CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2018年8月 生活記録 【第12期生 西 雄也】 | Main | 2018年8月生活記録 【第13期生 山田茉侑】 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2018年8月生活記録 12期生 福島愛未[2018年09月07日(Fri)]
こんにちは、12期生の福島です。



7月の半ばから、すぐに疲れてしまう身体をなんとかしようと筋トレを始めてみました。いつもなら三日坊主の私ですが、今回は珍しく続けることができ、終いにはランニングにも行くほど体力がついてきました。週に一度友人とワシントンDCにあるナショナルモールを走るのですが、都会の中にある自然に癒されます。




電動キック.png


(ナショナルモールにあるワシントン記念塔)




この写真の片隅にあるこの電動キックボード、最近都市部で爆発的に流行っています。この夏は街のいたる所に電動キックボードが置いてあり、専用のアプリがあれば好きな時に好きな場所で乗り捨てができます。レンタル自転車とはまた異なった楽しみがあり、私もこの夏に何度か乗って見ました。

ワシントンDCで見かけた電動キックボードは主に

・Lime

・Bard

・Skip

があります。Bardはアメリカの運転免許も登録する必要があるのですが、Lime Skipは今の所クレジットカードさえあれば使うことができます。アメリカの都市部を観光する機会がある人はぜひ利用して見てください。


スクリーンショット 2018-09-07 午前9.40.40.png


スクリーンショット 2018-09-07 午前9.40.53.png

(街のいたる所の電動キックボードが置かれています)


*とても楽しかったので日本にも導入されないかなと調べた所、日本の交通法では電動キックボードは自動車と見なされるため、ナンバープレートの設置など厳しいルールをクリアする必要があるようで難しいようです。がっかり



◆Studies◆

今学期はいよいよ留学生活最後の学期です。

・Language Atitude

・Disabilities Studies

・DeafSpace Design

・Independent study

の4つのクラスを取ることに決めました。



Gallaudet Universityでは毎年秋学期にDeafSpace Designのクラスが開講されるのですが、今年は指導する先生が見つからず開講できないと夏休みに聞かされていました。途方にくれていたのですが、前回のブログにのせた、ニューヨークで行われたろう建築家会議で奇跡的な出会いがありました。参加者の一人と秋学期のクラスについて話すと、なんと以前Gallaudet UniversityでDeafSpace Designを教えいたことが発覚しました。秋学期のクラスについて相談した所、すぐに大学に掛け合ってくださり、秋学期にDeafSpace Designを受け持ってくださることになりました!

それだけではなく、以前から興味があったGallaudet UniversityのOffice of Campus Design and Planning,つまりDeafSpace Designのプロジェクトを行なっているオフィスに問い合わせてくださり、9月半ばからインターンシップもできることになりました!



今学期は今まで以上にハードなスケジュールになりそうですが、自分の専門についてどっぷりとつかれるためワクワクしています。



来月のブログでクラスの詳細を紹介する予定です。

では皆さんまた来週きらきら









この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/1184
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント