CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 第8回留学奨学生帰国報告会(受付終了) | Main | 第8回留学奨学生帰国報告会(受付再開) »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2014年12月生活記録 第10期生 辻功一[2015年01月16日(Fri)]

こんにちは、今日も生きています。
10期生の辻 功一です。

昨年は携帯電話とカメラと目覚まし時計(何故目覚まし時計?というのはおいといて)をそれぞれ別の日に別の場所で紛失してしまいました。
落としグセは昨年で使い果たし、今年は受験で落とさないよう頑張りたいと思います。

ツインピークスから望むサンフランシスコ市街
<見ざる言わざる聞かざる聾ざる>

さて、昨年12月12日に秋学期が無事終了し、約1ヶ月半の冬休みに入ったのですが、その間もTOEFLの勉強や個人指導、大学出願用のエッセイ作成など地味に忙しい毎日を送っています。

TOEFLに関しては、これ!といった勉強方法を見出せていないのですが、ナンシー教授から時折頂いている問題集が実践的な感じで、数をこなせばこなすほど不思議と力がついたような気がするので(控えめに)オススメしたいと思います。
practice-exercises-for-the-toefl-5.gif
Practice Exercises for the TOEFL
日本のamazonで見たら円安のせいなのか?高くてビックリしました。
今から留学する人は大変ですよね・・・。11期生さんが渡米する頃には円安も落ち着いてくれるといいのですが・・・。

年末年始はサンフランシスコで花火を見ながら年を越しました。
花火と言ったら日本ですよね。そういう訳でほとんど期待していなかったのですが、意外やなかなか本格的でそれなりに楽しめました。

無事、年も明けたし、飲みに行くか!ってことになりバーを探したのですが、無いんですよね、これが・・・。
powellっていう所にはそれなりに安全で健全な(?)バーがあるにはあるんですが、移動が面倒くさくなって結局そそくさと帰宅しました。
日本の居酒屋が懐かしいです。

後はまあ、雨の日にミッションピーク(大学の裏山)を1日に4回登ったりとか、そんな感じで適度に運動してます。
<緑が広がるミッションピーク>

先月の近況報告、「Family Dog」の寸劇についての答え
先月にアップした動画「Family Dog」の意味はわかりましたか〜?

実はこれ、聴者の家族の中の孤立した聾者を表しているんですよね。
家族の顔はぼやけて見えます。時折、呼ばれたような気がして家族の元に寄ってみると、「何でも無いよ」とか「後でね」とか「いい子だから向こうで休んでて」
みたいな感じであしらわれるという悲しいシチュエーションです。

以上です。
日本ASL協会から8,320km離れたオーロニ大学からの報告でした。
ありがとうございました。
今月のコロンブス
バスの運転手さんは勤務中に乗客を残してスタバに立ち寄ることを発見
普通に堂々とコーヒーやらハンバーガーを買いに行きます。考えようによっては合理的っちゃ合理的だけどもトイレさえ我慢する日本からしてみれば考えられないっす。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/816
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント