CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« ブログ内容、留学に関するお問い合わせについて | Main | 第11期留学奨学金説明会のお知らせ »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2014年4月生活記録 第7期生 川口聖[2014年05月29日(Thu)]
4月10日、ポトマック川沿いの桜が満開になった。これまですごく寒い日が続いていたため、桜満開の時期が遅めにずれるだろうと思っていたが、4月に入ってから突然、半袖の服装でいられるほどの暖かい日が何度かあって、去年の同じ位の時期に桜満開になったのである。桜と言えば、日本では新入学・就職を祝うイメージがあるが、アメリカでは日米友好の証とか、ただ桜のピンクが美しいというだけなど、リアル的な見方しかなく、アメリカ文化において連想できるものがなかなか見つからない。誠に不謹慎なことであるが、もし1865年4月15日にエイブラハム・リンカーン米大統領が、桜の花びらが一面に広がるところで暗殺されたら、アメリカでの桜のイメージができて、おもしろいのであろう。やはり、それよりも「清く、正しく、美しく(Purity, Honesty, Beauty)」という日本人気質を象徴できる桜のイメージが世界中に広まるほうが、日本人にとってすごく喜ばしいのではないかと思うのである。

Charter Day Festival.jpg
(ギャロデット学校創立記念日、祝賀会のお知らせ)

☆LIN741 Sociolinguistics in Deaf Communities, ろう社会における社会言語学
因果応報、因縁果、自業自得などの故事ことわざがあるとおり、世の中における全ての物事には因果関係や因果性がある。同じ言語なのに、地域、出身校、性別などの社会的な要因によって、言葉の多様性が生じている。わかりやすい例として、若者言葉は年配の方には通じない、逆に、年配の方がよく使う言葉でも若者には通じない、また、地域によって違う方言があるなどのように、様々な違いがある。その違いはどこから来たか、その因果性はどうなっているかなどを、科学的な調査研究するのが社会言語学である。言語は、人間関係の基本であるコミュニケーション能力に関わる部分が大きいため、たった1つの言葉だけでも、人の人生を変えるほどのパワーを持っている。例えば、ある聾学校でキュードスピーチ法による教育を受けた子供たちが年配の方になっても、キュードスピーチと混じった手語を使い続けるなど、その影響がいつまでもずっと続くのである。そのような影響を検証するのが、社会言語学の役割であると言っていいだろう。聴者が手語を教えるとどうなるか?小学4年から英語を学び始めるとどうなるか?など、教育論とか、ある特定の人の経験論とか、医学的な見方などばかりですすめようとしているきらいがあるが、社会言語学的な見方も必要ではないかと思うほどである。また、もし手話通訳者が、ソーシャルワーク論より、社会言語学に力を入れて学べば、手話指導を遠慮したり、様々なろうの人に合わせた通訳を意識するなど、「よくわかる通訳者」になれるはずである。このように感じさせられたクラスであった。

Discovery.JPG
(スペースシャトル・ディスカバリー)

☆Smithsonian's National Air and Space Museum スミソニアン航空宇宙博物館
独断的な5段階評価は、★★★★★(5つ星)。ワシントンDC内にある本館と、別館として、バージニア州、ワシントン・ダレス空港すぐ近くにある、Steven F. Udvar-Hazy Center(スティーブン・F・ウドヴァーヘイジー・センター)の2館にある。別館のほうが、多くの航空機と宇宙船が展示されていて、本館より規模が大きいのである。これこそまさにアメリカの博物館だ。1903年12月17日、アメリカのノースカロライナ州でライト兄弟がエンジン付き飛行機を発明して、世界初めての飛行を成功した以来、今もなお航空宇宙技術の最先端をリードしているアメリカだからである。コンコルドが思ったより小さい、スペースシャトルが思ったより大きいとわかるほど、多くの実物が見られる、全世界の航空宇宙マニアには何度も行きたくなるメッカであると言っても過言ではないのだ。年配の方々にとって、まだ飛行機に乗ったことがない人が多くいらっしゃるほど、彼らが若い頃はなかなか利用できない乗り物であったが、今はもう全世界のどこでも飛んで行けるようになっている、更に、サッカー場並みの大きさを持つ、国際宇宙ステーションが地球を回っているほど、近い将来、誰でも宇宙へ行ける時代がやってくると予想できるなど、まだ100余年という短い年月の間に急発展された航空宇宙技術であるが、今もなお夢とロマンをかき立てられるものである。よって、★★★★★(5つ星)とした。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/767
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント