CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2014年2月生活記録 第9期生 福田桂 | Main | 2014年3月生活記録 第7期生 中川美幸 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2014年2月生活記録 第9期生 瀧澤泉[2014年03月20日(Thu)]
IMG_3939.jpg

最近、雨が降るようになり、山が緑色へと変わっていった。
この風景を見ると私にとって日本にいるかのような安心感が残る。


English 151B(英語・ランキング)
クラスの中で書く技術(スキル)について教わった。このクラスの教授がろう者に対する理解があり、スクリーンにパソコンのWord(ワード)を使って授業を進めているのでとても分かりやすかった。教科書の課題をやって、授業中に答えを確認した。このクラスは授業だけではなく、LAB(課外授業)でテストを受けたり、宿題を提出することも成績のポイントに含まれている。

English 163(英語・リーディング)
ボキャブラリーの小テストは私にとって一番苦手である。クラス内で10分間で書き終えなければならなかった。週に20単語の意味を理解した上で、文章の穴埋めテストを解くのに苦戦した。
最近、小説「The Glass Castle」に興味津々で読んでいる。この本は #1 The New York Times Bestseller(ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー)で、世界から認められている本である。著者が幼い頃の歴史や経験について書いている。そして、家族の影響で子どもがどのように育てられたのかという背景を分析した。

Deaf Educating(ろう教育)
ろう児にとって必要な学習環境とは何かとディスカッションをした。言語とアイデンティティとどっちがろう児にとって重要なのか。進路や補聴器を使うか、人工内耳をつけるかというような選択はたいてい親がするものだが、本人の気持との差があるという複雑な現状を深く分析した。このクラスは聴者と一緒に受けているので、聴者から見た価値観とろう者から見た価値観の違いを知った。2月中旬に先生の発案で、ろう者の立場を理解してもらうために国会で議員を前にして演説するイメージで、クラスの中で講演を行った。人工内耳は何のためなのか、コミュニケーションや教育の権利者は誰なのか、将来に関わる教育とは何か、それぞれの価値観が違って改めて現実的に考えさせられた。

Development of the Deaf Child(ろう児発達学)
ろう児は聴者と違って、聴覚以外の4つの体感(視覚、触覚、味覚、臭覚など)をどのように使い分けて理解するのか。又、ろう児の成長の限度について学んだ。例えば、聴者の児童は母親の足音や声を聞くと離れても自分の母親だと理解する。一方、ろう児は母親の顔や姿を見て、初めて自分の母親だと分かるという所から聞こえないという部分をどのように補うか。コミュニケーションも手話だけではなく、絵や物、顔の情想を使ってどのように伝えるのかなど工夫が必要である。しかし、成長するにつれて発達の限界が生じる場合もある。学んだ事を通して、絵本の役割に関わっていきたいと思った。

Dance <Hiphop>(ダンス)
週ごとに新しい振りつけを加えて覚えていくので、前回に踊った振りを復習しながら新しい振りを練習した。講師が振りを入れる際に体のどの部分を使うのかを細かく教えてくれるので、とても分かりやすかった。今まで日本で講師の踊りを見て(真似して)覚えることで追いつくのに精一杯だったので、やはり講師が教える際に通訳者がいるとより分かりやすいなと思った。更に講師が教える度に振りを変えることもよくあり、何故振りを変えたのかと戸惑うことがあったが、講師からの説明を聞いて納得できる形でスムーズに練習できた。

IMG_3762.jpg

ヒップホップの講師(振り付けの流れを見せてくれた時)


最近の活動
DCARAとは、ろう者のための雇用サービスや自立をサポートする協会である。私はどんな活動をやっているのか気になり、ボランティアとして応募した。2月1日に「Deaf Community Night」で交流会、講演会、コミュニティ・メンバーの中で懸命に活動した人の受賞式が行われていた。
そのイベントはSan Leandro(サン・リアンドロ)にある会場で84人のコミュニティ・メンバー、スタッフとボランティアが集まった(引用:Deaf Link/DCARA 12頁)。1年間にコミュニティの改善方法を共に努力してきたメンバーに贈られた様子を見た。今回のテーマが「Team」(チーム)であり、目的を達するためにはチームが重要だという講演があった。人それぞれの努力をしてチームをまとめるということが大事であると伝わって来た。ここでも、全国ろうあ者大会(日本)のように1年間に一度の集まりがあるということが嬉しい気持ちである。

詳細はこちらのURLをご覧ください。(英語版のみ) :DeafLink
http://www.dcara.org/images/stories/deaflink/2014/DeafLink2014-March.pdf

私がこのイベントのために初めて行った仕事内容が、会場作り、受付者の手伝い、テーブルの整理をした。スタッフは親切に接してくれ、イベントに参加した何人かと話をしたことも含めて素敵な経験をさせて頂いた。ボランティア活動として参加できたことが私にとって感謝である。

IMG_3564.jpg

講演の様子

IMG_3560.jpg

飾り付けの手伝い

Lunar New Year(ルナーニューイヤー)
中国の伝統である新年祝いの一つ。BAADA(アジアろう協会)が企画したイベントである。中華料理を食べたり、ゲームをしたり、協会の歴史についての話など楽しむことができました!

IMG_3701.jpg

*中華料理のバイキング*

IMG_3705.jpg

色板ゲームで馬の形を完成する(苦労しましたよ〜!)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/754
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント