• もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2018年1月 生活記録 【第12期生 西 雄也】 | Main | 2018年2月生活記録 第11期生 <牧谷陽平> »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2018年1月生活記録 【第13期生 橋本重人】[2018年02月07日(Wed)]
s_IMG-1076.JPG

s_IMG-1078.JPG

s_IMG-1099.JPG

2月5日現在、ここフリーモントはすっかり春らしい雰囲気になりました。丘の上にあるオーロニ大学のふもとでは桜や菜の花などが満開となっています。新たなスタートの気分とともに春学期の5クラスを履修しています。

1月半ばに受検したTOEFLについては同期の山田さんが詳しく説明してくれているので、ここでは1月末から始まった春学期で履修しているクラスの紹介をしたいと思います。

1. Grammar(文法クラス)
2. Reading & Writing(読解・記述クラス)
3. Deaf Education(ろう教育クラス)
4. Deaf History(ろう歴史クラス)
5. Linguistics of ASL(ASL言語クラス)

1. Grammar(文法クラス)
秋学期より続けての受講となります。このクラスの先生の説明はとても分かりやすく、毎回の講義が終わるたび、学んだ文法を意識しながら英文を読み進められるようになり、英語に対する抵抗感が次第に減っていきました。パズルのピースをはめているかのように、面白く学んでいます。たった5名の受講生だった秋学期ですが、春学期では3倍以上の16名の受講生に増えました。

. Reading & Writing(読解・記述クラス)
読解と記述をともに学ぶことができるクラスです。まだ3回ほどしか受講していませんが、提示された課題についてグループで話し合い、エッセーを書く作業を進めるという流れで学んでいます。先生の意図は何か、文章のポイントは何かを考えながら進めているので、秋学期と比べてかなりハードな作業です。この春学期であらゆる面で上達できたらいいなと思います。いや、上達しないといけません。

3. Deaf Education(ろう教育クラス)
日本では10年間のろう学校の勤務経験がありますが、アメリカのろう学校やろう教育のシステムについて知りたい、また、秋学期でのフリーモントろう学校のボランティアを参考に学びたいと思い、受講を決めました。週に1回のクラスなので、講義の前に読んでおく論文の量が多く、1週間で60ページ以上も読み上げるという大変な準備が必要です。全て読み切るには時間がかかるため、ポイントだけを押さえて読み進めています。

4. Deaf History(ろう歴史クラス)
初めての夜間クラスです。夕方の6時から9時10分までです。担当がフリーモントろう学校の高等部で歴史を実際に指導しているろうの先生で、かなり気さくな方です。手話もかなりネイティブなので、読み取るのに苦労しますが、早く読み取れるように慣れていきたいです。ここでは、アメリカでのろうの人たちがどのように活動してきたのかを深く学ぶクラスです。この春学期で一番楽しみにしているクラスです。

5. Linguistics of ASL(ASL言語クラス)
私は渡米する前にJASS(日本ASL協会)が主催するクラスでアメリカ手話を2年間学び、日常会話として使ってきたのですが、言語として分析したことはありませんでした。どのように分析したらいいかを興味をもち始めました。また、アメリカ手話と英語との関係についての講義もあると聞き、受講することにしました。そのクラスの担当もろうの女性で、手話表現が穏やかで魅力的です。

今学期は秋学期と違ってさまざまなろうの先生と関わることができるチャンスです。残り半年のオーロニ大学でたくさんの収穫を得られたらと思っています。それでは、また来月!

この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/1136
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント