CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«10/6「さわれる絵を描こう!&ことばと全身で鑑賞しよう!」ワークショップ | Main | WS情報2013年度「からだをつかってあそぼ」「わたしのためのカラダの時間」»
トップ写真
2018、11 「からだをつかってあそぼ」大山崎集会所近くの公園 -
プロフィール

Dance&Peopleさんの画像
記事の項目一覧 
最新記事
リンク集
WSレポート10/6「さわれる絵を描こう!&ことばと全身をつかって鑑賞しよう!」 [2013年11月01日(Fri)]
ワークショップレポート

他者理解を楽しむワークショップシリーズ その2
「さわれる絵を描こう!&ことばと全身をつかって鑑賞しよう!」
〜見えない人と見える人が一緒に作って、カラダで見るワークショップ〜

2013/10/6(日)14:00〜17:00
大山崎ふるさとセンター 3階ホール

ナビゲーター:前半:光島貴之(美術家)
             サポート/ ミュージアムアクセスビュー
          後半:黒子沙菜恵、伴戸千雅子(コンテンポラリーダンサー)

助成:(公財)倶進会

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
ミュージアム・アクセス・ビューの阿部こずえさんの感想レポートを
アップさせて頂きます。
         
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月とは思えない、とても暑い日。
大山崎ふるさとセンターに見えない人、見えにくい人を含め15名の参加者が集まってきました。


 ポン太ボール.jpg


3人1組のグループになります。紐の先に音の鳴るものをつけ、
それを見えない人、見えにくい人に投げて、キャッチしてもらいます。
紐をたぐりよせる形で3人が集まり、自己紹介をしました。


 前半の講師は、ミュージアム・アクセス・ビューから光島貴之さん。
全盲のアーティストです。今回、絵を描くキャンバスは、みんながいる部屋全体です。
床、大きな窓ガラス、2本の柱、扉・・・。テーマは1つ、思いっきりラインを描くということ。
素材は、弱粘の養生テープで、6色あります。好きな色を選んで、ふんだんに線を描いてもらいました。

DSC_3644.jpg

グループによっては、「アミューズメントパーク」「人の顔」など具体的なテーマがあったところも。
ただ貼るだけでなく、テープの面にわざとシワをよせて貼っていったところや、
窓から床にかけて空中を遮るように大胆に貼っていったところ、
色を何色か使い分けていたところ、10〜15分ですが、
一気にみんなのエネルギーが飛び出したようでした。

DSC_3729.jpg

DSC_3743.jpg

DSC_3807.jpg

DSC_3736.jpg

DSC_3803.jpg


 身体を十分に動かしたところで、次は大きなオブジェづくり。
新聞や段ボール、クッション材、ロープ、ネットや布などをくっつけていきます。
あっという間に5つの不思議なオブジェができました。
箱の中になにやらいろんな「哲学」を詰め込んだもの、
長い段ボールをうまく利用してできたキリン、
いろんな手触りのものをはりつけた塔、
そしてこの塔からロープがのび空間が区切られました、
また大きなこたつ?のような、
チューブや紐が飛び出して、中に何があるのか想像が広がるもの。
もっとも印象的だったのは、人ごとオブジェです!
 底の抜けた段ボールに人が入り、段ボールにも人にもかわいい装飾がついて、
そして動き回れるオブジェでした。
 そうして、あっという間にたくさんのカラフルなラインと不思議なオブジェで、
舞台装置が出来上がりました。
 各チームが、どんなものをどんなふうに作ったか、簡単にことばで説明しました。


 後半の講師は、ダンス&ピープルから、ダンサーの黒子沙菜恵さんと伴戸千雅子さんです。
まずは、光島さんはじめ数人が、言葉で出来上がったオブジェの鑑賞を始めました。

「これは洗濯物かな?」
「こんなところに塔みたいなのがあるな」
「この手触りは・・・曜日で例えるなら、金曜日の夜みたいな・・」
「わぁ!何この手触り、、気持ち悪い!」
「未来の末期の入院患者」などなど。

DSC_3832.jpg

DSC_3853.jpg

DSC_3864.jpg

その様子を見て、みんな触りたくてうずうず、一斉に動き始めました。

見える人も多くは目をつむって、床のたくさんのラインをたどって、
移動したり、オブジェに近づきます。
オブジェを触っているうちに、人にも出会って、触って、また手だけでなく、
足や顔や肘やいろんなところで触って、ねそべったり、はいつくばったりして、動きます。

DSC_3888.jpg

DSC_3907.jpg

DSC_3939.jpg

DSC_3931.jpg


「手で鑑賞している人を触って鑑賞しよう!」という言葉で、
一人一人の動きから、いくつか団子状態になっていきました。
誰もが、集中はしているけれど、顔がとても穏やかなのが印象的でした。
安心してとても気持ちのいいところをゆったりゆったり探検し、
人と出会ってもオブジェと出会っても、動きつづけている。
動く、触るが、とても自然に、そして身体の赴くままに、踊るという行為につながり、
とても満たされた空気が流れていました。

DSC_3955.jpg

DSC_3978.jpg

DSC_3967.jpg

DSC_3989.jpg


円になって深呼吸のあと、皆で感想を話しました。(※)
盛りだくさんの内容で、あっという間の時間でした。もっと踊りたい、動きたい人もいたかも?
また、機会があればぜひ、創作とダンスのコラボレーションをしましょう!
ご参加いただいたみなさん、お誘いいただいたダンス&ピープルのみなさん、
どうもありがとうございました!


ミュージアム・アクセス・ビュー・阿部こずえ

撮影:草本利枝


〜皆さんの感想より〜

*後半は自分も目を閉じて手や足の裏で探りながら色んなものに触れた。
目を閉じたら、怖い感じがする。人とぶつかったりして、
普段経験しないことを体験した。

*ロービジョンなので、まだ見えるところがあるが、
やはり、はっきりと見えたとしても、テープの凸凹の感触は
目からはわからないことだな、と。
やはり、これがわからなければ、橋の上から落ちたり、
身動きできない。
足裏・手指の先まで使えば、
橋から落ちずに済む。
作ったキリンと触ったキリン、
総感覚の一元的なことが体験できた。

*テープを広げるなど、
家とかだと怒られるけど、自由にできて楽しかった。
やりたいと思ってたら完成した。
あまり触らないものを触れてよかった。


*阿部 どーなるかな〜と思ったけど、
準備したテープがなくなるとは思わなかった。
ねちゃねちゃの感覚など嫌いなのに、
目をつぶるとよくわかる。
人に出会うと、すごく驚く。
段ボールの人とか・・・。


*同じ素材でも、発想やアイデアが
全く違うので、面白かった。


*点字の紙とか、ロープとか
テープ張ったり、いろいろなモノを見たり触れたり
いつもと違うことができてよかった。


*光島 思いがけなく大きいものができた。
小さいのが沢山出来ると予想してた。
モノを放り投げるとか考えてたけど、
とんでもない。
ドンとあるし、動くのは難しい。
作品に触るのは大丈夫だが、
人に触れるのは抵抗があって、
僕としてはうまくいかなかった。


*戸惑いの中から入った。
目をつむると、視覚情報が多いんだな〜と実感。
目をつぶった時は、触れたり、声をきくと
安心する。


*自分の見た夢を小説にしたりしてます。
今日はすごくスムーズに行って、
自分の感じを言葉にすることができた。
夢の出来ごとを言葉にする感じだった。
人に触れるのは普段からやっているが、顔に触って満足そうだった。
さわるという感覚で見える人も満たされると感じた。


*弱視です。普段から触ったり匂いをかいだり、裸足も大好き。
今日は、怒られずに自由にできることがうれしい。
言葉化するというのは、まるで音楽雑誌のようだ。
「えー、水曜の夜ってどういうこと?」など。


*足裏とか手とかで触った。
ことばにすると違う風景が広がる。
触った時と二重の世界が広がる。


*前半は、何かを作ってるというより、テープを広げるとか、
布や幕の感触が楽しくてやってました。
各グループの見えない人の表現が、全く違うと言うことがわかりました。
テープの軌跡の通りにたどりたくない、という気持ちがあって、
適当に行ったけど辿るのは苦手だと思った。
(光島「足裏でたどるのは、むつかしいです」
 Eさん「私は大好きです」)


*目をつむった。何も無いとどこにいるのかわからない。
テープが貼っあるだけでうれしくて作品にたどりつく。
今まで目をつむるのは寝る前だけでした。
色んな音が聞こえるんだな〜


*スポンジは足で触った。エアシート(プチプチ)は、指先で触った方が面白い。
触られるとみなくても、だんだんわかるようになる。
距離感なども、誰かが付いて来てるとか、わかった気がした。


*黒子 どんな作品が出来るか想像できなかったが、
予測を超えるものが出来た。そこから、後半の流れになったと思う。
前半は、自分でも夢中になってやってました。
傑作が出来たと自画自賛。
後半ポロポロ壊れてきたら直しに行ったりしました。

*(介助者) なかなか不思議な世界。
一緒に目を閉じて、見えない人と一緒にやると言うのを体験した。
マヨちゃんはにこにこ笑ってます。

*伴戸 一旦目を閉じると迷宮に入って楽しんでしまった
前半の制作は、自分のグループは、無言で相談なしで黙々ととやってました。
後半、言葉で聞くとどんな作品なんやろ?と妄想をかきたてられた。
キリンを「遺跡かな〜」と答えた人がいて、鑑賞はいろいろあるんやな、と思った。
見たものを正確に伝えるというのもあるし、耳で聞くことも。
人間オブジェは、固いものとやわらかいもののコンビネーションで、宙に浮いてる感じ。
今日は、妄想の感じでしょうか。

*自分の身体と外の関係がいろいろに現れました。



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント