CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«12/7「わたしのためのカラダの時間」 | Main | 12/21 「介護はダンスだ!?」WSレポート»
トップ写真
2020 大山崎ふるさとセンター にて -
プロフィール

Dance&Peopleさんの画像
項目一覧 
最新記事
リンク集
12/12『わたしのためのカラダの時間』 [2009年12月24日(Thu)]
12/12 12:50−13:50『わたしのためのカラダの時間』
      14:00−15:30『からだをつかってあそぼ』


講師:黒子沙菜恵
場所:大山崎集会所
参加者:前半2名、後半3名



前半


→腕を広げたり、とじたりしながら、体の中に空気を通していく

☆その時、体の関節をしめずに、ロックをはずしておく
「鍵がかかってなかったら、ヒューとあけることができる」


→体をこすったりしながら、その時の体の状態を知る

→その体で歩く
そしてその空間にあるものに触れていく

☆その時 <触れるため> の体のいろいろな形に気付くこと



→歩く空間を狭めていく



                         最後はピアノを中心に



→前後ペアになって、後ろの人が前の人に動きを伝えていく

☆前の人と重心がつながっていることを意識し
でも力を入れすぎず、浮くように動かす


→片足に体重をのせ、前・後ろ・横と重心を移動させていく
→足幅を大きくして、いろんな方向へ歩く

 

― 休憩 ―




後半


→手足ぷらぷら
→ペアになり、支え合いながら、手足ぷらぷらし合いっこ

→深呼吸

→走る




→体をこする
→互いにごしごしし合いっこ


→息を吸って吐く
☆吐くときに体を小さく、吸うときには体を大きく広げていく


                      貴子さんの口から自然と声が!



→それぞれの動きをみんなでする

ハーといいながら大きく深呼吸をし、手をこすって、手ぷらぷら、の貴子さんの動き



→ <声> で遊ぶ
ひとりずつ声をだしていき、だんだんと抜けていく



― 休憩 ―



→ペアになりマッサージ
相手の背中に手の平をあて、温度を伝える→トントン、サッサー、ゆらゆらー
→背中合わせになり気持ちよくゆらゆら

→腕を引っ張るストレッチ


→空間を歩く
鈴がなったら、わーいと走る
ストップ、触れる、ゆっくり歩く


→深呼吸



→紙ナプキンを一人一枚持つ

ひらひら、くしゃくしゃ
いろんなところにひらひら回したり、くわえたり、
体にのっけてみたり、落ちないように
遊んでみる




→ペアでのっけあい


→次は一枚の紙を二人で持ち、
かけひきしながらゆっくり歩く、動く


→最後は四人でつながって!






― あとがき ―

残念ながら参加者が少ない日でしたが、見ていてとても充実した楽しいワークでした。
みなさんとてもいい顔、いい表情をしていて、幸せな気分になりました。

決まったことをやる教えるワークショップではなく、その場の、その人たちの状態で、どんどん派生し、
知らなかったその人その体、自分自身その体に出会える、貴重な大事な場所なんだと改めて思いました。

出村弘美
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント