CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2012年3月生活記録 第7期生 川口聖 | Main | 2012年4月生活記録 第4期生 武田太一 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2012年3月生活記録 4期生 川上恵[2012年04月19日(Thu)]



今月の生活記録は、クラス以外に参加している団体について報告したい。その団体は盲ろう者協会(Metro Washington Association of the Deaf-Blind)で、昨年から時々会議に参加している。その時に介助者としてお手伝いをしているが、手話通訳が足りない場合は、通訳もやっている。実際に経験してみていくつか壁に当たることがある。アメリカ手話の語彙(指文字)の読み取りが難しかったり、内容を事前に知らされていなかったりして通訳が大変なときがある。しかしこれも経験の一つと思うようにしている。

先日、その団体で大きなイベントがギャロデット大学であったのだが、たまたま同じ時間に別のイベントもあった。その別のイベントはろう者とコーダ三人のアメリカ手話ストーリー(舞台)だった。盲ろう者達の希望によって舞台と映画鑑賞のグループに分かれた。殆どの通訳が舞台の方に行ってしまったため、私は後者のグループに入ることになった。そこで映画鑑賞を実際に通訳してみると大変であった。例えばろう者の場合は視覚、盲者は聴覚から入る情報で映画を楽しめるが、盲ろう者の場合どのように映画からの情報を得るのか、またそこで通訳になるとそれぞれの役者の言動と字幕等を全体的に読み取ってどのように伝えるのかが課題になる。私の場合、映画の内容を事前に教えてもらっていないまま通訳に入ったため、字幕の早さについていけなかった。一緒に組んだチーム通訳に協力してもらいながら、全体的な内容を当事者に伝えることができるように工夫した。その経験を通して、そのような状況に対応した通訳の技術について考えさせられた。

映画鑑賞に入る前に、その協会の担当から映画に出てくる中心人物5人の名前とサーンネームの紹介があった。通訳にとってサインネームをつけるのは問題ないのだが、映画が始まった時に、教えてもらったサインネームがどの人に当てはまるのかわからず大変困った時があった。このような状況に対して、前もって映画のタイトルを教えてもらって数回観るなど、全体的な内容をきちんと通訳できるよう工夫することが通訳者として大切な心構えだと実感した。これまでの経験から、盲ろう者通訳といえば主に会議がイメージだったのだが、映画鑑賞という状況に対応した通訳方法を取り入れることも考えるべきだろう。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/566
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント