CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2015年12月生活記録 第10期生 辻功一 | Main | 第5期川俣奨学生、帰国 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2015年12月生活記録 第10期生 山本綾乃[2016年01月15日(Fri)]

けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

IMG_3210.JPG
(ニューヨーク市のクリスマスツリー:この上ない輝きを放していました。世界中から厳選された木がここに運ばれてくるんだとか…)

さて、昨年を漢字1文字で表すとしたら、「」でした。
早くも院生のクラスの四分の一が終わりました。今学期は、指導案の作り方、バイリンガル教育、読み書き能力の三つのテーマを中心に学習しました。(それぞれの詳しい内容は2015年9月〜11月の生活記録にあります)
12月の最終週は、二つのプレゼンテーションプロジェクトがありました。院生には学期末テストはなく、プレゼンテーションやレポート課題が中心です。

1、半年かけて作った指導案の発表
私は小学4年生の通常レベルの子どもたちを対象に、新聞をテーマにしながら一週間の指導案を作りました。好きな新聞記事を読む、新聞会社へ訪問する、新聞関連の仕事内容を体験するなど、子どもたちにより魅力的な指導方法や内容は何か、使える技術は何かについて考え、発表しました。

2、日本と中国のろう教育についての発表
同級生に中国出身の留学生がいたので、彼女と一緒に日本と中国それぞれのろう教育についての状況を発表しました。教授やアメリカ人学生にとって、私たちの発表内容はとても興味深かったらしく、たくさんの質問がありました。
ろう教育をテーマにした発表だったので、ろうの有名人がろうの子どもたちにどう影響するかについて発表される学生もあり、興味深い内容でした。
Screenshot 2016-01-14 22.35.34.png

入学当初は不安だらけだった院生活も、多くの教授や同級生、後輩・先輩方に支えられながら、楽しく乗り越えることができました。図書館や学習室で友達に会うと学習のモチベーションが上がり、楽しく課題をこなすことができました。またギャロデット大学の教授は、忙しい状況に置かれながらも、個人指導の時間を作ってくれたり、質問に答えてくれたり、親身になって相談にのって下さいます。また希望制の英語の個人指導システムも学内にあります。アメリカ人は冷たいという言葉をよく聞きますが、それは日本と同様一部の人たちだけです。自分から必要なことを伝えていけば、国境関係なく人は助けてくれます。悩みや問題を一人で抱え込まず、どんどん発信していくことが必要だと感じています。分からないことが分かる、質問ができる、それは自分を観ることや知ることにつながります。

2015年は自分を観る年でした。
2016年は引き続き自分を観ながらも他者を観る年にしたいと思います。

いよいよ春学期からは教育実習が始まります。かつて大学のゼミの教授に言われた言葉、”自分の足を使って行動してごらん” が今でも心に残っています。自分の頭だけで考えても同じことの繰り返しで解決されることは少ないそうです。本やインターネットを使って調べたり、信頼できる相手に伝えたりすることで、心の整理ができます。理論だけでなく自分の身体を使って考え、実行していく姿勢を大切に頑張っていきたいと思います。

Spring Awakening (スプリング アウェイクイング)
話題のろうミュージカルを観にニューヨークへ行ってきました。これはドイツ、教育、愛、性、人生を総合的に描いた人情物語でした。私にとってミュージカルは人生初であり、前から三番目の特待席での観劇。観客席は満員で、ほとんどが聴者ということにも驚いたのですが、暗幕が上がるとそこには手話で堂々と歌うろう者と聴者の姿がありました。ろう者が手話で語ったことを聴者が一緒に舞台に立ってろう者のナナメ後ろから読みとる、聴者自身は手話と声両方使って演じる。通常日本では、ろう者が発表したり演じたりする時は、聴者が舞台の下で合図をしたりろう者の手話を読み取ったりしますが、今回は違っていたのです。まさにろう者主演のろう者によるろう者のためのミュージカルだと感じ今でも忘れられません。初めて見る様々な光景に感動でいっぱいになり涙が止まりませんでした。もう一度観たい素敵な舞台でした。1月末までニューヨーク州で毎日上演されているそうです。いつか来日して頂き、より多くのみなさんに観て頂きたいと思いました。
spring-awakening-deaf-west-review.jpg
(聴者とろう者が共演:http://variety.com/2015/legit/reviews/spring-awakening-review-deaf-west-broadway-1201603519/より引用)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/910
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント