CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 第12回留学奨学生帰国報告会、開催 | Main | 1月生活記録【第13期生 山田茉侑】 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2019年1月生活記録 第10期生 辻功一[2019年02月03日(Sun)]

こんにちは、今日も生きています。
10期生の辻 功一です。

新年おめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
正月休みは日本でゆっくりと過ごしてきました。そして日本への帰省もこれが最後になるでしょう。
渡米してから4年半が経過し、いよいよ最後の学期を迎えました。

BADM 495 (Applied Strategic Decision Making)
「戦略的意思決定」
前学期に受講したMBAクラス(MGMT 698)の時と同じ教授による講義で、キャップストーン・プログラム(全カリキュラムを履修した上で、総仕上げという形で実施されるプログラム)です。
戦略的な管理フレームワークを使用し、経済的、論理的かつ付加価値のある解決策に向けてすばやく意思決定を行う方法を学ぶといった内容です。

MGMT 389K (Internship in Entrepreneurship and Small Business Management)
「起業家精神と中小企業管理のインターンシップ」
ビジネス部門長の許可制によるインターンシップ・プログラムで、チコ市内にあるスタートアップのサポートをしているNPO団体のオフィスで週9時間のインターンシップをしながら、自身のプロジェクトを進めるといった内容です。

201901.jpg
<こちらでは練乳じゃなくてチョコなんですね。僕は何もかけない派ですけど>

最近、カリフォルニア州の電力・ガス大手 PG&E が米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)を申請して破産しました。
実は2017年のワイン産地で有名なナパ・ソノマ郡の山火事はPG&Eの設備不良による火花が原因とされ、PG&Eに対して多数の訴訟が起きているのですが、去年パラダイスで起きた大規模山火事も同様にPG&Eの設備不良が疑われています。それらの賠償で約3兆2千億円を超す負債が生じる可能性があるため、破産を決めたということですね。

余談になりますが、カリフォルニア州の面積は約42万km2あり、日本全土より約5万km2広いんですね。そのカリフォルニア一帯をカバーするPG&Eの売上高もすごいことになってるのかなと勝手に想像していたのですが、調べたら東京電力約6兆円の売上高に対し、PG&Eは1兆7000億円ほどでした。(桁を間違えたのかと何度も数えましたよ・・・) ちょうど九州電力と同じくらいでした。
さらに驚くことに、PG&Eの純利益は東京電力より若干多いんです。
つまり日本より広い面積で、九州電力と同等の売り上げで、九州電力どころか東京電力よりも高い純利益を出しているということです。
これが何を意味しているのかというと、やはり思いつくのはひとつですね。

以上です。
日本ASL協会から8,188km離れたチコ大学からの報告でした。
ありがとうございました。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/1212
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント