CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2013年5月生活記録 第7期生 川口聖 | Main | 2013年6月生活記録(第4期生 福永梢) »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2013年5月生活記録 第7期生 中川美幸[2013年06月28日(Fri)]
☆オーロニ大学生活終了☆
みなさんの応援のおかげさまで夢のギャロデット大学大学院への進学が決まり、ほっとする反面、5月23日の修了式をもってオーロニ大学での学生生活ももう終わりとなりました。オーロニ大学がとても大好きだった私、とても悲しくてたまりません(涙)4月の生活記録で早めに報告させていただきましたが、修了式で努力賞ともいえるGeorge O.Attletweed賞をいただきました。オーロニ大学のろう学生の中から一年に一人しか選ばれないという栄誉あるものをいただくことができたのはみなさんのおかげです。本当にありがとうございました。
IMG_0561.JPG

☆授業の様子☆
英語101A(Writing+Reading)クラス
5月はいろいろな記事をリサーチする方法を学びました。5つもの記事を読んで、反論するひとにこちらの意見を出すのですが、こちらが反論するのはなぜかの証拠や記事を探すという、手間のかかるクラスで、毎日そのクラスの記事探しやエッセイの作成に追われていたように感じます。5月でこの苦しかったクラスも終わりだと思うとさみしくなります。

IMG_1178.JPG
宿題のプリント

英文法(Grammar)クラス
今月は副詞節と形容詞節の勉強をしました。私はいつも副詞と形容詞を間違えてしまうので、とても勉強になりました。このクラスは毎朝8時に始まるのでクラス前の10分だけですが、いつもおしゃべりが楽しくて賑やかなクラスでした。なので、とてもさみしいです。

クラス写真
Grammar class 2013 spring.jpg
いつも楽しくお話ししていたクラスメートと☆

ろう教育(Deaf Education)クラス
今月もいろいろ学びました。まず、重複ろう児なんですが、全米のろう児の40%が重複ろう児であり、近くの聾学校の生徒の70%が特別な援助が必要だそうです。そして、先月人工内耳や口話主義の話でちょっとつらい議論をしたのですが、今月は元気になれそうな映像をみました。聞こえる学生たちはそれにびっくりしていました。最後のほうにURLを載せましたので、みなさんもぜひご覧いただけるとうれしいです。最後に、ADA法(American with Disabilities Act アメリカ障害者法)の前の1988年と1998年のデータを比べると、障害者の雇用率が減ったのです!
1988年 障害者男性 44% 障害者女性 35%
1998年 障害者男性 34% 障害者女性 30%
これは日本も知るべきデータです。つまり、例えば、会社は障害者を雇用すると車いすの肢体障害者のために会社のトイレを改造しなければならないし、ろう者を雇用すると手話通訳手配にお金がかかるので障害者の雇用を遠慮するようになったのです。

先生がクラスで見せてくれた映像
http://www.youtube.com/watch?v=M61QGjPcTX4
私がボランティアをさせていただいているフリーモント聾学校の幼稚部です。
http://funnyoldlife.wordpress.com/2012/05/01/from-us-to-you/
ろう児の明るい未来が見える映像です。

クラス写真
IMG_1211.JPG
半分がろう学生、半分が聴学生です。

体育クラス
このクラスに出席するだけではなく、ノートも提出しなければならず、最終クラスでこのノートをまとめたところ、なんと11ページにも及びました!英語が苦手な私は体育用の英単語リストも作成したので、全部で13ページになりました。それほど毎週2回通っていたのだなあと感動しました。

☆聾学校ボランティアに満足満足☆
私が今までボランティアしてきた赤ちゃんクラス(0−2歳児)には言語獲得指導に関することが見えないので、5月は3歳と4歳のクラスでボランティアをさせて頂きました。

*3歳児クラス(Preschool)
言語獲得をという前にいろいろな課題のある子どもがたくさん集まったクラスなので、それぞれの課題に向けてクラスを進めるというのがこのクラスでした。9人の生徒に対し、ろうの先生が3人です。(バギーや座れない子どもなど特別な対応を必要とする子どももいたので、3人体制だったと思います。でも3歳ということで、カード作成やアメリカ手話の時間を作るなど、いろいろなスケジュールが盛り込まれていて、毎日忙しいそうです。

3歳児の女の子の作品(海)
IMG_1325.JPG
青は海、黄色は太陽、白とカラフルは砂、緑は木だと言っていました。

子どもたちの作品(カラフル)
IMG_1404.JPG
車や飛行機のおもちゃを使って絵具をつけてあちこちに色を付けます。

*4歳児クラス(Prekindergarten)
このクラスからなんと8時半から2時半までになります。今までのボランティアは2−3時間だったので、このクラスがとてもきつくて、体も頭もふらふらになりました。最近は6時に寝ました。子供たちの手話の幅が広く、表現も豊かなのです。
インターネットで検索してみたところ見つけました。
https://www.youtube.com/watch?v=xIvQyytwiVM
https://www.youtube.com/watch?v=Z3llKtPpY90

☆聾学校の新聞に私の記事が載る!☆
あちこちから新聞みたよ!と言われていたので、なんだろうとチェックしたら、私のインタビュー記事が載っていました。ぜひごらんください。(新聞の27ページに載っています。)
http://www.csdf.k12.ca.us/outreach/calnews/2012-13/spring-13.pdf

☆オーロニ大学からのプレゼント☆
オーロニ大学アメリカ手話クラブのピザナイトで私たち国際ろう学生はクラブからプレゼントをいただきました。ずっとほしいと思っていたオーロニ大学のTシャツだったのでうれしかったです☆さらに、5月23日の修了式で修了証とGeorge O.Attletweed賞もいただき、とてもうれしかったです。大好きな先生たち、クラスメイトたちと一緒に写真をとりました。
IMG_1166.jpg
ピザナイトでプレゼントされたTシャツ

/deaf-ryugaku/img/IMG_0559.JPG" target="_blank">IMG_0559.JPG
トム博士と学部長

☆ろう者のウォーキング☆
ろう者みんなで同じTシャツを着てビーチと遊園地を歩いてアメリカ手話とろうの権利を示そうというイベントにぜひ参加したいとずっと思っていたので、とても楽しみにしていました。その代わり、前後は勉強を頑張ってきました!!しかし、しかし、当日はビーチや遊園地にはろう者にはあまり会えず、アメリカ手話学習者やろうの子どもが多くて、ちょっとがっかりしました。

IMG_1196.JPG

☆5色のカラーに染めながらランニング☆
期末試験が終わったご褒美に英語101クラスの同級生と一緒に参加してきました。ずっと睡眠不足とストレスと戦っていた私にとってはすごいご褒美となりました。ピンク、黄色、青、黄緑、紫の5色にまみれながらのランニングでしたが、ここカリフォルニアを去るまえに思い出を同級生と作ることができてとてもうれしかったです。

IMG_1290.JPG
これはアメリカ手話クラブの会長のお気に入りの写真です。

☆おまけ☆
おまけですが、5月14日が私の誕生日で、同級生や先輩たちが祝ってくれました☆アメリカでは誕生日パーティーを開くときは、誕生日の主人公が招待した人たちに飲み物や食べ物をおごるのです!!!これにはびっくりさせられました!でも、ケーキは幹事がこっそり準備してくれたのでうれしかったです。
IMG_1490.JPG
誕生ケーキ
IMG_1207.JPG
誕生日に食べたお寿司
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/680
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント