CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2012年5月生活記録 (4期生 川上恵) | Main | 2012年6月生活記録 第4期生 武田太一 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2012年5月生活記録 第7期生 川口聖[2012年06月18日(Mon)]
こちらオーロニ(Ohlone)では、午前6時頃明るくなり、午後9時頃やっと暗くなるというほど、昼間がすごく長くなってきて、本格的な夏に入った感じになっている。5月は大学の卒業式シーズン、6月は高校の卒業式シーズン、あちこちでお祭りみたいに行われている。

Ohlone_Recognition_1s.jpg
Ohlone_Recognition_2s.jpg
(Ohlone Deaf Studies Celebrationのリーフレット)

☆ふりかえってみて
たった10ヵ月間であったが、オーロニ大学で大学院に進学する前の心構えというか、すごく教わった感じがしている。おかげさまで希望通りの進路を決めることができて、これまでお世話になった皆様方に感謝したい気持ちいっぱいである。

・英語
日本にいる間、もっと励んでおけばよかったと、唯一の後悔になっている。でも、これからもその気持ちをバネにして頑張りたい。

・ASL
英語のほうを意識しすぎたため、ASLで自分の思っていることを全て言えるにはまだなっていない状態である。でも、焦らずにやっていき、ASLによる議論にもどんどん意見を言えるよう頑張りたい。

・ろう文化
アメリカと日本とのろう文化の違いは、基本的に変わらないが、アメリカ文化や日本文化の影響を受けている部分については、やはり違いがあると感じた。例えば、あいさつのしかたにアメリカではハグをするとか、ファーストネームで呼び合うなどである。

・歴史
アメリカに来て強く感じたことですが、アメリカは歴史を一所懸命につくっているという感じがする。アメリカ国民の皆がよく知っている歴史上の人物と言えば、ジョージ・ワシントン初代大統領であるが、まだ220年程前の話であり、日本では織田信長だと450年程前の話というほど、歴史については、日本のほうが圧倒的に長いのである。そこから日本人としての誇りを感じてしまうが、ろう教育については、アメリカのほうが長いのである。

アメリカの良さ、日本の良さ、さらに、中国、韓国、台湾、香港、インドネシア、タイ、モンゴル、フィリピンなどから来た聾の人達との交流することで気付いたアジアの良さなど、いろいろ発見することができて、非常に有意義な10ヶ月間であった。

☆夏休み計画
オーロニ大学のサマークラスで引き続き「英語のカベ」をなんとか薄くしていく、8月にドイツへ言語学に関するサマースクールに参加するという計画を立てた。

CSD_Graduation_s.JPG
(CSDの卒業式)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/577
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント