CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
防府市大道地区の福祉活動を主体に 日頃がんばっている団体や個人を紹介し、皆様からのご提案を期待しています。
プロフィール

大道地区社会福祉協議会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
タグクラウド
https://blog.canpan.info/daidoutikusyakyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/daidoutikusyakyou/index2_0.xml
検索
検索語句
ランダム感想文[2021年04月16日(Fri)]
思いつくままに新聞記事からの感想。
防府市立小学校16校の入学式で昨年度より141人少ない948人が入学したとのこと。141人減とはショックです。

コロナワクチン接種で英国では2020年12月から接種を始め、これまで人口の半分3200万人が1回目の接種を受け、1月のピーク時に6万人を超えた1日当たりの感染者が最近は2,000人程度。ピーク時死亡者1,800人が100人を下回っている。
片や、未だ日本で議論されていることと言えば、集団接種会場への看護師の派遣は会場が臨時の医療機関であるとして、労働者派遣は禁止されているとのことで、自治体が直接看護師を雇用する必要があるところ規制緩和で来年2月下旬まで派遣を認めることとした。労働者側委員はなし崩しにならないよう求めるとのこと。縄張りを乱すな、ということらしい。

東京電力第1原発で増え続けるトリチウムを含む処理水の海洋放出を決めたところ、風評被害を漁業者が懸念している、と報道。風評を作り出し拡散するのは、ほぼマスコミであって、漁業者ではないはず。早速中国や韓国が海洋放出に反対していると、外国の反応を持ち出し始めた。中国も韓国も原発から汚染水を放出しているのに。慰安婦や徴用工問題で外国が怒っていると報道し、真実を伝えない構図がここでも。

奈良県がコロナ病床としての提供を民間病院に要請したという。空き病床があってもコロナ感染者を受け入れようとしない民間病院に呼び掛ける。隔離措置や人員不足などを理由に受け入れない医師。本音はここでも風評被害による受診者の減少を気にしている? 日頃地域医療に貢献しているとして多額の税金をつぎ込んでいるはずだが。

今日19時より大道地区自治会連合会総会が行われました。25地区のうち19地区が新任の自治会長で、また、25地区のうち10〜11地区が自治会長が1年交代制になっていて、審議する事項によっては過去の経緯や暗黙の了解が通用しなくなっている、と感じたところです。


ようこそ大道へ[2021年04月09日(Fri)]
紀元前565年の4月8日は釈尊誕生日です。釈尊の誕生を祝って「花まつり」や甘茶が定番ですが、3密防止で行事を大々的に行うことも遠慮されたのか、お寺からのPRも控えめで伝統行事継承の危機がここにも感じられます。

コロナワクチン予防接種券が我が家にも届きました。65歳以上の方へ4月26日から予約開始で集団接種は5月10日からとなっています。皮肉っぽく考えると、若い人を優先して接種し、しっかり飲んで外食を摂取?して景気回復・・・・ッてのは駄目?ふらふら

今日は大道中学校の入学式でした。高川学園中学校では104人入学で学業英才・スポーツ・スポーツ選抜に各30余名、山口短期大学ではベトナムより7名を含め56人入学。新しく大道の地で学生生活が始まる若者も多いでしょうが、学業に専念し田舎らしい風土を楽しんでもらいたいものです。


花爛漫[2021年04月02日(Fri)]
例年インフルエンザでピーク時は数万人規模になるところ、昨年11月〜今年3月は100人未満で推移。防府市でもインフルエンザ感染者ゼロらしく、影響大きいのは・・・薬局?

市内で新型コロナワクチン接種として65歳以上に接種券の発送が始まったようです。5月10日に集団接種として防府駅前JA本部で始まり、その後小学校へ巡回するとのこと。
接種する人についても政府は医師や看護師以外を検討するようですが、英国のように研修を受けたアルバイトにまで拡大することはなさそうで、歯科医まででしょうかね。

新年度恒例の異動シーズンです。大道大繁枝地区自治会長も任期満了で新会長へ引継ぎを終えました。会館の鍵や市広報受け大型ボックスを新会長宅に持ち込んだ時に、ようやく任務終了ということを実感したところです。

大道公民館(富海・小野地区も)には地域活動支援を重視するとして館長さんと主事さんが常勤型の職員とされました。地区住民とともに親密な活動を行うためには日頃のたゆまぬ信認行動が欠かせません。大いに期待するとともにできる限り協力したいと思います。

大道駅前花壇もボランティアによる管理活動のお蔭でパンジーも花盛り。高川学園周辺の桜とともに散歩する人の目を楽しませています。
DSC_0570 (2).JPG
スマイル通信発行200号[2021年03月26日(Fri)]
21日にアンカレッジで行われた米中外交トップ会談の中国側の代表の高姿勢には驚かされました。米国流の民主主義を押し付けるべきでない、とか中国の社会システムを中傷しようとする試みはまったく無駄に終わる、など口をとがらせてのアメリカ批判は自信満々の今の中国を象徴しています。

4月新年度が近づき、決算を始め年度内で片付けねばならない諸業務に追われています。早くから進めておけば、ということばかりですが‥…。

毎月発行のスマイル通信4月号が200回目となりました。永く続けてこられた先輩方、情報提供など協力頂いた地域の方々に感謝する次第です。
EPSON001 (2).JPG
卒業式[2021年03月19日(Fri)]
明日は彼岸の中日となる春分。桜は平年より5日早く開花しているとのことで卒業式と入学式の間に咲き誇る年となりそうです。

大道大繁枝地区自治会総会の書面表決が集まりました。投票率83%。自治会会費の年6,000円から5,000円への値下げ案や会館に冷暖房設備を設置する案について賛否集計しているところです。

小学校卒業式。33名の卒業生が5年生に見送られて。
DSC_0536 (3).JPG

自治会総会は今年も賛否を書面で。[2021年03月12日(Fri)]
世界的なワクチン争奪戦で日本には4月中に65歳以上3,600万人の、わずか4%140万人分が到着するとのことで、予定よりも相当遅れそうです。
それにしてもファイザー社の高飛車な態度が目立ちます。交渉相手として河野大臣でなく、菅首相を出せ、と要求したり、ワクチンに欠陥があって健康被害が出た場合の補償契約を拒否したり、結局言われたままの高価格で契約となったようです。ファイザー社にとってモデルナ社の1回接種型が出てきたり、冷蔵庫並みの低温で保管可のワクチンが販売され始めて、焦っているはずなのに。
米国ノババックス製ワクチンが山口県光市の武田薬品で生産中で治験の終わる7月ごろに出回るようで、山口県人を優先して……そんなレベルの話じゃなさそうだね。

米国では200兆円のコロナ対策法案が50対49で可決され、再び定額給付金が交付される。去年3月には1,200ドル、12月600ドル、今回1,400ドル、合計日本円で35万円となる。3月中には支給されるとのこと。毎月7兆円近い貿易赤字のなか 大丈夫?

今週は公立高校入試や中学校37名の卒業式が行われたり(取材)、朝7時からの大道大繁枝地区の資源ごみ収集に出たり、総会書面表決の賛否票が集まってきたり、と年度末の気ぜわしい毎日となっています。



見込みの立たないワクチン接種[2021年03月05日(Fri)]
今日は二十四節気の啓蟄。三寒四温とはよく言ったもので…でも三寒六温ぐらいの昨今です。

ワクチンの接種率を上げるため一部自治体では百貨店の買い物割引券の発行を検討するなど、自粛助成金交付で感染率低下競争のあとは接種率高率競争となりそうで、ここにも多額の税金が費やされそうです。

1都3県は病床使用率が高く緊急事態宣言2週間延長するとのこと。米国では28百万人もの感染者がいながら医師総動員で対応し病床ひっ迫も無いようですが、なぜ日本は?  結局、憲法に緊急事態の規定がなく、国家総動員で再び米国に挑むことを恐れたGHQが制定を拒否した‥‥ということにしておきましょうもうやだ〜(悲しい顔)

大道地区でも4月以降65歳以上の方への接種が行われる予定で、小学校の体育館が土日曜日午後から使用禁止見込みとなっていますが、医療関係者にもようやく始まったばかりですし、学校も地元の行事関係者も利用予約が見込めず、悩ましい事態となっています。



せわしい年度末[2021年02月26日(Fri)]
新型コロナウイルスで10都府県に発令中の緊急事態宣言の解除をめぐっては科学的根拠のない状況となっていて決断あるのみの様相を見せています。突き進むことは得意だけど、やめることを決断することが苦手な日本だなーと感じるこの頃です。

4日前に大道大繁枝自治会の決算の会計監査、体育部新旧役員会を終了し、自治会総会に向け資料作りに追われています。
年度末特有の評議員会、理事会、社協役員会などの案内が届き、スケジュール帳には私用も間に挟み込み、時間配分を巡って落ち着けないシーズンとなっています。

21日に駅前花壇の愛称採用者の表彰式を行いました。その様子を伝える、まちづくり推進協議会の広報紙。
DSC_0498 (3).JPG
インフルエンザ感染ゼロ[2021年02月19日(Fri)]
17日に医療関係者向けのワクチン接種がようやく始まりました。
世界での100人当たりの接種件数はイスラエル74.43件、UAE(アラブ首長国連邦)51.11,英国22.98、米国15.81と相当な早さで進んでいます。米国での1日感染者数がかつて22万人だったのが、最近5〜6万人に減少。効果はありそうです。
取り組みの早さは、例えばUAEでは接種できるワクチンは中国製シノファーム、米製ファイザー、ロシア製スプートニクV、英国製アストラゼネカからの選択制だそうで、トップダウン型の意思決定と効率的な住民番号システムのお蔭としています。
日本の厚生労働省の集団接種に必要な人員は医師1万1千人、看(准)護師が2万8千人必要だとしていますが、米国では全国の薬剤師を訓練して処理していますし、英国ではボラティアで高卒以上の人に講習して当たらせているそうです。
国内では外国の接種の様子をジワーッと窺いながら進めていますが、接種資格については真似するのは無理だと諦めるべきでしょうかねー。

ある講習会で保健所の方が防府市内ではインフルエンザ感染者がゼロと言っていました。凄いことですね。コツが分かれば今後は大丈夫?

大道地区自治会長定例会が今終わりました。次年度に向けての役員選任作業がピークとなります。
今年度で自治会長退任の方々からは後任の方へ負担をかけさせないように引き継ぐための真剣な質問が出ていました。

大道地区まちづくり推進協議会発行のスマイル通信3月号案が題材不足のこの頃ですが、ようやく出来上りました。             小梅ですが、満開となっています。
DSC_0443 (3).JPGDSC_0434 (2).JPG
慎重日本、止まらない日本[2021年02月12日(Fri)]
いまだワクチンの承認が得られない日本。アメリカでは人口3億2820万人のうち、9.6%3160万人がすでに接種済み。ピーク時には1日感染者数が22万人だったのが、最近は8〜9万人に減少。
日本では接種に際しての医師確保が問題となっていますが、全米1万店を有するチェーン店大手が9万人の薬剤師を使って月2,500万回の接種が可能だとしています。
日本とのこの進展具合の差は緊急事態への柔軟な対応具合の差とか、何にでも(難にでもふらふら)完璧主義を貫く国民性とか、女性の多い会議は長い、と言っただけで外国メディアを引き合いに出して五輪組織委員会で多大な働きぶりをしていた森会長をクビにしてしまったりで、走り出したら止まらない、とか。

大道大繁枝自治会の班長会議を明後日予定しています。新年度自治会長や体育委員・女性部役員など各班から報告を受けることにしています。自治会総会は今年も書面による賛否形式になりそうで、班長会議後に資料の作成、決算監査など準備しているところで、走り出したら止まレない、のです。

三寒四温を受けて緑濃くなってきた麦畑。麦踏の最盛期です。
IMG_20210209_163846_1.jpg
| 次へ