CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 渡米後の挨拶 第9期生 福田桂 | Main | 帰国します 第4期生 武田太一 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2013年6月生活記録 第7期生 中川美幸[2013年08月11日(Sun)]
☆夏休み開始☆
6月といえば、日本では梅雨を思い出しますが、ここオーロニ大学は雨が降らない時期なので毎日が暑いです!オーロに大学は5月でおわりなので、友達のほとんどは帰国、実家帰省でオーロニ大学にはだれもいません。とても寂しい夏でした笑

☆補習の様子☆
6月は英語の力を伸ばすべく、補習を受けてきました。苦手な文法と教育にかかわる記事や論文を読んで、評価したり、要約したりするのです。へええええと思われるものがたくさんあったので、この補習を受けてよかったと思っています。

補習の参考資料.jpg
たくさんたくさんの資料です♪


☆聾学校ボランティアとお別れ☆
6月は5−6歳児クラス(kindergarten)でボランティアをさせて頂きました。毎日外で遊んだり、散歩したりしたので、真っ黒になってしまいました。しかし、これも6月でおしまいとなりとても寂しくてたまりません。

*5−6歳児クラス(kindergarten)
6月はほぼこのクラスの担当をしましたが、このクラス本当にすごいです。英語だけでなく、算数も始まっていました。わたしが行った日はなんとなんと分数を教えていたのです。さらに、パソコンのアメリカ手話画像を自分でアレンジできるのです。つまり、子供たちは1年間の思い出を手話で語り、それで編集したものをさらにアレンジしていました。幼稚部で自分の手話の画像をアレンジできるのって、すごいですよね。わたしが幼稚部にいたときは、口話に一生懸命で、楽しかった思い出があまりなかったように感じます。最後のクラスでは、小学部1年生との交流があり、クラス訪問や小学部1年生とゲームをしたり、公園で散歩をしたりしました。

IMG_1348.JPG
算数の資料です☆

*修了式と卒業式
ボランティア最後の日は修了式と卒業式で、いろいろ遊んでくれた子供たちが進級・卒業するのです。オーロニ大学でたくさんお世話になったインターネット担当のJason先生、カウンセラーの息子たちも幼稚部にいたので、来ておりました。もちろん、トム先生の孫も卒業したので、トム先生の家族も駆け込んできておりました。驚くべきことに、幼稚部の子どもたちはASLポエムを流暢に表現することができていたのです。


☆ベイエリアアジアろう協会の選挙とランチ☆
選挙の様子を知りたいと思い、見に行きました。フィリピンのろう協会からも視察があり、緊張する選挙でした。なんと、ろう者経営のピザ店からのごちそうもランチとして出てきたので、みんなお代わりしておりました。

☆ろう者みんなでウオーキング☆
なんとたくさんのひとがきていました。トム教授がフリーモント聾学校の校長先生を紹介してくれ、(ボランティアのときは会えませんでした。)こんなに若いろう者が校長先生なんですか???とびっくりしました。まだ40代です。日本でももっと増えてほしいですね。
校長先生と.jpg
校長先生と☆

☆バークレーコミュニティ大学との交流☆
その大学にはアメリカ手話クラスがあり、先生はみんなろう者なのです。というわけで、交流会に参加させて頂きました。この交流会の条件がとても厳しくて、この交流会に参加できるのは手話に自信がある生徒のみとのことでした。これにはびっくりしました。いろいろなろう者、アメリカ手話学習者などが集まり、飲み物や食べ物を持ち込んでいろいろな話をしました。

☆おまけ☆
私が尊敬するトム教授が本を出しました!
早速購入し、サインも書いていただきました。
これは一生大事にします☆
この教授のいるオーロニ大学に留学することも夢だったので
ここに留学することができてとても幸せでした。
トム先生の本.jpg
ネズミ色の本がトム教授の新しい本です☆
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/685
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント