CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 新奨学生、第11期生の紹介 | Main | 2015年1月生活記録 第10期生 山本綾乃 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
第8回留学奨学生帰国報告会、開催[2015年01月31日(Sat)]
第8回留学奨学生帰国報告会、開催

去る1月17日(土)、2008年に留学した川上4期生と福永4期生が、同期生2人揃っての留学報告会を行いました。
2人は、共にギャロデット大学で学び、留学を修了し、それぞれ昨年夏、秋に帰国していました。この日は、帰国後、公の場での初報告会で、報告者が2人ということもあり、事前申込で満席となる程。助成元である日本財団の計らいにより、報告会前日に急きょ、会場変更が実現し、申込み受付も再開。、当日参加もあり、会場は、2人の報告を見ようと集まった多くの人で溢れました。

●川上4期生「理想的な手話通訳者像とは(手話通訳トレーニング)」
20150117-8th-Photo6.JPG

●福永4期生「スクールカウンセリングがある理由(わけ)」
20150117-8th-Photo7.JPG

●フリートーク「これまでの10年を振り返って これからの10年に期待すること」
また、今年度は事業開始10周年にあたり、記念のフリートークも開催されました。
事業開始時から担当されている日本財団の石井靖乃様、当協会の本事業責任者の野崎、奨学生を代表して第1期生として留学した太田1期生の3名が登壇し、選考、留学生活などを語りました。”今だから言える、こんな話”もあり、会場が笑いの渦に包まれる一幕も。
20150117-8th-Photo2.jpg
(左から)石井靖乃氏(日本財団)、野崎留美子(日本ASL協会)、太田琢磨(1期生)


●同窓会のパワー全開! 日本国内にいた奨学生が勢ぞろい
今回の報告会も、準備、運営を留学奨学生同窓会が担当。
初対面だったり、久しぶりに会う仲間たちですが、チームワーク良く、てきぱきと手際よく進め、混乱もなく、無事に報告会を終了。お疲れさま&協力、ありがとうございました。
20150117-8th-Photo5.jpg
(後列左から)岡田3期生、太田1期生、春日2期生
(中列左から)管野3期生、牧谷11期生、山本11期生、佐藤11期生
(前列左から)山本10期生、川上4期生、福永4期生、武田4期生、瀧澤9期生

今後とも、よろしくお願いします。


事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 23:27 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/821
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント