CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 留学生近況報告 - 山本10期奨学生 | Main | 2017年3月生活記録 第11期生 山本芙由美 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
留学生近況報告 - 瀧澤9期奨学生[2017年03月20日(Mon)]
留学生近況報告 - 瀧澤9期奨学生

米国のギャロデット大学(ワシントンD.C.)に留学中の瀧澤9期生からの春学期の近況報告です。
ギャロデット大学に来て2年が経とういる今、残り期間、これまで以上にチャレンジする日々です。

↓<↓瀧澤9期生>

(2017年3月12日撮影)

ギャロデット大学の紹介 
1864年に創設されたワシントンD.C.にある世界唯一のろう・難聴者のための総合大学。大学内でのコミュニケーション手段は、アメリカ手話(ASL)と英語で、学長や教職員、スタッフ、学生など学内みんなが手話で話します。

photo6.jpg
室内競技場、卒業式もここで執り行われます

GU1.JPG
隣には広いグラウンド


事業担当者:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 18:32 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/1052
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント