CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2013年9月生活記録 (第5期生 川俣郁美) | Main | 2013年9月生活記録 第7期生 中川美幸 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2013年9月生活記録 第9期生 福田桂[2013年10月25日(Fri)]
 相変わらずここは朝晩冷え込み、昼間は30度以上にもなるほど気温差が激しいが、温暖で雨が少なく、まるで猛暑続きの日本から逃避行してきたように過ごしやすい気候です。
 
 まず、オーロニ大学について簡単に紹介したい。
大学内のひとつのビルに DEAF STUDIES(ろう者学部)があります。高卒から社会人(就労しながら通う)のろう学生が在籍しており、学生自身の能力に適した学習環境が整っています。さらにDEAF CENTER(ろう学生センター)にはろうのカウンセラーが2名配置されていますので、同じろう者としては大変心強いです。ほかに、障がい学生センター、国際学生センターとの連携が強く充実しているのが印象良い。また、JASSとのパトーナーシップを結んでおり、奨学生への強力な支援もあります。

- 初めての大学生活
 私自身、初めての留学生活であると同時に大学のクラスなどもすべて、アメリカに来て初めて体験することであります。渡米までにASLや英語は最低限必要なことを準備してきましたが、現地に来てからは英語力のなさを痛感し、しばらく精神的に不安定な状態が続いていました。カウンセラーと教授、周囲の人達の支援があって、留学奨学生同窓会メンバーで私たちの先輩でもある2名のメンターに助けられながら、心の支えにもなってもらっています。

- 履修クラス
 秋学期で履修したクラスは3つ。担当カウンセラーと日頃からお世話になっているNancy教授と相談した結果、アメリカ手話と英語中心のクラスになりました。いずれもろう者のクラスで最初から基礎的なことを学び始め、勉強に取り組んでいます。
クラスは週2回、月曜日と水曜日。以下の3クラスを一日中ぎっしりと組んでいるため、とても忙しい時間割です・・・。火曜日と木曜日はクラスがない日なので、自習とtutoring(個別指導)を受けています。

 @アメリカ手話(略:ASL)
英会話の基礎を身につけるための、初心者向けクラスです。受講生は聴者が約25名とろう留学生の私一人、ろう学生4名も加わり多人数でありました。ろう者の両親を持つコーダ同士で結婚したBunny教授の個性的な講義は興味深い。まだコミュニケーションのスキルがきちんと身についていないので、自分のペースで上達していきたい。
 A英語 READING
これも基礎から始めるべく、中学校レベルのような内容でありますが、英語を読解するためのスキルを学びました。学生全員が構文の読解や英単語の意味をきちんと理解できるように授業を進めています。英単語を覚える方法として、指文字で5回ずつ表すことを覚えました。これは良い練習方法だと思っています。
 B英語 GRAMMAR
こちらも同じく、中学校で学んだ文法を復習しているような内容です。今月は現在形、進行形を学びました。応用問題が多いので、どうしても理解できない点はtutoringで他の問題を出してもらって繰り返しの練習をしています。英語と日本語では文を組み立てるルールが根本的に違うので、アメリカ式の文法をしっかり理解して苦手な部分を克服したい。


ろう盲者(盲ろう)について

はじめに、
 ろう盲者とは、耳(聴覚)と目(視覚)との両方に障害を併せ持つ人のことをいいます。日本では現在「盲ろう」といわれることが多いが、この障がい名は法的に定義づけられているものではなく、一般的に呼称されているものであります。しかしながら、世界では英語の”Deaf-Blind”をそのまま訳して「ろう盲」といい、アメリカでもそう言われています。私はろうの環境で育ってきたので、ここでは、ろう盲と言わせていただきたい。
 ろう盲者の中では、アッシャー症候群と思われる方が多く存在しています。私もその一人です。聴覚障がいを伴う網膜色素変性症という眼の病気で、視野狭搾と夜盲症、平衡感覚障がいがあります。日本では多くの場合、弱視(少し見えて聞こえない人)と説明されており、アッシャー症候群という言葉さえ当事者が理解していないこと、アッシャー症候群について研究した文献も少ないのが残念な現状です。
 ろう盲者とのコミュニケーション方法は、触る(触手話・指点字・点字要約)・見る(接近手話・文字要約)・聞く(音声)など、障がいの程度や生育の環境によって実に様々であり、個々のろう盲者に合った方法で通訳する必要があります。

北部カリフォルニアろう盲者との交流会

 オーロニ大学のろう盲学生は、私が出会った人の中で私を含め4名。全員アッシャー症候群です。その学生の紹介により、Northern California Association Deaf-Blind (NCADB) 北部カリフォルニアろう盲者協会主催の交流会に参加してきました。アメリカでろう盲者同士交流ができることが一番嬉しい!
  NCADBはベイエリアを中心に集まり、Deaf Community Centerにて月1回交流会を開催しています。朝9時から2時間ほど役員会、11:30〜17:00まで交流会が行われました。内容はランチ(手作りバイキング形式)、役員による活動報告、余興(ゲームなど)。この日はたまたま70歳になったろう盲者がいて、誕生祝いとクイズがありました。参加者数は約50名、ろう盲者とろう者がほとんどでした。比較的弱視ろう者が多いが、通訳者を利用せず自分だけ見る方法は少なくない。会場は通訳者というよりSSP(日本でいうと介助者)が多いように見えました。日本の場合、通訳と介助を一つとして利用できますが、アメリカでは通訳、SSPと別々に行われています。交流会では、会長の弱視ろう盲者は通訳者の支援を受けずに自身で司会進行され、他の重度ろう盲者に通訳するなど自ら進んで行っていることが、さすがアメリカらしいと感じました。今後もろう盲者との交流を続けて、たくさんのことを吸収していきたい。

IMG_0023.jpg
【交流会の様子】舞台に立っている2人、会長の弱視ろう者(右)と全体通訳をしているろう通訳者(左)

〈参考リンク〉
全国盲ろう者協会ホームページ http://www.jdba.or.jp/
東京盲ろう者支援センターより「盲ろう者について知ってください」http://www.tokyo-db.or.jp/?page_id=43
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/715
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント