはスペルのみです。考える力のレベルの高さに驚きました。また大文字と小文字を補助線にそって書くことも目標にしています。次回はこの要望を手話で表現する課題に取り組む予定です。

ろう教育会議
春休みはみゆきさんと一緒にカリフォルニア州サンディエゴとフリーモントで開かれたろう教育会議に参加しました。
IMG_6060.jpg

聴者からみたろう教育とろう者からみたろう教育、それぞれの醍醐味を味わうことができて、大変勉強になりました。
教育は教員だけで運営するのではありません。言語聴覚士、スクールカウンセラー、医者、看護師、保護者など様々な人たちが集まって、Individual Education Plan(IEP)、いわゆる日本でいう個別教育指導計画を立てながら教育を行うのです。あの人は口話派だからと非難するのではなく、相手の選択を尊重し、なぜその選択をしたのかということに耳を傾ける余裕を持つことが大切です。私の留学目的は、学校ー保護者ー子ども、そして彼らを取り巻く様々な人たちの相互関係についての研究です。その修論に必要なヒントも見つかりました。
Screenshot 2017-02-27 23.02.27.png
(人形を使った授業作り:体験している様子)

新たな同志との出会いもありました。このようなすてきな機会を下さったみゆきさんに感謝です。ECEサミットは、来年度はロチェスターで開かれるので、また参加したいと思います。
600388_923209447797710_6568622495952497011_n.jpg
(集合写真:みゆきさんと私もちょこっと写っています)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/931
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント