CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 第16期 大西奨学生、渡米 | Main | 第17期留学奨学生、募集中!〆切まであと10日! »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
【自己紹介】第16期生 大西啓人[2020年10月18日(Sun)]
【自己紹介】第16期生 大西啓人

-手話動画-

※内容はブログ記事と同様となっています。
※日本語字幕はついていません。

みなさんこんにちは!
第16期奨学生 大西啓人と申します。この度は日本ASL協会の日本財団助成事業である聴覚障害者海外奨学金事業にて、2020年第16期留学奨学生として選出していただきました。

私の留学テーマは「ろう生徒のためのろう教育および英語教育」です。今回のブログでは以下のことを紹介していきます。

私はだれ?なぜアメリカへ?
私は奈良県出身で、奈良県立ろう学校や関西デフフリースクール「しゅわっち」に通うなど常に手話がある環境で育ちました。大学では英語教師を目指し、英語教育を中心に英語の文化や歴史、言語学などを学んできました。

学生時代はろう学校などの教育現場でろう教育、とりわけ英語教育において大変苦労しました。
大学生になり、初めてろう英語教育において数々の問題があるとわかってきました。

いったいどんな問題を抱えているのか?
様々な問題がある中で私は英語教育で使用される"英語教材”に問題があるのではと考えています。現在ろう学校の英語の授業では教科書、英語教材を用いて行っています。しかしその教科書および教材は元々聞こえる人のために作られ、ほとんどは日本語での説明が多めで構成されています。

しかしろう児童生徒は、日本語での説明を理解する事が難しい上、スピーキングやリスニングによる学習コンテンツは困難であり、私の中に「ろう児童生徒の学びに有効なのか?」と疑問が生まれてきました。

私はスピーキングやリスニングに代用できるアメリカ手話(以下、ASL)でのコミュニケーション、ASLやイラストなどの視覚的教材を多く取り入れた英語教材を用い、英語を楽しみながら学べる授業が最適だと考えています。

9bdf2669e082d95e908e784a029dd1d1--asl-sign-language-american-sign-language.jpg
Photo Oct 18, 11 59 31 AM.jpg
例はこちら↑

アメリカでの教育環境は私が最適だと考えるものと似ています。アメリカでのろう教育問題を議論する場や大学院での学びはきっとたくさんの刺激と己の成長につながると確信しています。
そして、ASLによる英語教育を日本のろう学校に持ち帰るべく沢山のことを吸収したいと考えています。

コロナによる影響
ご存知のとおり、アメリカはコロナ感染者数や死亡者数など世界で一番多いといわれています。ここでは帰国及び入国の際、必ず2週間の自粛待機を要します。また自粛期間後でも外出時はマスク着用などルールがあります。
本来この時世の中、渡米は難しいのですが、留学先であるギャローデット大学で教鞭をとられている高山亨太教授のもとで対面授業を行うカリキュラムを組むことで渡米できました。高山教授のご厚意と大学からの手助けによって渡米できたことを感謝しています。

私は今、メリーランド州にあるカメルーン出身のGregoire Youbaraさんのお宅にホームステイしています。会話がすべてASLなので刺激のある毎日で、アメリカやアフリカ文化を実感できる恵まれた環境にいます。現在、新型コロナウイルスによって、院の授業は高山教授以外すべてオンラインで行っており、自粛生活が続いています。

Photo Oct 18, 11 58 12 AM.jpg
メリーランド州↑

Photo Oct 18, 11 15 06 AM.jpg
Gregoire さんのお宅↑

これからも学習・生活の様子を記録していきますので、応援ご協力よろしくお願いしまするんるん

【今回でお世話になった方について】
Kota Takayama
Ph.D., MSW, LCSW, LP
MSW Program Director
Department of Social Work
Gallaudet University

Gregoire Youbara
M.A.; M.S. Lecturer of French and Spanish
Co-advisor, International Studies Program
Department of World Languages and Cultures
Gallaudet University
Posted by 大西 at 18:23 | 自己紹介/紹介 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/1296