• もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2015年1月生活記録 第10期生 辻功一 | Main | 2015年2月生活記録 第10期生山本綾乃 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2015年1月生活記録 第7期生 中川美幸[2015年02月24日(Tue)]
こんにちは。2015年になったと思ったらもう1ヶ月経ってしまいました。
ここDCでは時々雪が降って大学が終日お休みになったり、授業が2時間遅れたりとドタバタしています。睡眠時間が少ないにも関わらず、私は風邪をまったく引かないので、自分の健康に感謝しています。クラス登録の際に色々問題が起き、各クラスの教授、アドバイザーと話し合ったり、実習の担当とも話し合った1月でした。話し合いばかりで授業どころではなかったですね、、、1週間のクラスも見逃し、実習も1週間遅れたので、ついていくのが大変でした。

2015大雪みゆき のコピー.jpg
素敵な雪です

★ 授業★
☆EDU 621 - Literacy Teaching and Learning: Early Childhood(読み書き指導と学習:幼児)
このクラスは絵本を使ってどう授業を行うかを探索するクラスで、生徒は10人位です。私以外は大学生なので、大学生らしい新しい意見を出して欲しいと思っています。最近は一人一人がお気に入りの絵本を見せ合い、どうやって教えるかを話し合いました。毎週毎週絵本を探して議論するので、楽しみな反面、ギャロデット大学にはその絵本が無いため、一般の図書館を回らなければならないのが不便です。

☆EDU 626 - Integrative Method ECE: K-3(幼児教育の統合教育)
簡単そうで、とても大変なクラスだと聞いていましたが、始まる前から沢山のテキストで唖然としてしまいました。こんなに分厚いテキストが全部で4冊です!!これを毎週毎週読むのです。頑張ろうと思います。

textbook 626.jpg
このクラスだけでこんなに読みます、、(他にもあと1冊あります、、、)

☆EDU 789 - Practicum II/Seminar: Deaf Ed(実習)
どのクラスにも難聴児が3−4人いる普通の学校で実習が始まりました。うちのクラスの生徒は16人中、4人が難聴児で、一人だけが人工内耳装着児です。彼らたちも先生たちも手話を知らないので、毎日手話通訳を通して、会話したり、授業に参加したりしています。テーマを決めた週間で、フットボール(アメリカではアメリカンフットボールをフットボールと呼びます)について色々な絵を描いたり、フットボールごっこをして遊んだりしています。

* 素敵な絵本が並ぶ教室*
冬のスポーツ週間に合わせて、教室の本棚は冬のスポーツの絵本だらけです。子供達が来る前に、つい読んでしまう私。絵本には弱いですね、、、
リバー学校絵本 のコピー.jpg

* 冬のスポーツ*
冬のスポーツ週間で、こどもたちは手作りのスティックでアイスホッケーをやっています。4−5歳のこどもたちはすでにこのアイスホッケーにはまっています。2月になんと、アイスホッケーチームの練習を見に行き、スケートもやるのでとても楽しみです。
Ice hockey のコピー.jpg

☆ 1月に一人旅に出掛けた時、日本人経営のホテルに泊まり、そこで日本語の本を沢山借りて、一晩で全部読み切ってしまいました。物足りなくて、朝早く起きてまた借りて読んだので、オーナーさんにびっくりされました。夏休み以来、英語漬けの環境で日本語の本を全く読めない留学生活だったので、多くの日本語の本やマンガに出会えてとても嬉しかったです。今年の夏休みもまた日本に帰ったら、本を沢山読みたいと思います。
日本語の本ボリビア nippon.jpeg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/825
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント