CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2021年8月生活記録【第16期生 大西啓人】 | Main
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
留学奨学生帰国報告会、11月21日(日)オンライン開催決定![2021年09月15日(Wed)]
留学奨学生帰国報告会、11月21日(日)オンライン開催決定

今年もオンライン(Zoomミーティング)で開催します!
米国の大学院でろう者学を学んだ第16期留学奨学生の皆川愛さん。留学目的であるろう者への医療・看護ケアに繋げるため、ろうの医療や健康問題に取り組む研究や実践にも取り組んできました。
Minakawa2.jpg
    皆川16期生   

●皆川さんからのコメント●   手(パー)コメント手話動画手(パー)
みなさんは「ろう」という言葉からどのようなことを思い浮かべますか。ろう者学はろうの意味を捉え直す視点をもたらしてくれる学際的な学問です。この考えをろう社会での健康格差の是正や医療サービスの質の向上にどう生かせるのか、また、ギャロデット大学における豊富な学問資源についてもお話したいと思います。ろう者学は医療のみならず、教育や福祉、ビジネスやテクノロジーにも応用可能です。ご参加をお待ちしています!


1、日時
2021年11月21日(日)午前10時−12時

2、留学報告 *オンライン(Zoomミーティング)*
テーマ:「ろう」の意味を考える〜ろう者の医療にどう貢献できるか〜
報告者:第16期生 皆川 愛
(ギャロデット大学大学院ろう者学部修了)
*当日行う留学報告の発表資料の配布はありません。

3、参加費
無料

4、定員
80名程度 *定員に余裕がある場合は、〆切以降も受付します

5、その他
日本手話で報告します。
日本語音声通訳、字幕(UDトーク/修正なし)が付きます。

かわいい参加申込み、ただいま受付中ですかわいい
申込画面(こちらをクリック)からお申込みください。
またはFax、Eメールで@氏名、Aメールアドレスを明記の上、下記までお申込みください。
〆切:11月17日(水)まで
ryugaku@npojass.org(日本財団助成事業・専用受付)
03-3264-8977(Fax)

201103-NF-Flyer1.jpg
(写真をクリックすると、チラシPDFが開きます)

協力:
日本財団聴覚障害者海外奨学金事業留学奨学生同窓会

事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 12:21 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/1332