CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2012年12月生活記録 4期生 川上恵 | Main | 2013年1月生活記録 第4期生 武田太一 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2013年1月生活記録 4期生 川上恵[2013年02月02日(Sat)]





今月の報告は今学期受けるクラスについてである。今学期は5つ受ける。内容は次の通りである。

INT 778 Interpreting Medical Discourse
医学関連の通訳。病院、診断や病気に関する専門用語を学ぶ。

INT 778 Guided Research
実践研究。去年(前学期)からの引き継ぎで、テーマを決めて1年間研究。

INT 781 Field Rotation
実習。このクラスは去年の春学期から始まり今学期で3回目となる。
ボランティア通訳で経験したことと感じたことをクラスで共有したり、
倫理について話 し合ったりする。 去年までは聴者の教授だったが、
今学期はろうの教授なのでろう者からの視点から議論をかわしている。

LIN 541 Sociolinguistic
社会言語学. : 自由選択式のクラス。

ASL 770 Sign Language Planning and Advocacy
手話政策と権利擁護 : 政府等に対して手話の権利についてどう主張するかを学ぶ。

具体的な内容については、次の生活記録で報告したい。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/633
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント