CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2012年3月生活記録 (第5期生 川俣郁美) | Main | 2012年3月生活記録 4期生 川上恵 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2012年3月生活記録 第7期生 川口聖[2012年04月17日(Tue)]
こちらオーロニ(Ohlone)では、道を横断しようとするかたつむりがあちこち見かけるほど、雨の日が多くなっている。4月に入ってから雷も来ている。雨の日は思ったよりすごく寒くて、晴れの日との差が大きい感じなので、風邪を引かぬよう、健康管理に気を付けたい。やはり日本人はお風呂が必要だなと実感するこの頃です。

DSC_0053.JPG
(UCBに追い出された(!?)CSD跡地)

☆奨学生近況報告より
「第7期生の川口です。簡単な報告をさせていただきます。今秋、大学院に入学することはほぼ内定しました。最終的な決定はまだです。本当にみなさまのおかげです。でも、英語はまだまだと実感しているので、今後も一層頑張っていきたいです。これからもご支援ご応援をどうぞよろしくお願い致します。」複数の大学院に申し込んだため、全ての結果が分かり次第、入学先を決定するつもりである。日本みたいに合否通知日が予定されていないため、いつになったら決められるかわからない状態です。

DSC_0032.JPG
(いつもお世話になっているモール。日本でお馴染みの...!?)

☆ふう...
英語クラスでは、3つのエッセイを提出して、研究論文の書き方を学んでいるところです。テーマは自由に選べるが、6つ以上の文献から引用しなければならないことが最低条件である。もし日本語で書くとしたら、1、2日あれば足りる内容であるが、多くの英文の文献を読まなければならないこともあって、倍以上の時間がかかってしまい、なかなか読むスピードが縮まらない自分に苛立ってしまいそうである。ASLクラスは、相変わらずテストが多いが、もう慣れてしまっている。ASL言語学入門クラスは、中間テストがあったばかりで、リラックスしながら受講している感じになっている。早いもので今学期が終わるまであと1ヶ月程になっている。残りの期間を有益に使っていきたいものです。

DSC_0068.JPG
(UCBが欲しがっている(!?)CSDの「防人」)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/565
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント