CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
« 2017年2月生活記録 第11期生 山本芙由美 | Main | 2017年2月生活記録 第9期生 瀧澤泉 »
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
留学生活記録 第11期生 <牧谷陽平>[2017年02月25日(Sat)]
Rochester は今冬,2月に雪がほとんど降らず,春のような季節でした。雪が降るといっても1日中降って積もって,次の日には晴れて雪は解けてなくなってしまうことなんか4~5回ほどありました。異常気象ですね…

IMG_8100.JPG

2月頭に,スケートのフェスティバルがありました。大学生でにぎわっていたのですが,スケート靴が限られていて靴をゲットするのにかなりの時間を費やしました。ここでも盗難が起きました


さて,今回は月曜と火曜のクラスの紹介をします。

月曜日 ASL Instructional Delivery
私のお気に入りのクラスです。クラスでASLをどう使うかのクラスです。もっというと,ASL探究といったところです。このクラスのルールは,2つあり,次のものが禁止されています:
1. 指文字 (人名などは構わないが,クラス内で使う単語は指文字禁止)
2. 指文字を取り入れた手話 (環境という手話を,左手親指を立てて,右手はカの指文字で左手を囲む手話など)

1回目のクラスでは,Literacy (リテラシー) とは何か,から始めていきました。リテラシーとは何か,を議論してそれを頭に入れて1学期間,学習していくとのことでした。
先生によると,ASLは英語に依存している部分が多いとのことでした。確かに私は英語があまりできません。なので,アメリカに来て指文字を見るたびにイラッとするのは,そのせいなのかもしれません。日本は手話を30 ~ 40ぐらい表現したら指文字が1つ出てくるのですが,アメリカは8~10ぐらい表現すると必ずと言っていいぐらい,出ます。先生はこれを問題視し,教科内で使う単語を手話で表していこうとのことでした。たとえば,生物では眼球の周りにある筋肉4つの名称から始まり,脳への信号を伝えるメカニズムを説明した3分の動画を見て,“単語” はいくつ出てきたか?を話し合いました。

IMG_8326.JPGIMG_8046.JPG

登下校中に雪の上を歩くのは楽しいですが,もっと楽しいのは動物の足跡を見てどんな動物か予想することです。リスだったり犬だったりするのですが,鹿の足跡まであります

火曜日 Foundations of Educational Research
統計学のクラスです。大学院に行くと,アンケートを取ってその結果を集計するのですが,その集計の仕方や,結果の出し方を学ぶクラスです。私は数学が専門なのですが,このクラス…さっぱりわかりません…。先生の説明がとても複雑すぎて,私をはじめ,他のクラスメイト達はみんな統計において初心者です。基本の “き” を 知っているかどうかのレベルです。先生がパワーポイントを使って説明しているのですが,1スライドの中の,たった1段落で私がどんどん質問してそれに誘発されたクラスメイトも先生を質問攻めにして,この1段落だけで90分も費やしてしまいました。これからどうなるか,クラスメイトの皆も先生にわからない,わからない,例を出してほしい,と理解しようと頑張っています。

IMG_8028.JPG

自分たちの部屋から見える,真っ白な平原。朝はクラスがないので,映画を見て英語を勉強するときにはこの白銀の世界も癒してくれます

Language Acquisition Learning
1月の生活記録でも報告しましたが,実はあの後,大学側で事情があり先生が変更になりました。先生が変わったので,宿題やクラスの内容も変更になったのですが,一番大きいのは宿題が変わったことです。前の先生は学期末のレポートを一人10冊読んで,15ページのレポートだったのですが,新しい先生は “これは量が多すぎる” と言って,4人1組のグループワークにし,本の量も一人2冊にまで,1グループで15ページという量に減らしてくれました。クラスメイト全員喜んでいました (笑) 変更後の先生はとても説明が分かりやすく,核をついていて頭にスポスポ入ってきます。

IMG_8194.JPG

担当の教授の変更後のクラス。雰囲気もやわらかくなりました

◆今回のひとこと◆
アメリカ人の運転はとても荒いです。例えば信号が赤に変わると急ブレーキになり,信号が青になるとアクセル全開する人が多いです。さらには,カーブのときはスピードを落とさず,そのままカーブするので,力を入れておきます。ひどいのは買い物のときです。袋いっぱいに詰めた食糧が,このカーブでトランク内に散ります…。友人にゆっくり曲がって,と言ってそのときはゆっくりしてくれるのですが,しばらく日が経つと忘れてしまって,また同じことの繰り返しになってしまいますね…
この記事のURL
https://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/archive/1040
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント