CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«6/26「からだをつかってあそぼ」 | Main | 8/21 「からだをつかってあそぼ」»
トップ写真
2020 大山崎ふるさとセンター にて -
プロフィール

Dance&Peopleさんの画像
項目一覧 
最新記事
リンク集
7/24「からだをつかってあそぼ」 [2010年07月24日(Sat)]
ダンスワークショップin大山崎・洛西

@「わたしのためのカラダの時間」+A「からだをつかってあそぼ」


2010.7.24 13:00〜15:40
場所:大山崎ふるさとセンター
講師:黒子沙菜恵
参加者:前半5名 後半7名  見学:3名


前半
@「わたしのためのカラダの時間」


〜足に出会う。その2〜


ウォーミングアップ

→歩く・座る・寝転ぶ・立つ
各自のペースで


→ペアになり片足を少し持ち上げるようにして、
上下・左右に揺らしたり、
股関節を回したりする。

あ〜きもちいいーー




→全員で輪になり、足で会話。
足で音を出してみたり、誰かとコミュニケーションをとったり

わいわい、がやがや、おしゃべり好きな足たち





後半
A「からだをつかってあそぼ」


ウォーミングアップ

→ペアになって、頭・肩・背中を指先でトントンマッサージ
手の平でシューっと上から下へ力を流す
からだ・うでを揺らす


→そのペアが全部つながって
電車のように




はなれないでーっ



先頭の人が後ろにまわり、
みんな一周するまで続けました!


→ペアになり。相手のからだに声をかける
いろんな所に  
パッ、ピシュー、ジジジ


→2チームにわかれる
声・音を出す「声」チーム、それをきいて動く「からだ」チーム



だれが「声」チームで、だれが「からだ」チームだろう!
ささやかでも、からだが反応していたり、声が出ていたり。

交代


  ―終了―



終了後、ミニ交流会をしました。
参加者、スタッフに加え、次回8月にナビゲーターを務める納谷さんも参加。
「ナビゲーターを含め、参加者全員が楽しんで参加していた」
と、今回見学しての感想を述べてくださり、
そこから継続参加者の変化、
講習会でもレッスンでもない「ワークショップ」という表現形態の在り方、
学校教育についての話題へと発展していきました。




写真:草本利枝
文:出村弘美
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント