CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2017年12月生活記録 【第13期生 山田茉侑】 | Main | 第11回留学生帰国報告会、開催 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2017年12月生活記録 第10期生 辻功一[2018年01月07日(Sun)]

こんにちは、今日も生きています。
10期生の辻 功一です。

落ち葉もだいぶ減ってきて一層寒くなってきました。
あくまでも私見ですが、アメリカ人はあまり省エネを気にしていなくて夏は冷蔵庫?冬は常夏のビーチ?と思うくらい冷暖房ガンガン効かせるんですよね。僕のアパートも結構寒くなってきましたが、窓を全て気泡緩衝材(いわゆるプチプチ)で覆って寒さをしのいでます。おかげでまだ暖房の出番はありません。ちゃんと採光もできるし、結構使えますよ、プチプチ。

さて、北風が落ち葉を吹き飛ばすかのように、チコでの3年目の秋学期はみるみるうちに去って行きました。

BLAW 415 (Entrepreneurship Law)
「起業家のための法律」
主にコモン・ロー、統一商事法典、国際物品売買契約下の各種法律についてケーススタディを取り入れながら学んでいきました。あまりにもたくさんの法律があるのと、グレーな部分が多く、理解に非常に難儀しました。やはり法律関係は語学力がすごく肝心なので、自分自身、ちゃんと身についたかというと微妙な感じもしますが、それでも基本的な部分はざっくりと理解できたかなと思ってます。起業家にとって最も大事な知識は「法律」と「ファイナンス」だと改めて感じています。

MGMT 451 (Business Plan Development and Financing)
「ビジネスプランの策定と資金調達」
前学期から進めているビジネスプランをさらに詰めていくという条件で、引き続きこのクラスでも同じアイデアでビジネスプランを作成しました。ビジネスの成功への近道にはニッチを見つけることやバリューチェーンを再構築するという方法がありますが、いざビジネスプランを作成しようとするとデータ集めに苦労することがよくあります。それも当然で前例がほとんどないからなんですね。そういう時は近い業界やライバルを仮定して、自分なりに数字を割り出しますが、そこで気をつけなければならないのは厳しい目で見て慎重に計算するべきだということです。起業のよくある失敗例に、はやる気持ちを抑えきれずこの見積もりを過大評価してしまうそうです。

MGMT 452 (Launching and Managing the New Ventures)
「ベンチャーの立ち上げと管理」
教授がかなりのワイン通でワイン業界に精通していることから、このクラスでは主にワイナリーの経営を通して、どのようにベンチャーを立ち上げ、そして成長させるかをロジカル的に学びました。よくブルーオーシャンを見つけ出して利益率の高いビジネスをすることが成功への近道と言われていますが、楽に参入でき競争のない業界などはもはや残っていないという現実ではニッチや代替サービスの開発、バリューチェーンの再構築にフォーカスするべきであるなど、そういった内容でした。

秋学期終了後は1/22からの春学期までの束の間の冬休みに入ります。

P_20180102_170802.jpg
<夕暮れの房総の海>

ここで唐の王建による詩「冬至後招於秀才」を持ち出してみます。

日近山紅暖氣新、
一陽先入御溝春。
聞阯ァ馬重來此、
沐浴明年稱意身。

冬の到来は来年の春に向けて英気を養う時期でもあります。

以上です。
日本ASL協会から8,188km離れたチコ大学からの報告でした。
ありがとうございました。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/1128
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント