• もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2007年3月 生活記録(2期生 春日幸三) | Main | 2007年3月 生活記録(1期生 池上 真) »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
日本財団理事長との面談[2007年04月11日(Wed)]
ワシントンD.Cは、4月だというのに寒さ厳しい日々が続いています。さて、先週の7日の土曜日に、日本財団の尾形理事長及びGallaudet UniversityのDavila学長と我々奨学生との面談が行われました。大変恐縮ですが、ここに報告させていただきます。

面談に先立って、World Deaf Leadership(WDL)という日本財団が支援している奨学金事業の奨学生3名によるプレゼンテーションが行われ、その後に野崎事業責任者の通訳、紹介の元で、尾形理事長とDavila学長との面談が実現しました。面談は、私たち奨学生4名の自己紹介や留学生活の様子など近況などの報告、質疑応答という和やかなものでした。

最後に、尾形理事長より激励の言葉を頂き、改めて奨学生としてさらに努力をしなければと思いました。これから皆さんが奨学生同士のネットワーク構築など、また日本財団とも協力し合っていくことが重要だということを再認識した有意義な面談でした。

後列左から日本財団小澤さん、2期生春日さん、2期生高山、1期生池上さん、アメリカ法人笹川平和財団岩竹さん
前列左から2期生谷口さん、尾形理事長、Davila学長
【イベントの最新記事】
Posted by 高山 亨太 at 05:22 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/80
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント