CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2017年4月生活記録 第10期生 辻功一 | Main | 2017年4月生活記録 12期生 福島愛未 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2017年4月 生活記録 【第12期生 西 雄也】[2017年05月05日(Fri)]

4月は雨が降ったり降らなかったり、夏並みに暑かったり寒かったりと温度差が激しい時期でした。
4月も終わりに差し掛かる頃には、ようやく落ち着いてきましたが、昼間は日差しがかなり強くなり、乾燥も強まってきました。
サマータイムに突入したことから、夜の8時頃に暗くなっていくので、時々、時間感覚が混乱するなどの気分を味わっています。

IMG_0286.jpg
気分転換で訪れたHaywardにある丘から


◆クラス
Readingクラス(デフクラス・メインストリームクラス)
Manzanarという本は22章で構成されており、現在最終章に差し掛かっているところです。現在読んでいる章は、昔アメリカで生まれた日本人が少数派という立場でどのように過ごしてきたかの時代背景の話について書かれており、面白く読んでいます。これまで、本の内容を理解し、様々な質問に対して自分の言葉でまとめて書き出していくという取り組みを何回も行ったのですが、大変良い勉強になったと感じています。また、春学期も終わりに差し掛かっているので、テストを行うことも増えてきました。今後デフクラスと同時にメインストリームクラスもボキャブラリーの小テスト、テストがあるので引き続き、受けていく予定です。

Writingクラス
ProエッセイとConエッセイの書き方について学んでいます。自己決定したテーマに対する賛否評論を客観的な視点を持ちながら、ProとConエッセイを書いていきます。このエッセイは、色々な書き方やルールがあるので、どのように表現していくのが良いのかを学びながら、参考文献やインターネットを活用し、公平かつ均等に掲示する方法を学んでいます。参考文献やインターネットから引用する文章を探す際、多くの時間を要することもありますが、今後研究論文を書く時に大いに役立つ内容だと思っています。

Deaf Education
「人工内耳を生まれた時から装用することを義務付けるべきか」、「15歳までは人工内耳をつけてはならない法律が必要である」という二つのテーマのどちらかを選択し、それを政府に手紙を出すことを想定しながら参考文献やインターネットで証明するものを検索しながら書いていく内容であり、エッセイとはまた少し異なった表現方法や形式を学ぶことができました。


◆イベント
ろう女性達の運動についての講演があり参加しました。昔はアメリカでも男性より女性の立場が弱く差別的な扱いが強かった時代があり、更にろう者ということで様々な壁があったといいます。ろうの女性たちを集め、どのように男性と平等に活動できるようにしてきたのかの内容を話し、現在は力関係の面で女性が不利益な状況に陥った時にどうすればいいのかについて講演していました。

IMG_0218.jpg
↑ろう女性達の運動についての講演


春学期も残り半月となり、更に多くの課題が出されています。また最終テストも待ち受けている状態なので体調管理に気をつけながら頑張っていきます。

春学期が終了した後は、あっという間に夏学期が開始するので今後も引き続き励んでいきたいと思います。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/1066
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント