CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2015年3月生活記録 第7期生 中川美幸 | Main | 2015年4月生活記録 第10期生 山本綾乃 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2015年3月生活記録 第9期生 瀧澤泉[2015年04月26日(Sun)]
3月中間までは雪が降ったり寒かったりして厚めのコートを着て過ごしましたが、だんだんあたたかくなり、薄めの上着で十分に心地よく生活しています。
春休みもあり、息抜きに旅行に行ったり、実家に帰る学生たちが何人かいました。

英語(English)クラス

3月中間から「We Beat the Street」という小説を読み始めました。その小説はNewarkという町に麻薬、覚せい剤などの販売者が多くいる中、黒人の3人が育てられました。その3人は医者になることを目指し、互いに支えあいながら夢を達成したという実話です。少年3人は若い間、違反行為により刑務所に入られた経験があったが、幸いにも家族や友人の支えにより夢の道に進むことができたということです。
アメリカ生活の中でやっとその小説に関心を持ち読む機会を得られました。
他にCloze(クイズ)、ボキャブラリー、要約、エッセイなど多くの課題にクラスメイトと協力しながら理解力をあげていきます。


家族、子供、コミュニティ(Family, Child, and Community)クラス

➢ 学校の教師とソーシャルワーカーの関係者との関わり方
今回は子どもと学校の教師やソーシャルワーカーの関係者との関わり方について、クラスメイトとチームを組んで議論しあいながら学びました。学校で一人一人の子どもに関わる時間が限られており、問題を解決するのに苦労することが多いため、社会福祉事業、心理学者、学校カウンセリング、チームリーダー等の対応によって、子どもの行動や発達を分析し、教師や親にアドバイスや提案を挙げることがあります。
学校だけではなく、福祉関係とのつながりで子どもの成長や環境対応ができることで生活の展開ができるのだと考えられます。

➢ 教える指示 VS 学ぶ指示について
上記の教師や社会福祉関係者と関わる時に5つの仕組みを認識する必要があります。要するに教育や子どもの成長などの目標に合った計画表みたいなものです。計画表が決まり次第、教えたり、行動を分析したりすることで新たな発見をすることができます。発見した面を次回にどう活かせるのかを考えるという意味で「教える指示 VS 学ぶ指示」ということです。
1.Structure (構造・骨組み)
2.Management (経営)
3.Curriculum (カリキュラム・教科)
4.Motivation (モチベーション)
5.Method (方法・手段)

教師の経験話によると、ある聾学校にASL(アメリカ手話)を、なかなか覚えられない、知らないろう児に対し、課外時間に別の部屋で教師が子どもの好みを調べ、それに合った遊びを提案することで次から次へと新しい言葉を覚えるようになったという話を聞かせてくれました。関心深い話のタイトルは「バス」であり、教師が聾学校の中で働いた時の話です。子どもたちが学校の帰りにとても楽しみにしていることは「バス」でした。バスは子どもから見れば、とても大きくてタイヤも大きいのです。普段家の自動車を見ているのですから。そして子どもたちはタイヤの大きさを比べていました。その子どもたちを見た教師はある提案を出しました。子どもたちが帰った後、教師は古いタイヤを取りに行き、クラス部屋の真ん中に置きました。翌日の朝、子どもがタイヤを見て大喜び、子ども自身が様々なアイデアを出し合って遊んでいたという話です。子どもの生活の中で色んな物を見る経験を引き出して、言葉や手話を学びつつ遊ぶ事は重要なことだと思います。

IMG_9993.jpg


☆おまけ☆

VL2 (Visual Language & Visual Learning)
ギャロデット大学内にあるプロジェクトであり、eBook(電子本/絵本)を販売したり、講演会が行われたりしています。前から興味をもち、担当者の面接を受けた結果学生としてインターンシップが始まりました。現在はアート係の所でアーティストのアシスタントとして働いています。今までのスキルを活かしつつ、アーティストからの依頼を受けてお手伝いをしているので刺激的な経験を得ています。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/833
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント