• もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 第20期留学奨学生の紹介 | Main | 2024年1月「ろう青年会、史上初の合同企画」森本恵実(20期生)生活記録 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
【自己紹介】第20期生 森本恵実[2024年02月12日(Mon)]

初めまして、第20期の森本恵実と申します。

日本ASL協会聴覚障害者海外奨学金事業では、
今までアジア圏へ留学したという前例がないため、
選出頂けるのかとても不安でいっぱいでした…

しかし自分の成し遂げたい目標や熱意をお伝えした結果、
本事業の第20期留学奨学生に無事に選出いただけました。
半年間という長期にわたる審査をしていただき、ありがとうございました。

私の留学先は、韓国ソウル特別市にある崇実大学で、「スンシル大学」と読みます。
明洞という観光地から地下鉄で30分ほどの場所にあります。
2023年9月から編入し、今月で韓国生活5ヶ月となりました。
挨拶_崇実大学.jpeg

主に韓国人ろう者を対象に、
第二言語としての日本語を教える仕事がしたい
と思い、
崇実大学日語日文学科へ編入しました。

ろう者が第二言語を学ぶ時、音声を聞いたり話したりしながら、
健聴者と同じような方法で言語を習得するのが難しい現状にあります。
だからこそ、手話など視覚的な方法で日本語を学ぶことができる環境、
聴覚障害の特性、ろう社会やろう文化について
理解ある日本語教師の人材が必要だと思いました。

崇実大学では、「ろう者への第二言語としての日本語習得の支援」をテーマに、
日本語教育の手法や韓国から見た日本の文化や経済、社会など広範囲にわたって学んでいます。
韓国留学の先駆者として、その目標を達成できるよう、
日韓ろう関係構築に貢献できる人材になれるように邁進してまいります。

このブログでは大学生活だけではなく、
韓国手話や韓国ろう社会についてもお伝えできたらと思っております。
約2年半となりますが、温かい目で見ていただければ幸いです^^

簡潔ではありますが、以上挨拶ブログといたします。
ありがとうございました。

Posted by 森本 at 18:41 | 自己紹介/紹介 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/1451