CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2012年9月生活記録(第4期生 福永梢) | Main | 2012年10月生活記録 第4期生 武田太一 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2012年9月生活記録 第7期生 川口聖[2012年10月21日(Sun)]
こちらワシントンDCでは、寒くなったり、雨が降ればちょっと暖かくなったりするなど、サンフランシスコの空模様とは全く違った、東京の秋に近いような天気になっている。秋学期が始まったなと思ったらあっというまで、中間テストの週間が終わったばかりである。

Halloween.JPG
(もうすぐハロウィーン!)

☆今学期のクラス
これから卒業するまでずっとお世話になる予定のクラスメートの顔ぶれが決まった。全員11名、ろうの人(難聴者も含む)は5名、あとは聴者で、皆は手語会話ができる人ばかりである。今学期に履修する予定のクラスは3つ、いずれも必修科目である。

1) Phonology I
「音韻論」、音声学や形態論も一緒に学ぶが、単語1つ1つがどのように構成されているか研究する学問。母国語が他国語の影響などによってどのように変わったかを分析する。

2) Generative Linguistics I
「生成文法」、主に統語論であるが、文章1つ1つがどのように構成されているか研究する学問。Avram Noam Chomskyが提唱する理論について学ぶ。

3) Cognitive Linguistics I
「認知言語学」、言語を認知するところはどうなっているか研究する学問。Ronald W. Langackerが提唱する理論について学ぶ。

SLCC.JPG
(Sorenson Language & Communication Center)
これからずっとお世話になる校舎

☆わくわく
今学期は言語学の基本知識を学ぶといった内容であるが、まさに的を射たりという感じで、これからますますはまってしまいそうである。学校で文法を教わったのに、一般社会ではその文法通りになっていないなど、これまで気付かなかったことを見つけたり、英語の文法について今まで疑問に思っていたことがあっというまに解けたり、まるでおもちゃをいじるような錯覚が得られるほどだからです。

Bison.JPG
(Bison、ギャロデット大学のマスコット)
日本でのマスコットといえば、架空の人物が目立つが、アメリカでは実在の人物を模倣することが多い。

☆世界最小の国
世界最小の国といえば、バチカン市国であるが、小生は「ギャロデット大学の国」であると強調したい。ギャロデット大学に入れば、もう完全に手語の世界になっているからである。ろうの人か、難聴者か、聴者なのか区別がつかないほど、皆が普通に手語会話している。でも、「ギャロデット大学の国」にないものといえば、老人施設ぐらいかな!?
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/608
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
「ギャロデット大学の国」とは、大変面白い見解ですね。
ないものは老人施設か・・・
だから、ギャロの Homecoming には多くの年配の卒業生たちが毎年集まるのかも知れませんね・・・
Posted by:日本ASL協会責任者  at 2012年10月22日(Mon) 13:52