CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«11/5「介護はダンスだ」レポートC | Main | 11/5「介護はダンスだ!?」レポートA»
トップ写真
2020 大山崎ふるさとセンター にて -
プロフィール

Dance&Peopleさんの画像
項目一覧 
最新記事
リンク集
11/5「介護はダンスだ」レポートB [2009年11月10日(Tue)]
B

相手と手の平を重ねて、一人がひっぱりながら進む。
どこまでもっていかれることができるか。どこまでついてこれるか。お互いに探り合う。




















ひっぱられる人は自分で身体を伸ばして床に安定させながら
相手と手の平を重ねた状態で、
身体を任せていく。

「相手とどこまで関われるか」
「自分の体を使いきれば、相手のことも見えてくる。己の今の状態を知ることが大切」
(砂連尾)

























「どこまで体を任せるのか?任せて良いのか?
任せられているのか?
どんな風になっていて、どんな風につながってるのか?わからなかったけど、
考えさせられました」(参加者感想)


























※手を重ねて引っ張り合う、というこのワークについての参加者の感想のなかで一番多いのが「自分のからだがどうなってるのか?わからない」というものです。
自分の身体がどうなってるのか?客観的にわかっている、という人は、案外少ないようです。
ダンサーや俳優が身体介護に入りやすいとすれば、理由はこのあたりのところにあるのかもしれません。
しかし「どうなってるのかわからない」と言えるというのは、まずはとても重要なことだと思います。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント