CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2014年5月生活記録 第7期生 中川美幸 | Main | 2014年5月生活記録 (第5期生 川俣郁美 ) »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2014年5月生活記録 第9期生 福田桂[2014年06月15日(Sun)]

IMG_2366.JPG

オーロニに新しいファミリーがやってくる!
 5月初めに、オーロニのろう者学部の新しい学部長が発表され、歓迎されました!アメリカンリーバー大学のASLプログラムの教授として教壇に立ったこともあるろう女性の方です。
 前学部長のギャロデット大学への赴任に伴い、秋学期から1年間、トム教授とナンシー教授が臨時で学部長と教職を兼務されていましたが、今後は教職に専念されることになります。LAB(補習室)で教授によるチューターができる時間も縮小されてしまって、私たち学生にも影響がありました。2人の教授とも学生と接触できる時間が限られ、毎日多忙のように見えました。それにも関わらず、ナンシー教授には時間外でも、朝8時だったり夕方だったり対応してくださって感謝いっぱいです。

春学期最後であり、卒業シーズンです!

 春学期中、目に異常があって何度かクラスを休みました。最もひどいのがぼやけて字が読めないときがありました。保養のため、毎日6時間以上、睡眠時間を多く取るようにしています。網膜疾患は進行性病気でなので、最悪な状態を一瞬思いましたが、アレルギーによるものでした。この夏休み間に、日本の病院で眼科診察とロービジョンクリニックを受ける予定です。
IMG_2130.jpg
− 医師が処方した3種類の点眼薬(痛み止め、リフレッシュ、抗アレルギー物質)

アメリカ手話
 日本生活が長いためか他国の人の名前が聞き慣れないことと、指文字を使用した表現単語も多いので、語彙と読み取りと一緒に覚えていくことが今後の課題です。

英語
 学生全員英文法が苦手で悪戦苦闘の日々でした。通訳者とチューターに助けてもらいながら頑張りました。講師自身黒人であり、黒人文化や趣味の音楽関係など黒人コミュニティをお話してもらっています。そんな中で小さな人種差別が未だに収まらず、中学校で中退する学生が身近で増加しています。講師は黒人による教育改革の必要性を強く求めておるが、社会におけるみなさんの意識が変われば、自然に差別が薄くなっていくだろうと思います。
 
デフコミュニティ
 ほとんどは校外学習と聞いていましたが、指導してくださっている講師はトム教授のかつての生徒であり、幸運にもろう文化について学ばせてもらいました。ろうファミリーのなかには親が子に手話をあまり熱心に教えない、ベイエリアでの西エリア(南サンフランシスコやサンマテオの地域)では口話で会話する家庭が多く在しています。社会的に日本より進んでいる国とはいえ、そういう家庭もあるという裏話も知ってよかったです。

** 4月生活記録に書かれていたASL/SEE/ PSEについてのムービーです
ASL SEE PSE Pig Story https://www.youtube.com/watch?v=RkcfJ0e2XbI

ろう盲者通訳
 このクラスだけ一足早く4月に終了し、Pro-Tactileの先駆者に直接指導を受けたことが一番印象に残りました(3月生活記録にて)。この情報手段には決められたサインのルールはなく、個人の好みによってオリジナル的に表現をされています。クラス通訳で活用してもらっていますが、全米では通訳介助者(SSP)はボランティアなので、そのスキルを持つ通訳者は実質的に少ないです。通訳介助の重要性は、当事者自身のリクエストに応えて実務するべきであり、社会参加の機会に彼らの判断能力を奪わないということです。日本に居た時も含めてこれまでの経験を省みる機会を与えられました。
IMG_1992.jpg
- クラスで使用したテキストブックです。ギャロデット大学のろう盲者通訳クラスや通訳介助者養成のワークショップなど、ほぼ全米共通で使われています。

- クラス通訳でお世話になった大好きなろう通訳者
IMG_2194.jpg

 オーロニで各学部修了式と大学の卒業式がありました。私は修了式のみ参加させていただきました。第一部門がろう学生、第二部門は手話通訳者養成プログラムの学生でした。今年の優秀賞は日本人のろう学生で、個人的に英語チューターでお世話になった方です。国際学生として他国から自費で来て、勉強と仕事の両方に励んでいて、教授方から良い評価をされました。おめでとうございます!!
IMG_2242.jpg
- デフスタディ学部での修了式用リーフレット 


夏休みの計画
 3月にサマークラスでの英語クラスがないと知り、チューターも未定で、担当カウンセラーの勧めでライトハウスでのインターンの計画を立てました。サンフランシスコやシアトル、ヘレンケラーセンターなど数カ所か申し込みをしてみましたが、希望する先のほとんどは希望者が一杯という厳しい状況、インターンを希望する場合は半年前がベストであることを知りました。
 しばらくして5月に、ASLクラスのほうでサマークラスを設けると発表されましたので、この夏にはASLを中心に取り組む予定です。次々更新していく情報に心を惑わされながらも、また、ろう盲者エキスポやキャンプなどにも参加するので、充実な夏休みを過ごしていきたいと思います。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/770
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント