CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
防府市大道地区の福祉活動を主体に 日頃がんばっている団体や個人を紹介し、皆様からのご提案を期待しています。
プロフィール

大道地区社会福祉協議会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
タグクラウド
https://blog.canpan.info/daidoutikusyakyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/daidoutikusyakyou/index2_0.xml
検索
検索語句
駅前花壇[2020年06月28日(Sun)]
久々の会議でマスク越しながら評議員の皆さんのお姿に新鮮味を感じながらも、事務局からの1時間以内で終わるようご協力を、との妙な指示で決算審議も熱の入らないまま終了。
対照的に、今月15日に大道駅前花壇の協議会を、まちづくり推進協議会メンバー8人で行った際には「久し振りの会議で皆と会うと、何か懐かしいのー」と感動に近いお声があり会議が盛り上がったことが印象的でした。

前日の土曜日が予想外の悪天候で花壇の苗の定植を今日に延期して蒸し暑い日差しの中28名で作業しました。
高川学園サッカー部員4名も臨時参加してくれました。サルビアもマリーゴールドも小学校の苗の余りを頂いて2,500本、800本と大幅に増加。明日からの水やり等世話役の順番も決めて1時間で終了しました。
まちづくり担当のプロの報道官が1時間後には記事を届けてくれました。
右はアマの作業風景の写真。
DSC_0277.jpgDSC_0276.JPG
順調すぎる天候[2020年06月27日(Sat)]
新型コロナウイルスの感染状況も少しずつ落ち着き始め、経済活動も元に戻り始めたのかなと感じるのが近くの山陽本線の貨物列車の往来です。早朝2時ごろから頻繁に走行し、貨物車量も長くなっていて昼間の旅客列車が通る30分の間に3本前後が通過しています。コロナの関係で店頭購入でなく宅急便が増えたこともあるのでしょう。

前回のブログでもお知らせしましたが、貨物列車も学生生徒の通学も賑やかになってきた大道駅の高川学園側の花壇に花の苗の定植作業が明日約20名の有志で行われます。
市の花サルビア2,000本・マリーゴールド700本を市花木センターがら頂き、心配していた空模様も順調なようで定植後は今後の管理についても話し合う予定です。
追伸
順調すぎるどころでなく、今日27日(土)予報が全く変わり、大雨。日曜日に変更。でも参加者への延期連絡もLINEあり、SMSありで、かつて苦労したことと比べれば・・・順調ふらふら
DSC_0268.jpg
順調に田植え用の雨[2020年06月19日(Fri)]
佐波川を農業用水としている大道南部の田植えが本格化しています。前日のかなりの雨量が幸いし、一斉に代かき(田植え前に均平に水を張る作業)が始まり、20町歩田植えする専業農家では大型トラクター2台が田んぼの中を走り回っています。この数日で小さな苗が120町歩一面に植えられることになります。

大道駅前(高川学園側)に駅の南北通路改築時(2004年)に併せ、約120uの花壇が設けられ、老人クラブで管理(一部JA女性部)して頂いていましたが、最近人手も足らずお世話できなくなった、とのことで、まちづくり推進協議会のメンバーで協議した結果、自治会女性部・社協・山口短大地域連携センター・JA女性部や地域に役立ちたいとして高川学園サッカー部員の中の農業部が共同で花壇のお世話をすることになりました。
明後日整地・施肥。27日にサルビア1700本・マリーゴールド500本や個人で毎年協力して頂いている個人の方からの数種の苗などを定植することにしています。
少しずつでも街づくりとしての協働意識が広がる契機になれば、と願っています。

入学時から休校となっていてお世話できたのかな、と思いながらも、1年生の輝くような目に見守られながら朝顔の苗が大きくなっています。
DSC_0257.JPG




待たれる検査技法の向上[2020年06月12日(Fri)]
日本国内では新型コロナウイルスの2次感染が抑え込まれている印象が続きます。
アメリカやブラジルなどでは感染拡大が続いています。世界全体で5月15日感染者数440万人、1週間後は510万人、そのT週間後は600万人、10日後の6月11日には724万人。
最近の新聞などのニュースは日々変化する世界、コロナ対応技術の進歩など読みごたえがあります。日本のタカラバイオ社は従来24時間かかっていたPCR検査を2時間で、しかも5000件処理できる手法を開発。今後もっと進歩すれば(私見)数秒のうちに検査結果が出来、無感染の確定できた人同士で思いっきり飲み会も出来るかもわーい(嬉しい顔)

昨日は3か月ぶりに大道地区民生委員児童委員協議会が開催されましたが、社協としても各地区の理事さんなどに空白期間の経過報告や敬老会の中止などを報告せねばと資料作りをしているところです。

甲子園に代わって県内大会が予定されているようで、高川学園野球場で通常通りの練習が再開されました。内野の芝生化が完成し、見栄えの良いグランドとなっています。陸上競技場もサッカーや陸上部の選手たちがユニフォーム色鮮やかに躍動中。
DSC_0250.jpg
見つめなおした日常[2020年06月05日(Fri)]
企業の決算発表でコロナの関係で大きく売り上げが落ち込み赤字決算との報道が続いています。とすると黒字になったのは誰なんだろうと疑問に思っていたのですが、日経新聞に興味深い記事が載っていました。コロナ騒動についてのアンケートで「気が付いたこと」の1位が巣ごもり生活により「お金がかからないこと」。外食・交通費・交際費などの出費が大幅に減少したことに驚いた、と回答した家庭が多かったとのこと。第2位が自宅に不用品の多いこと。最近の自治会の不燃物収集日にはこれまでの3倍近い不用品らしきものが出されていることがこれを裏付けています。
いずれにしても「新しい生活様式」は浮(うわ)ついた消費行動が減り、企業にとっては「厳しい商売様式」になりそうです。

今日は二十四節気の「芒種」。とげ(のぎ)のある稲や麦の種をまく時期で物事を始めるのに縁起が良いとされています。大道地区でも箱育苗としての稲の種まきが各農家で行われ、自宅前庭に並べられています。
かたや大農家では麦刈りが真っ盛り。好天続きで豊作のようです。学校の食パンは全量県内産小麦が使われますが、学校給食も今年は提供されない日が多く、酪農家の牛乳とともに農家にとって悩ましい状況です。
麦刈りが終わると3週間後には田植えとなり超多忙な時期です。
DSC_0231.jpg